« 2012年初夏のかやぶきコンサートin迦陵頻窟 | トップページ | ムジークフェストなら Vol.2 (6/30追記あり) »

忙中閑あり

昨日は朝一からの通常業務→サブの職場での公開プレゼン→職場に戻ってインターンさんの業務観察&プチ評価→チビの修学旅行の説明会を済ませて15時過ぎにやっと昼食→久々のヨガスタジオでレッスン1本→コンサート。
朝から出ずっぱりで、チビと合流して帰宅したのが23時半過ぎ。
一抹の不安を抱きつつ外干ししたタオル類は、予報より早く降り出した雨でぐっしょりdowndown
なんとも”あぁ~~~~~ぁweep”な結末でしたが、ヨガのお蔭かブルーデーの腰痛が緩和、そして何より、ムジークフェストなら(http://www.naraken.com/musik/index.html)のコンサートが、洗濯物を濡らしても、行って良かったshineshineものでした。

この『ムジークフェストなら』は今年初めて開催された大規模な音楽祭。
アタシの師事しているピアノとフルートの先生たちもこの音楽祭の中のコンサートに出演される、ということで気になって公開HPを観ていたら、先日ピアノの先生と出掛けたピアノDUOコンサートの演奏者ザイラーご夫妻のご令嬢、ザイラー希生さんが出演される、ということを知り、事前申し込みをして入場券をGETしていたのでした♪
先週末は休み返上で販売応援(よく、大型電気店などにメーカーさんが法被着ている、あれ!あれは休日勤務手当の必要ない管理職にやらせるのだそう)、火曜水曜は学会で東京出張、学会の後片付けで24時前に帰宅した翌木曜は出張中の業務処理に追われこれまた退社時刻が22時を回っていたけれども、”今日はなんとしても早く出るわ”と開演ギリギリ、アタシとはタッチの差で会場に着いた妹とww

『ドイツポエムの宝石箱』と銘打たれたコンサートのプログラムは

シューベルト    軍隊行進曲1番                DUO Ykeda(池田珠代&パトリック・ジグマノフスキー)
シューベルト    バイオリンとピアノのためのソナチネ   希生ザイラー
                                       パトリック・ジグマノフスキー
シューベルト    幻想曲  ヘ短調 D940            DUO Ykeda
ブラームス     ハンガリー舞曲より3曲            DUO  Ykeda
                             (※1番、4番、5番でした)
                 休憩
シューベルト     音楽に寄せて                  マリアンヌ・デラキャサグランド
            糸を紡ぐグレートヒェン            池田珠代
            <白鳥の歌>よりセレナード
            ます
バッハ        コンチェルト  ヘ短調 BWV 1056     Orchestre d chambre
                                      パトリック・ジグマノフスキー
                                      大友直人
モーツァルト     ディヴェルティメント KV 136        Orchestre d chambre
                                     
            ディヴェルティメント  KV 138                大友直人

Sn3t0030

ピアノの演奏を聴いて思ったのは、小さく(PやPP)ても存在感がある音を出すことの重要性。聴いていればわかることではあっても、自分がその音を作ろうと思うと並大抵ではない。
ハンガリー舞曲の解釈は、アタシの好きなものではなかったけれど、そういう解釈による演奏もあるのかと良い経験。
マリアンヌさんの声は、メゾソプラノだということもあるかもしれないけれど、とてもふくよかで安定していて、聴いていて心地よい。世界に飛び出して音楽修行をする人は少なくはないけれど、さすがにそういう母集団の中から国際的に認められる人の声は、素人のアタシが聴いても納得。
希生さんは着物地のような艶やかな朱色のドレスに、黒縁の眼鏡をかけて登場。
気取らない立ち姿からまろやかで美しい音が奏でられる。

アンコールなしで予定終了時刻を1時間もオーバーした(これはプログラム作成時のタイムキーパーの失態だと思うのだけれど・・・・)コンサート、専用のコンサートホールではなかったので、3時間座りっぱなしでいるにはお尻には厳しい椅子だったけれど、演奏については大満足。
翌朝(今朝、だね)早くに海外出張から帰国する夫君を飛行場に迎えに行く、という妹は、約束していたディナーも一緒にできずそそくさと帰路に着いたけれど「今日はありがとう。なかなか楽しめたよ。」とのメール。
忙しい日常を送っているからこそ、ちょっとした時間、こういうことに割いても良いんじゃないか・・・・と思う。

今日はこれからフルートのレッスン→大学の同窓会県支部総会→ピアノのレッスン、そして明日の早朝に渡米するため空港近くに前泊するツレアイの送り出しです。
忙中の閑を楽しめる気持ちの余裕を持って過ごしましょうww

« 2012年初夏のかやぶきコンサートin迦陵頻窟 | トップページ | ムジークフェストなら Vol.2 (6/30追記あり) »

華音の日常」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年初夏のかやぶきコンサートin迦陵頻窟 | トップページ | ムジークフェストなら Vol.2 (6/30追記あり) »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気