« 東野 圭吾 『プラチナデータ』 | トップページ | 酔狂な週末 »

津村 記久子 『ワーカーズ・ダイジェスト』

51210mvgrll__sl500_aa300_この作者の名前、なんかどっかで見たことあるような・・・・・と思ってたら、アタシ2年半前にこの人の芥川賞受賞作品『ポトスライムの舟』読んでました。 (http://kanon1211sukefuji.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-f61a.html

奈良が舞台、ということで、受賞作品とも知らずに読んだようなのだけれど、自分のレビューを読んでも内容や印象を思い出せないほど、、、、catface

この著者、初めて就いた職場で不条理なパワハラに遭い、退社し、リハビリと復職のための訓練を経て、再就職を果たした、という過去を持つ方らしく、だからなるほど、働くことに生き甲斐!とかやり甲斐!!とかいう前向き感なく、仕方ないから毎日職場に行く、嫌なことも多いけれど、でも、そんな中に、ほんのちっぽけな意義とか、続けてる意味とかも見出せる・・・・・というような、『ポトスライムの舟』よりはやや救いのある作風になっている。

確かに”働いてそれを正当に評価してもらえる”とか”自分の納得できる仕事ができる”なんて、そうそういつもいつも体感できるものでもない。
職場の人間関係だって、いつも快適なわけでもないし・・・・
でも、そういう毎日の繰り返しで過ぎてゆく月日の中で、嫌なことをかわす術も体得するし、なんか、意味もあるかもな~って思えることもあるし・・・・
そういう意味では、淡々としてはいるけれど、リアリティがあり、血の通った作品だと感じられる。

他の作品も読んでみたくなった。

« 東野 圭吾 『プラチナデータ』 | トップページ | 酔狂な週末 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東野 圭吾 『プラチナデータ』 | トップページ | 酔狂な週末 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気