« 塩野 七生 『愛の年代記』・菊池 寛 『藤十郎の恋・恩讐の彼方に』 | トップページ | 森 絵都 『永遠の出口』 »

『フィッシュ・ストーリー』

誤訳で廃版になった本 511vxmsil__sl500_aa300_
意味のない歌詞
世に出るには早過ぎたロックバンド
冴えないバンドスカウトマンとその息子
5人の正義の味方
呪われた怪奇テープ
寝過ごして修学旅行先で降り損ねた秀才女子高生
終末思想で人々を煽動する新興宗教
突然のシージャックと深夜のレイプ未遂

よくもまぁ、こんなストーリーが・・・というハチャメチャな事象が、破天荒ながらもぐるぐると絡まりあって、最後は鮮やかに1本に繋がる。
まるで手品を見ているような、B級なんだけど観た後、面白かったぁ・・・・と思える1本。

伊坂さん、すごいなぁ・・・思考回路を図に書いて欲しい!!

森山未来が頭ボサボサなのにカッコ良すぎたわ♡
あと、ヨリモって何!??って言ってた頃は、”何、この子?こんな怖い子がTVに出ても良いの!???!って思ってた多部未華子ちゃんが可愛く見えてくるのは、見慣れたせい???
高良健吾くん、あれが肉声なら、なかなかいい声してると思う。
伊藤淳くんは『ダブルフェイス』の時と同じくらいいい味出してた。あの子、決して”主役キャラ”じゃないけど、でもものすごい存在感あるし光ってるよね。
伊坂作品には欠かせない岳ちゃん、最後意外な展開が最高!!!
運命の女性との出会い…きっちり”辻褄”あってたね。

« 塩野 七生 『愛の年代記』・菊池 寛 『藤十郎の恋・恩讐の彼方に』 | トップページ | 森 絵都 『永遠の出口』 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩野 七生 『愛の年代記』・菊池 寛 『藤十郎の恋・恩讐の彼方に』 | トップページ | 森 絵都 『永遠の出口』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気