« 今度は雨の紅葉狩り | トップページ | 佐藤 初女 『おむすびの祈り「森のイスキア」こころの歳時記』 »

こんなこと、初めて・・・・・

今日は夏から始めたフルートの初めてのおさらい会でした。 Dsc07785



いつもレッスンしている丘の上のカフェで、お茶やお菓子をつまみながらのサロンコンサートのようなアトホームでざっくばらんな楽しい会・・・・(のつもりでした)

フルートを習うのは実は初めてではなく、高校卒業するまで続けていたピアノを、親元を離れることで続けられなくなり(自由に練習できるピアノがないので)代わりに何か持ち運びができて場所さえ確保できれば練習できる楽器をやりたい!!と始めたのがフルートで、東京にいた7年間と、関西に帰ってきてからおネエが生まれるまでの2年間先生について習っていました。
子ども達と一緒にピアノのレッスンは再開したものの、フルートはもう20年近くピアノの下で眠ってました。
そのフルートを再開することになったいきさつは、過去ログ(http://kanon1211sukefuji.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-7bc8.html)をご覧いただくとして・・・・

えぇえぇ、詠子先生にじょうず~~~~~にノセられて、調子よくもおさらい会に出演してしまい、おまけに「華音さん、また新しいこと始めたの!?本当に貴女は行動力の人ねェ~」と仰るママ友達までご招待してしまったのだけれど・・・・・。

結論。
ボロボロでしたcryingbearingcryingbearingcryingbearing
最初の出だしは良かったんです。
おっ、これなら良い感じで吹けるんじゃない???なんて悦に入って気持ち良~~~~く演奏・・・・していたつもりが、突如音が出なくなってしまった!!!!
見ていたツレアイは「息が続かんようになったんやろ」と言っていたのですが、決してそうではないんですweep
息苦しいわけでもなく、一生懸命に息を吹き込んでいるのだけれど、きっとどこかで音の出るポイントから外れてしまったのでしょう、、、、どんなに吹き込んでも、スカ~~~~~~っていう空気の漏れる音しか出ない!!
そうなるともう焦りに焦って、ついには指先がピリピリと痺れてきてしまい・・・・wobbly

途中、伴奏の独奏部分があったので、そこで息を整え、楽器を温めて次の演奏部分から再スタート、それも、最初は良かったけれど、段々音が出なくなり・・・・・sweat02downdown
ピアノ伴奏に助けられ、やっとのことで最後まで辿り着いた…という感じでした。


「緊張するよね」と休憩時間に口々にママ友達が慰めてくださったのだけれど、アタシは職業柄人前で話すことにも慣れているし、ピアノの発表会で毎年ソロ演奏もしているので、今更緊張もないだろう…し、実際緊張はしていなかったんですけれど・・・・・
”舞台の魔物”にここへきて初めて遭遇してしまいましたsweat01sweat01

原因に思い当たることがないわけではないんです。
開始前に、音出しのできる部屋に行きはしたのですが、何人もの人がそれぞれに音出しをされていて、自分の音など確かめようもなく、早々に”もう、いいや~~”と退散してしまったのです。
吹奏楽部でフルートを吹いてらしたことのあるママ友が「楽器温めてないとね・・・」と仰ったのだけれど、まさに、そういうことだったんじゃないか・・・・と。
ピアノの発表会の時は、開演1~2時間前にさらっと弾いて指馴らしをするのがリハなのだけれど、すっかりその感覚でいました。
管楽器の扱いを完璧に誤ってましたsad家で練習するときも、レッスンの時も、音階練習したり、簡単な練習曲を吹いたりして楽器が温まっている頃に課題曲を練習しているので、これまでこんなこと経験したことがなかったんです。
楽器を丁寧に準備しなかったので、楽器からしっぺ返しされたというところでしょうか。

ツレアイからは「体力不足、そして何より練習不足やろ。君はなんについても、準備が甘くて粗いんだよ」と一刀両断されてしまいましたが、本当、返す言葉もありません(泣
どんな状況に陥っても立て直すことができるのは、重ねた練習量から体得したコツと自信しかないのでしょうね。
ますますの精進をせねばなりません。

Afqaeygceaafb2


しかし、こんなボロボロの演奏にも、綺麗なお花を頂き、本当に心癒されました。
早い段階でソロが終わり、他の方の演奏を聴いて感嘆する中にも自分の不甲斐なさが思い返されてちょっと凹んでいたのですが、最後のアンサンブルは、アタシがコケてもフォローしてくださる方は何人もいらっしゃるし、これ以上の失敗はないだろう…と変に腹も括れて、またフルートを吹くことでさっきのリベンジ!!みたいな気持ちもあり、すご~~く気楽に、本当に楽しめました。

これで、この秋の怒涛の発表会ラッシュは終了~~~。
次は来年4月のピアノの発表会、5月か6月のフルートの発表会で雪辱を果たさなければ。。。。
「もう、次の発表会の曲、予約~~っていうメールくださった方もいらっしゃいます、ね、華音さん!」と先生から名指しで言われたのは
「もうこんな時期から曲決めてるんやから、次はしっかり練習して準備万端で臨め、ってことやろ」とツレアイがいうのはごもっとも!
頑張りますっっ!!

« 今度は雨の紅葉狩り | トップページ | 佐藤 初女 『おむすびの祈り「森のイスキア」こころの歳時記』 »

華音の日常」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

>PIOさん
「君は3歩歩いたら忘れる、鶏並みの頭脳や!!」と昔々よりツレアイにずっと言われ続けています。
深刻な落ち込みがないのが唯一の”取り柄”ですが、その分深い反省…などというものが希薄なので、成長や成功ということからはいつもほど遠いところでぬる~~く生きています。

コメント頂いた頃は、余韻…というか、それでもツレアイが撮ってくれたビデオを見て自分の失敗を検証しよう…という殊勝な気持ちはあったのですが、「今日のビデオ観たいねんけど…」というと、それまで男子バレーやサッカーをせわしなくザッピングしながら見ていたチビが「え~?アタシ今から勉強すんねんけど・・・(-_-;)」とにべもなく、あっけなく敗退。
(まったく、勉強する時間ならなんぼもあったやろがっ!!君がTV占拠してたから、こっちは遠慮してビデオ観られんかったんやん!!そもそもチビにはちゃんと自室があるのに、小学校入学の時に買ってやった学習机で勉強したことはついぞ1回もなく、寝るときすら今は主のない長女の部屋で寝ているので、チビの部屋は洗濯物を放り込んでいる物置と化しています。情けなくも嘆かわしい・・・・gawk)

チビが寝てからやっとビデオチェックしたのですが、自分が演奏しているときにはものすごく長く感じられた”空白の時間(音が出ていなかった時間)”は、ピアノ伴奏のお蔭で、大した空白には聞こえていませんでした。
人様を激励するときにはいつも言っている”あなたが思っているほどの大失敗じゃないよ、ドンマイ!!”ってことが、自分の場合にもやはりあてはまるのだな…と、これまた自分に都合よく解釈coldsweats01

「丘の上のカフェ」での発表会なんて、素敵ですね。
写真からもその雰囲気が伝わってきます。
それにしても、人前での演奏で緊張したことがないなんて、すごーい。
”舞台の魔物”……怖いでしょ。(と、したり顔をしたくなるワタクシsmile
でも、それでもへこまずに、続くアンサンブルを楽しめたというのは、さすがです。shine
きっと、演奏会後の余韻に浸っていらっしゃることでしょうね。お疲れさまでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度は雨の紅葉狩り | トップページ | 佐藤 初女 『おむすびの祈り「森のイスキア」こころの歳時記』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気