« 児玉 清 『負けるのは美しく』 | トップページ | 吉永 南央 『オリーブ』 »

行楽日和・・・・でしたが

11月に入って寒い日が続き、週末はお天気崩れることが続いていた気がするけど、先週末は二日ともとってもあたたかくてお天気の良い行楽日和。
こんな時こそ紅葉狩り!!!山に出かけたいところですが、生憎数か月前から決まっていた先約アリsweat02


土曜は大学の同窓会の県支部会。
もう還暦はもちろん、古稀も、そして傘寿も過ぎられてなお矍鑠となさっている大先輩のお歴々の中、アタシはいつも最年少。
”場違い”とは思いつつ、「華音さんが来てくださるようになって、会が若返ったわ。来年もまた是非いらしてね」と言われ、可愛がっていただいているので、ここ数年ずっと顔を出し、特に、今年は、来年度の近畿支部総会の企画実行委員にも名前を連ねてしまったので・・・・。

今年は一周り上の先輩が初めてのご参加shine(勿論、お若い方がいらして嬉しいわ・・・・と諸先輩方から言われていらっしゃいました)
「成り行きで入った大学だったから、学生時代から大学があまり好きではなくて、ずっと斜めに構えていたので愛着も持てないんだけど…」と仰りながらも
「でも、そんな自分を変えなくちゃ、と思って、今回参加させてもらいました」と。
定年退職なさったご主人とお二人の静かな暮らしの中で、”自分を変えるため”に行動を起こされ、そして、初めての参加で企画実行委員も引き受けてくださる行動力と気概には、本当に頭が下がりました。

帰宅後、先輩から「会報に若い方のものを載せたいので、華音さんどなたか若い方ご存知だったら原稿依頼していただけないかしら」と言われ、職場で知り合い、同窓だということで意気投合した一つ下の後輩にご連絡したところ、子育てでお忙しい中快諾いただけましたshineshine

彼女は「私は○○大が大好きですから、いずれ子どもの手が離れたら桜○会にも参加させていただいて、ご協力することはやぶさかでないんですけど…。華音さんとも、是非もっと親しくして頂きたいと思ってるんですけど、やはり職場でのお付き合いもあるので、あまり近しくなるのも憚られますよねぇ…」と。

在学中も、そして卒業してなお、母校を敬愛してやまない人も、母校に対してあまり愛着を感じられない方も、ふと思い出した時に、母校やそこに関わる方々が寄る辺を作ってくださっている…というのはありがたいこと。
だからこそ、アタシも、その寄る辺を守り、繋いでゆきたいし、そういう側の年代に、そろそろなってきたんだな・・・とcoldsweats01

お食事会から帰ると、着替えもせずにバタバタと練習してピアノのレッスン。
来年4月の発表会に向け、取り組んでいる曲の仕上がりが、連弾は順調だけど、ソロのブラームスがかなり怪しくて、先生から「年末くらいまでに形にならなかったらちょっと曲の変更考えましょう」と最後通告いただいてしまいました。
うへぇ~~~~~~~、PCに向かって日記打ち込んでる場合じゃないぞ、こりゃ!bearingsweat02sweat02


月末のフルートの発表会の曲を初めて合わせていただき、こちらはスムーズ。
さすが、永年いろいろな場で伴奏をなさっている先生、初合わせできちんとこちらの呼吸に合わせてくださり、「速さ、これくらいでいいですか?」と調整の余裕も♪
こういう方に伴奏していただけると、本当に安心です。
先生が伴奏なさっているフルートの生徒さん(アタシのフルートの先生のお弟子さん)がフルートのコンクールで全国大会に行かれるのだけれど、交通費や謝礼のこともあり、先生はその生徒さんの依頼待ち、なのだそうだけど、コンクールのような場でこそ、伴奏者との呼吸とか相性って大きく左右してくる気がします。。。。フルートの詠子先生が惚れ込んで専属伴奏者にご指名されているのがわかりますww


そして、昨日日曜は、6時前の始発のバスで試合に出かけるチビにお弁当を持たせて見送り、11時にスタジオ入りして、メイク着替えをし、2時からリハ、5時からフラメンコのライブでした。

アタシは踊ることは大好きだけど、やはりメイクアップは”楽しんで”はできないんですよね。むしろ苦痛。
アートとして、でも、全然関心がないので。。。。
女性として、なんか欠落してるもんがあるんでしょうねsweat01

踊りは、前回(http://kanon1211sukefuji.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-b830.html)に比べて動きはスムーズになったけど、やはり表情が硬い…とは、見に来てくれたツレアイ評。
『応援に行くからな!』と、帰省していた実家から早めに戻って来てくれて、チビが試合から帰ってくる時間がちょうど重なったので、バタバタなのを苦にせず観てくれて、的確な講評してくれる彼の存在は、趣味の継続に関してもとてもありがたいです。

家族に守られ、家族あってこそのアタシ、ですから、プライオリティとしては1.家庭生活、2.仕事、3.趣味をバランスよく、こなしていきたいと感じた週末でした。

« 児玉 清 『負けるのは美しく』 | トップページ | 吉永 南央 『オリーブ』 »

華音の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 児玉 清 『負けるのは美しく』 | トップページ | 吉永 南央 『オリーブ』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気