« パウロ・コエーリョ 『星の巡礼』 | トップページ | ジャック・フィニイ、R・F・ヤング他 『時の娘』 »

パウロ・コエーリョ 『ベロニカは死ぬことにした』

199999791344_2パウロ・コエーリョの作品の中で、私が唯一リクエストする前からタイトルを知っていた(それほど日本でも話題になった・・ということだろう…と思っていたら、真木ようこさんが主演で映画化されてたんだね、意外!!!)作品。


これまで読んだコエーリョの作品の中では、一番しっくりきたかも。。。

死を前にして、人は何を思うのか。死を前にしなければ気づけないことなのか。そもそも”狂う”とはどういうことなのか。
現代人の”こころの病”の原因を、満ち足りていること、だとするのは、”闘わないこと””現状に甘んじること”を非とする著者の哲学を反映していると思うけれど、それが押しつけがましくないのが、この著者の作品としては珍しくも心地良かった。

« パウロ・コエーリョ 『星の巡礼』 | トップページ | ジャック・フィニイ、R・F・ヤング他 『時の娘』 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パウロ・コエーリョ 『星の巡礼』 | トップページ | ジャック・フィニイ、R・F・ヤング他 『時の娘』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気