« 劇団☆新感線 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』 | トップページ | 劇団☆新感線 『薔薇とサムライ』 »

劇団☆新感線 『五右衛門ロック』

3月2日Eodx006_01_jk_l
 

『五右衛門ロックⅢ』のチケットを譲っていただき、その速達が鑑賞日前日に届かなかったことで通常以上のやりとりをしたため、ご縁のできた方が、ご好意で「お貸ししましょうか」と申し出てくださったDVDを鑑賞。

どてら姿で股を割り、「お~れ様は腹黒い奴らの上前を撥ねる、い~しかわご~えもん様だ~~~い」という古田新太さんのドヤ顔は、娘達の幼友達のコーソクちゃんが想起されて仕方ない・・・(笑

この作品、とにかく登場人物、誰もが”悪人”でないのが良い。
”何が正義で、何が悪か”そういう人間社会での矛盾であり、永遠の謎であるテーマを、カラリと笑い飛ばしながらさらりと描いてて、良いよ!!
あと、”人は必ず生きて、死ぬ。赤い血に白い骨”と歌い、島と命運を共にする少数民族達の生き方に、アタシは個人的にすごく共感してしまった。

登場人物それぞれが得意分野で光る!
川平慈英さんと森山未来くんのタップダンスの掛け合い。森山未来クンのタップは映画『聖夜の奇跡』でも観たことがあるから、知ってたけど、川平慈英さんの足捌きには驚いた~~~!
江口洋介さんにギター持たせて歌わせるのも粋!「ギター侍」とかって言われてて笑えた♪
松雪泰子さんのダンスはパワフルなものあり、妖艶なものあり。動き的にはセクシーなんだろうけど、鎖骨とか手とか細すぎてちょっとコケティッシュには見えないかな(お色気の点では『髑髏城の七人』の小池栄子さんに一票!笑)
インガ役の高田聖子さんと、クガイ、五右衛門を巡っての女の意地を競い合うシーンの方が光ってたわ☆
モダンチョキチョキズで歌ってた濱田マリさんの高音のナンバーも素敵。アタシ的には「ちっちゃい貴方」がお気に入り!

サイコーにカッコ良かったのが、カルマ王子の森山未来クン、真砂のお龍の松雪泰子さん、岩倉左門字の江口洋介さん、そしてお馴染み五右衛門古田新太さんがそれぞれの決め台詞言って大見得を切る場面。DVDだけに、何度も巻き戻して観ちゃったよ~~。

ゲキ×シネ『髑髏城の七人』(http://www.dokuro-jo.com/)で心掴まれ、舞台『五右衛門ロックⅢ』でハマった劇団☆新感線。五右衛門シリーズの入門編は、豪華キャスト&耳に残る曲でこれまたハートど真ん中直球ストレート!

« 劇団☆新感線 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』 | トップページ | 劇団☆新感線 『薔薇とサムライ』 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 劇団☆新感線 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』 | トップページ | 劇団☆新感線 『薔薇とサムライ』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気