« 津村 記久子 『君は永遠にそいつらより若い』 | トップページ | 2012年初夏のかやぶきコンサートin迦陵頻窟 »

中島みゆきLIVE『歌旅』劇場版

http://www.utatabi-movie.jp/top.php

先日、チビと『テルマエ・ロマエ』を観に行くのに、上映時間を調べようと見た映画館のHPで、2週間限定上映されることを知り、思わず『テルマエ・ロマエ』観た帰りに前売り買ってしまった後で、上映時間の発表があり、今日フルートのアンサンブルの定例会の後一目散に劇場へ!!!

乗り継ぎの電車を1本逃し、ギリギリで駆け込んだシネコンは休日でチケット売り場も混んでいて、気が気でなかったけれどなんとか本編上映開始までに入場。
2週間だけの限定公開作品で、最初の週末だったから、ということと、早い時間帯の上映が11時35分からの回だけで、後は夕方以降上映ということもあるだろうけれど、ほぼ満席だったのには驚き!!!
客層はやや年齢高め。

アタシ自身は中学時代に”お兄ちゃん”と呼んで親しかった(のちに少しだけカレシだったことがあるwink)BFの影響で、ずいぶんみゆきさんを聴いた10代だった。
また、アタシの10代(青春時代)がなんともみゆきさんの歌にマッチしてたんだな・・・・catface
片恋の悩み多く、恋に破れ満たされぬこと多く、”女の子”である自分に自信が持てず・・・・
1976年から毎年リリースされていたアルバムは1986年リリースの14THアルバムまで10年間分欠かさず借りて録音して全部そらで歌えるほど聴いたけれど、それらはみんな当時の録音媒体であるカセットテープに入っているのでお蔵入り。
ツレアイと付き合い始めてからは、みゆきさんを積極的に聴くことがなくなった・・・・

みゆきさんのライブは学生時代に武道館に一度行ったきり、それから20年以上が経ち、その中でTVドラマや特番のテーマソングになったものや、TOKIOが歌ったものなど、あ~~、みゆきさん健在だなぁ、やっぱみゆきさんの歌は良いなぁ・・と思っていたけれど、今日この映画を観て、やはり日本の歌姫はみゆきさんだ・・・・と。
歌詞の力強さ、やさしさ、暖かさにおいて、彼女の右に出るアーティストはいない!!!と思う。
サカナクションの山口君も、ミスチルの桜井君も勿論良いけれど、でもやはり彼らは若い。
コトバを”特別なもの”として、七難しくこねくり回そうとしている”意気(粋?)”が見える。
みゆきさんのコトバは昔から、単純でわかりやすい。それだけにダイレクトに胸に突き刺さる。
単純で力強いがゆえに、若い頃には思いきり、相手を恨み、泣き喚き、衆人をビビらせたみゆきさんの詩は、枯渇することなく、のたうつ経験を重ね、それでも

あなたでなければイヤなんです
あなたでなければ駄目なんです
似たような人じゃなくて 代わりの人じゃなくて
どうしてもあなたにいて欲しいんです

と訴える一途さは、でも、叶わないことを恨むのでなく

ご機嫌如何ですか 私は相変わらずです
泣いてる日もあります 笑う日だってあります
あなたももう私を気遣わないで良いわ

と、いう手紙を出すことで赦し、諦め

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に出会えることを
人は幸せと呼びます

と、やさしく収束する。。。。

『ララバイSINGER』の中に織り込まれた『アザミ嬢のララバイ』には鳥肌が立ち、『誕生』の歌詞には気づけば目尻が濡れ、『I LOVE YOU,答えてくれ』に強く共感し、ラストの『背広の下のロックンロール』に拍手喝采!!!!
内田裕也のようにジィさんになってもギンギンのロックンローラーを気取るのも一つのスタイルだけど、アタシはやはり歳相応の背広の下にロックンロール魂を隠してるくらいの含羞のある日本男児が好き♪

驚きだったのは、もう間違いなく50代に突入しているであろうみゆきさんのUPに耐えうる肌の美しさ。(アスタリフトのCMに起用されたのは納得!みゆきさんより聖子を降板させるべきだったよ!!)
コンサートの出演者の一人一人のパフォーマンスやノリも素敵だったし、いつかまた行ってみたいな・・・・みゆきさんのライブ。
そして、久々にみゆきさんのアルバムを借りて聴いてみたくなった。

« 津村 記久子 『君は永遠にそいつらより若い』 | トップページ | 2012年初夏のかやぶきコンサートin迦陵頻窟 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

>騎士さま
「砂の船」、情感があって良い歌ですね。短調だけど穏やかなメロディも好きですww
あのアルバムの中では私は当時から「傾斜」が好きでした。

歳を取るのは素敵なことです そうじゃないですか
忘れっぽいのは素敵なことです そうじゃないですか
哀しい記憶の数ばかり
飽和の量より増えたなら
忘れるよりほかないじゃありませんか・・・・・

すごい諦念のようではあるけれど、誰をも傷つけないとても穏やかな処世術だと思って・・・・

でも、あのアルバムを聴いた時には「捨てるほどの愛でいいから」に一番共感し、何度も聴いたことを思い出しました。。。

「夜会」行ったことないんですょ・・・・
学生時代と社会人数年間東京にいたので、そこでの友人は行った、って伺い、とっても羨ましく思ってました。

お役に立ちましたらなによりですが
音質や手間を考えますとレンタルしたほうが手っ取り速いですね。
失礼いたしました(^^ゞ

毎年「夜会」を楽しみにしてる友人がいます。
関西在住で伴侶を得た今、どうしているのかと懐かしく思い出しました。

初期の「砂の船」が好きです(^.^)

>騎士さま
おぉぉぉぉ・・・・・・
カセットテープのようなアナログ記録をデジタル化することができるのですね!!!
これまでその方法を知らず、昔テープに録ったものでよほど聴きたいものは、もう一度アルバムをレンタルしてMDに落としていました。

みゆきさんの歌に涙しながら七転八倒していた自分も愛おしく思いますが、家族に恵まれ、今を生きている幸せを実感する自分が好きなので、”今”の自分の心に響くみゆきさんを、また探し直してみたいな…と思います。。。。

貴重なアドヴァイスとコメントをありがとうございました(*^_^*)

大切になさってるテープ
PCへ転送しデジタル化というのはいかがでしょう?簡単です。
方法は華音さまなら検索ですぐにわかると思います。

折角の宝物 過ぎた思い出として密封でしょうか(^^ゞ

「恋文」が好きです(^.^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津村 記久子 『君は永遠にそいつらより若い』 | トップページ | 2012年初夏のかやぶきコンサートin迦陵頻窟 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気