« Twitterより | トップページ | 湊 かなえ 『贖罪』 »

湊 かなえ 『往復書簡』

413jrwg7dql__ss500_『北のカナリアたち』の原作『二十年後の宿題』やはり、すごくよくできてる!!!先生にメッセンジャーを託された大場は『告白』のウェルテルってところか・・・・。

なんだか、これまで知っていた湊かなえの作品とは違い、救いのある読後感。そして、人が”事実”だとか”正義”だとか思っているものは常にその人が見る一面からのもので、事実には必ず自分に見えない側面があるのだから決めつけるなと、常日頃家族から言われていることを反芻した。

自分から見える一面を死守することに精一杯で余裕のないときは、他の一面を受け入れることはできない。
決めつけずに多面的に見、その人から見える一面に拘泥している人を許すことができるためには、自分に余裕と、人生におけるあらゆる側面を知る経験とが必要なのだと思う。
それがないのならば、自分は事実を多面的に捉えて公正な判断の出来る人間だ、などと思わないことだ。

« Twitterより | トップページ | 湊 かなえ 『贖罪』 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Twitterより | トップページ | 湊 かなえ 『贖罪』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気