« 朝井 リョウ 『少女は卒業しない』 | トップページ | 劇団☆新感線 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』 »

松竹座二月花形歌舞伎

2月8日 松竹座

もう、1か月近くも前のことになったので、いささか記憶も薄れておりますが・・・(汗

「歌舞伎を知らないアタシでも、顔と名前は知ってる!」と、お若いピアノの先生がおっしゃるくらい知名度の高いラブリンこと愛之助さん(そう言えば、ごく最近熱愛を認めたとか認めないとか、話題になっていらっしゃいましたね)が座長を務められる花形歌舞伎。

本当に、フレッシュな役者さん達が揃い、それを、愛之助さんのお義父さんの秀太郎さん、壱太郎さんのお父様の翫雀さん達上方のベテランと、上方では馴染み深い吉弥さん薪車さん達中堅方ががっちり支えられた、斬新で楽しい舞台でした。

昼の部は『新八犬伝』
お馴染み、馬琴原作の一本六幕九場もの。
愛之助さんが崇徳院、扇谷定正、網干左母次郎悪役三役と八犬士の一人犬飼現八の計四役。
私のお目当ては犬塚信乃の許嫁濱路役の梅丸さんだったのですけれど、これは不思議なもので、運動会でどんなに遠くからでもたくさんいる子ども達の中で我が子だけは特異的に見抜けるように、出てこられる場面がわかっていなくても、贔屓の役者さんだけは舞台に登場されただけですぐにわかる。そして台詞で声を聴くと「あぁ、やっぱり!!」と嬉しい♪まるで母親目線(苦笑
八犬伝のお話は、子どもの頃に知っていた(確かNHKの教育番組で人形劇だかなんかをやっていた)ものとは幾分違っていて、伏姫が死ぬ件のいきさつは、ちょっと下世話でグロ過ぎて、なんでわざわざそういう筋にするかなぁ????とすごく疑問。そもそも先立っての大河ドラマ『平清盛』でARATAさんが演じていた、讃岐で無念の死を遂げた崇徳院の怨霊って、馬琴のお話に出てたか??とか、突っ込みどころは満載なのですが、ま、そこは若い方々が挑まれる”新”モノ、ということで・・・・。

大抵歌舞伎の舞台は長編の何幕かを抜粋した場面モノが2つほどと、その間や最後に踊りや口上が入るものが多く、今回のように、通し全幕観たのは初めてでしたが、テンポ良く、先が楽しみな上に、愛之助さんの宙乗りなど見せ場も多く飽きなかったわ~。

「利根川河畔の場」での「だんまり(暗闘)」は、多分あれ、暗くて見えてなくて手さぐりってことなんだろうな・・・・とは想像ついても、その言葉も知らず、確信持てなかったのだけれど、後でお詳しい友人に教えてもらい、やはり”何事も先達はあらまほし”く思ったことでした。

夜の部は『GOEMON』
鳴門の大塚美術館の「システィーナ歌舞伎」で一昨年初演されたもののバージョンアップ、だそう。
実は石川五右衛門の『楼門五三桐』を1月に同じく松竹座の「壽新春大歌舞伎~猿翁猿之助中車襲名公演」で観ていたので、またもあの名台詞「絶景かな~」を聴くことができるのをすごく楽しみにしてました。「五三桐」では明の高官・宋蘇卿(宋素卿)の子で、武智光秀(明智光秀)の養子である五右衛門は、本作では、イスパーニャの宣教師カルデロンと、明智光秀と命運を共にした家臣但馬守の娘石田局との子の友市が長じたGOEMONとなっている。
この舞台は、最初の舞台設定、装置からして度肝を抜かれた。おおよそ、歌舞伎の舞台の既成概念をのっけから打ち破ってくれる。
そこが、揚幕から一の松二の松三の松が続く橋掛かりを通り、老松の描かれた鏡板を配した三方吹き抜けの本舞台へシテワキが登場する能舞台のように、どこまでも”様式美”を重んじる能とは違う自由度を持つ歌舞伎の面白さ、可能性。(勿論、能や狂言も、昔から薪能のように舞台を簡略化して演じられたり、最近はオペラやオーケストラとコラボレーションしたり、可能性を模索してはいるけれど)
これは、もう、本当に歌舞伎の常識を打ち破り、枠を超えた、総合エンタテイメントになっていました。歌舞伎って難しくて~、敷居が高いわ~という方には是非お勧めしたい演目!(で、実際にお勧めもしたけれど、もう終わってしまって、本当に残念!!また関西でやって欲しいわ!!)
フラメンコを習っている私は、歌舞伎役者さんが踊られるフラメンコもさることながら、プロのフラメンカーの踊りがとても楽しみでした。
そして、フラメンコの場面はもとより、フラメンコのカンテ&ギター、そして大薩摩&地唄の掛け合いが予想を超えるマッチングの良さで、感激!!
ただ、可笑しかったのは、フラメンコはタブラオで観るときでも、ステージを観るときでも、掛け声は「Ore!」「Ora!」なのに、歌舞伎の大向うさんは多分それをご存知ないので、「よぉ」とか「よし」とか、なんとも腑抜けた掛け声で、言うに事欠いて「佐藤!!」と(多分歌舞伎役者さんの屋号を声掛けるイメージだったのでしょうけれど)フラメンカさんの名前を呼び捨てされていたのには苦笑。

プロの佐藤さんのフラメンコはさすがだし、歌舞伎役者さんたちが短期間で習得されたのであろうゴルペ、プランタ、タコンなどのサパテアードには感じ入ったけれど、女優さんたちが踊ってらしたシーンは、なんとも中途半端な感じが否めず、ちょっと残念感。

歌舞伎ではお馴染みの五右衛門の葛籠抜けに山門の名台詞、そして二階席に梯子をかけて五右衛門(愛之助さん)が顔を出したり、2階席まで追手と共に乱入したり・・・と(私は3階席だったので、梯子から顔を出されたシーンはちょうど真下で見えなかったけれど)どの席でも堪能できる(宙乗りがある演目は、絶対に3階席中央でしか見たくない!とまでアタシは思っているのだけれど)楽しいお芝居だったと思う。

いやぁ、しかし、これまで、1公演の昼夜両方見ても、日を違えていたので、一日で昼夜通しで観たこの日は、本当に歌舞伎を堪能した~~という贅沢な一日でした。

« 朝井 リョウ 『少女は卒業しない』 | トップページ | 劇団☆新感線 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』 »

舞台・お芝居・コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝井 リョウ 『少女は卒業しない』 | トップページ | 劇団☆新感線 『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気