« 酔狂な週末 | トップページ | 誉田 哲也 『ガール・ミーツ・ガール』 »

濃い二日間

連休の前半、4月最終週末は、土曜が午前中フルートアンサンブルの定例会、午後はスポーツジムでスタジオレッスン&お風呂。
日曜は試合に出かけるチビを送り出してから草引き。午後はスポーツジムへ。そして夕方はお得に入手したクーポンで、家族3人で近くのスーパー銭湯に出かけ、なんちゃって温泉気分spa

30日はいつもの出勤より早い時間に家を出て最寄駅へ。ママ友と東京旅行に出発!!
アタシは往復夜行バスでも平気だけど、長距離バス上級者ではない(昔ディズニーランドには夜行バスで行かれたことがおありだそうだけれど)ママ友がご一緒なので、今回は昼便にしました。
梅田を10時に出るバス。長距離ツアーバスの事故があったばかりなので、ちょっと落ち着かないけれど、新幹線の半額以下という魅力には背を向けられなくて・・・・
数か月前に利用した時には、2時間おきくらいにS.Aに立ち寄り、お昼の時間帯には30分くらい休憩時間を取っていたけれど、今回はGW期間中で渋滞が予測され、時間が読めない…ということで、これまで立ち寄ったこともない岡崎の美合P.Aと、神奈川の鮎沢P.Aにそれぞれ15分ずつ停まっただけ。お蔭で予定時刻よりも3時間も早い16時過ぎに新宿に到着。

夕食は19時半に予約入れていたので、暫く新宿駅付近をぶらぶらして、タカノフルーツパーラーで一休み。
Dscn0295副都心の高層ビルのレストラン街で食事し、夜景を楽しんだ後は、水道橋のホテルへ。
駅から徒歩5分だけど、通りからちょっと入っているので、喧騒から隔離された和のテイストの良いお宿でした。外人さんが喜びそうな落ち着いた内装で、ベッドなのが嬉しかった♪♪Dscn0298


明けて5月1日。
朝からおネエが合流。

Dscn0302


まずは、八百長疑惑の時にはTVで何度も観た建物の前から出る水上バスにて浅草まで10分の船旅。Dscn0311_2


船着き場からはド正面にスカイツリーが望める。

Dscn0325Dscn0316そして、思い切り”お上りさん”!!Dscn0318

パラパラと降り始めた雨を避けて地下鉄に乗り込み、次なる目的地は乃木坂の国立新美術館。
ここで『大エルミタージュ展』を鑑賞。
”ヨーロッパの田舎”といえども、さすが大国帝政ロシア。美術史を網羅するほどの作品が揃っているけれど、これは”ほんの一部”なのだから、すごい!!
また、国立新美術館の建物も近未来的で明るく、これもまたアートとして楽しめる。いいなぁwwww

1時間強ゆっくり鑑賞して展示室を出ると、総ガラスの向こうは土砂降りcoldsweats02えぇぇぇぇ???と、折り畳み傘をキャリーバッグに入れたままホテルに預けてきた自分のバカさ加減を悔やみながら、ランチの予約をしていたお店に向かうべく地下道に入る。
地下道を出ると、あら?あらら??雨は止んでました。晴れ女の面目躍如!!

予約していたカフェ(http://time512.tumblr.com/)はミッドタウンのお隣。Photo
陽射しが射し込み緑豊かで、だけど喧騒から少し離れて落ち着いた雰囲気の中で、頂いたランチは野菜たっぷりwwこのロケーションでデザートとポットで供されるティーまでついて1100円とは、なんて良心的なwwww
お財布もお腹も大満足ですlovely

この後、初めてのミッドタウンへ。ガレリアとプラザの1階部分をぶらぶらし、おいしい”だし”の試飲に惹かれて買ってしまいました。
おネエとお友達は”ゆうじくん”を見つけた!!!と大騒ぎしていたのだけれど、アタシ”ゆうじくん”をよく知らなくて・・・coldsweats01 んでも、確かに、顔がすっごくちっちゃくて背が高くて、言われてみれば芸能人かな~、でも、東京ってああいう感じのカッコいい男の子なんてそこらじゅう歩いてるから、実際、プラザのカフェにいた人たちもぜぇんぜん反応してませんでした。

ミッドタウンパークではこのGW、パークヨガ(http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/feature2012/5th/park_yoga.html)という誰でも参加できるイベントをやっていたのだけれど、あろうことか、アタシ達の行った5/1だけ何故かイベントがなく・・・残念sweat01

Dscn0341この後渋谷へ移動し、新装オープンなったヒカリエで、私とおネエは『渋谷亀博』(http://www.kamehaku.jp/)、お友達はウィンドゥショッピングへ!

お友達は、ヒカリエは私たちより少し下の年代向けだったということと、人が多いのに酔ってしまいそうになられた、とかで、ちょっと不本意だったようだけれど、私たちは予想以上の亀博の良さにすっかり魅了され、おネエは6月の襲名披露公演を是非観たい!!と思ったよう。(でも、帰って早速チケット調べたら彼女の手が届く範囲のチケットはほぼ完売!だったそう)
高校時代の100点の化学の答案や、几帳面な字で書かれた講義ノートや中国語の小テスト、自らものした書画の数々など、多才ぶりを見せつける展示の数々や役者仲間から寄せられている様々なコメントや書簡が、嫌味なく、ますます”惚れてまうやろ~~~っ”状態heart04heart04
Dscn0346
『四ノ切』の舞台には実際に上がることができ、写真撮影もOK!という大盤振る舞い。更に45分間の亀治郎シアターは、歌舞伎が初めての方でもきっと楽しめる、歌舞伎の面白さがダイレクトに伝わるもので、大満足!!
お友達も「そんなに良かったなら、私もショッピング辞めてそっちにしたら良かったな~」と。

5時に合流し、ホテルに荷物を取りに戻って食事するにはまだ少し早かったので、予定していなかったけれど、渋谷の喧騒を避けて表参道でお茶cafeすることに。

ヒカリエに人が流れているのか、表参道ヒルズはそこそこ落ち着いていて、和カフェで和スィーツを頂いた後、おネエが朝の情報番組で観てちょっと気になっていた、という清川あさみの個展『美女採集』(http://www.cinra.net/news/2012/04/25/120500.php)を鑑賞。
Dscn0359会場までの階段には、協賛しているハーゲンダッツのワクワクするようなスウィーツが展示してあり、個展では写真と刺繍のコラボに、女優さん、男優さんの個性が面白いほどくっきりと表現されていて、アートの可能性っていうか底の深さを見せてもらった。(夏木マリさんはさすがの貫録。上戸彩ちゃん、可愛かったぁww)

この後、ホテルに預けていた荷物を受け取りに行き、”まだラ・フォル・ジュルネの周辺コンサート間に合うかなぁ??”と思いながら新丸ビルを目指したけれど、あろうことか地下道で道に迷い、やっとたどり着いた5階のレストラン街で食事したけれど、コンサートはやっている気配なく・・・・。
今回、このラ・フォル・ジュルネ関連イベントを享受できなかったことだけが心残り。

それにしても、丸々1日で美術展、歌舞伎展、刺繍の個展を鑑賞し、美味しいものもいただいて、本当~~~~~~っっに濃い東京を堪能しました。

次はもっとゆっくりゆったり・・・・・・と、思うけど、東京は観たいもの、行きたいところ、会いたい人がたくさんありすぎて(今回はこちらのお友達と一緒だったので、東京の友人知人には声を掛けずに行ったけれど・・・・)いつも目一杯のスケジュールになってしまうんですよね。ま、こういうハードスケジュールをこなせるのも元気なお蔭!!

おネエという足掛かりがあるうちに、どんどん進化する東京を楽しみたいと思います♡

« 酔狂な週末 | トップページ | 誉田 哲也 『ガール・ミーツ・ガール』 »

華音の旅だより 行ってきました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酔狂な週末 | トップページ | 誉田 哲也 『ガール・ミーツ・ガール』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気