« 三浦 しをん 『神去なあなあ日常』 | トップページ | 本渡 章 『奈良名所むかし案内―絵とき「大和名所図会」』 »

自主・協働の産物

今日は、私の住む市で開催された”国際音楽祭”のファイナルコンサートに行ってきました。
この音楽祭、去年は遷都1300年祭の関連事業として、県からの助成金を受け、市の主催で開催されたもので、アタシはボランティアとして、ガラ・コンサート、ファイナルコンサート当日の会場担当でした。

http://kanon1211sukefuji.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-e248.htmlhttp://kanon1211sukefuji.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/one-coin-e7ca.htmlhttp://kanon1211sukefuji.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-414c.html

記念事業としての1回きりのもの、と市当局は位置づけていたようなのだけれど、音楽監督の韓 伽耶さんを初めとして、ボランティアで関わった人たちや、コンサートの聴衆、マスタークラスの受講者など、たくさんの人たちの”是非、この街の文化事業として根付かせたい”という熱意により、今年は去年のボランティアを核とした「実行委員会」が立ち上げられ、市民参画による手作り事業となりました。
アタシは、「実行委員会」に関わるほど、音楽にも企画運営にも精通していないので、今年もボランティアとして参加させていただこう・・・・と思っていたのだけれど、3日に上京することになり、参加できる時間があまりにも少ないので、今年はボランティアとしての参加を断念。
一市民、一聴衆としてファイナルコンサートを聴きに行ったのですが、今年も素晴らしい3時間でした。

プログラムは

1. ラヴェル    ヴァイオリンとチェロのためのソナタ   
                        ニコラス・チュマチェンコ、伊東 裕
2. ライネッケ   フルートとピアノのためのソナタ「ウンディーネ」Op.167  
                        レナーテ・G・アーミン、韓 伽耶
3. 石島 正博    LITANY-連祷-《2011.3.11》   
                        韓 伽耶、ニコラス・チュマチェンコ、レナーテ・G・アーミン、ヴォルフガング・マイヤー                                                                         ラインホルト・フリードリヒ、霊山斎(ヨンサンジェ)保存会、市内中学吹奏楽部員                                                                                              
4. シュターミッツ フルートと弦楽オーケストラのための協奏曲 Op.29 第2・第3楽章   
                        レナーテ・G・アーミン、市内中学吹奏楽部員
5. アルチュニアン トランペット協奏曲    
                        ラインホルト・フリードリヒ、市内中学吹奏楽部員
6. ロッシーニ   クラリネットとオーケストラのための序奏、主題と変奏曲 変ロ長調    
                        ヴォルフガング・マイヤー、市内中学吹奏楽部員

世界初演の『LITANY』は勿論として、ほかの曲も、私は初めて聞いたのだけれど、ドイツからみえたソリスト達の名演はいうまでもなく、今回一番心動かされたのは、市内の二つの公立中学(そのうちの一つが、うちのチビが今春卒業した中学)の吹奏楽部の演奏。世界でも一流と目されているソリスト達との共演になんら遜色のない堂々とした素晴らしい音色。吹奏楽の全国大会中学の部で金賞や銀賞を獲っているだけのことはある!!
こんな素晴らしい能力のある子どもたちを擁するわが市の文化水準はかなり高いんじゃないか???
そして、一流のソリスト達との共演経験は、彼らの音楽を続ける、あるいはさらに極めるための強いモティベーションになるのだろうな・・・・と思いました。
大学の教授をも務めていらっしゃるソリストの方々の、中学生達を”音楽を志向する同志”として尊重していらっしゃる姿勢が、とっても感動的でした。
チビの通う高校の先輩で、東京芸大1年生の伊東君(嵐の二宮君にちょ~~っぴり似てます♪)の演奏も、今日は前から2列目で観ていたせいか、最後列ドア脇で観ていた去年よりもずっと感情移入が見て取れて、深みがあるように思いました。 

いやぁ、この街に住んでて良かったぁww

終演後は、去年ボランティアご一緒して以来、親しくさせていただいているお友達(彼女は今年もお手伝いされていました)とお茶cafe
良い午後でしたぁshine 

« 三浦 しをん 『神去なあなあ日常』 | トップページ | 本渡 章 『奈良名所むかし案内―絵とき「大和名所図会」』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三浦 しをん 『神去なあなあ日常』 | トップページ | 本渡 章 『奈良名所むかし案内―絵とき「大和名所図会」』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気