« やったね!(いつも以上にど~でもいい内輪ネタ) | トップページ | ボケの予兆 »

長ぁ~い一日×2

一日が長いってことは、イイことなんだろか?それとも退屈でつまんないこと??

おネエが上京する直前の2日間は、アタシにとってはいい意味で長かったな。。。

まず一昨日は、朝イチの仕事を終えると、おネエとヨガマットをPickしに帰宅。
着替えてヨガスタジオへ!
帰省してから「太った、運動不足や」と言ってたおネエは、ビジターチケットを買ってジムにもついてきたりしてたのだけど、教習所の時間があって、なかなか思うほど体動かすことに時間使えてなかった。
で、無事教習所の卒業証書も貰い、「最後にナオミ先生のヨガ行く!」
長女のおネエにとって、ピアノの夕子先生もそうだけど、1回お会いしただけなのに、ナオミ先生はお姉さんのような近しい存在に感じるようで、朝TVで見た占いの結果をナオミ先生に聞いてもらう!とテンション高くup
「アタシ身体堅いから、アタシばっかりナオミ先生に直される~」と言ってたけど、「それは、周りの人からみれば羨ましいこと。きちんと見ていただけて、限られた時間の中しっかり関わっていただけるってことはありがたいことよ」と言うと「そだね!」
アタシもおネエも苦手なダウンドッグのアーサナを何度も組み込んだ流れの中で、身体の軸が定まっていくのを体感できる貴重な1時間。
先立ってKUU先生も仰っていたけれど、ダウンドッグができるようになると、他のアーサナも決まりやすくなる、っていうのはホントにそうだ、、、となんとなくわかる。

レッスンの後、名残惜しくナオミ先生とあれこれ話すおネエだったけど、キリつけておいとまし、宅配便を出しに。。。。
その道中もずっと、「ナオミ先生、可愛い~。ナオミ先生イイ人や~」と連呼のおネエ。。。

宅配便の事務所近くのピアノの先生のお宅付近を通ったときに
「夕子先生に会って帰りたいな~」と言い出したおネエ。
すぐにphonetoすると、先生ご在宅で
「おいでおいで、すぐおいで!」と言っていただけた・・・ということで、手土産も持たずにご自宅襲撃!
アタシに似たか思いつきで即行動!な行き当たりバッタリくんだけど、うまく人と繋がるのは、彼女の持ってる運とか縁、なんでしょうね。
突然の訪問にも嫌な顔せず迎えてくださった夕子先生のお宅で小一時間おしゃべりし、お嬢さんがオネムになったのを汐においとま。

その後は夕方から、うちに中学生が勉強しに来る予定だったけれど、職業体験2日目を終えた彼女がお疲れモード、ということで土曜日に振り替え。
思わぬ”空き時間”、チビやツレアイが帰ってくるまでおネエとふたりでまったり。。。。


そして、いよいよ上京する昨日は、朝2コマの仕事を終えると帰宅。
準備して待っていたおネエと荷物を車に積んで出発!!
おネエは京都駅までrvcarで送ってもらえるものと期待してたみたいだけど、生憎アタシにはそれだけの技量と度胸はなく、駅前パーキングの料金の安い駅に車を置いて、電車で京都へ。
駅ビルで食事を済ませ、寮へのお土産を買ったら新幹線ホームの待合室で時間待ち。
5月におネエが上京する時に送りに来たツレアイは泣いた、というけれど、アタシはそれほどヤワじゃない。
「あ~~、なんか切ないなぁ」というおネエの言葉にはグッとくるけどね、そこは親が泣く場面じゃないでしょう・・・・・(って、単に冷血なだけ!??ってか、情緒に流されたら歯止めが掛からなくなりそうで・・・泣いたら負け、っていうか。。。)

おネエが乗り込んだ新幹線が動き出すのを見届けたら、なんか急に気が抜けて萎んでしまいそうな気持ちをなんとかしゃんと保って、一緒に帰ろう・・・というツレアイと落ち合う時間までどうやって過ごそうかと、観光案内センターでパンフレットやチラシをGet!
京都市美術館に行こうかな~と思っていたけど、ボストン美術館展はまだやってない→新聞屋さんから招待券をもらえない、ということで却下(フェルメール見てもよかったんだけど・・・・)
何度も京都を訪れているのに、まだ「池田屋」や「近江屋」などの歴史の現場、を確認したことがないので、目的もないこの機会にぶらぶら探してみることに・・・・。

Photo まず、龍馬が中岡慎太郎と共に落命した『近江屋』は、河原町通り四条からちょっと上がったところに面していて
コンビニになってたので、見落として1回通り過ぎてしまいました。Photo_2

 
近江屋跡を観た後は、木屋町通りの方へ入り、土佐藩邸跡や龍馬が近江屋に移る前に投宿していた酢屋跡付近を歩き(先斗町はホント、風情ありますね。舞妓さんが地元のお婆さん(と、見えても置屋のお母さん、だったりするんでしょうね・・・・)とおしゃべりしてらっしゃるのに遭遇。写真は撮らなかったけど・・・・)三条通に出て、佐久間象山が襲撃された跡地や池田屋跡地を確認。『池田屋』は「池田屋」という、まんまのネーミングの居酒屋さんになってたんだけど、なんと、それは十年位前にマーマイトを探しにわざわざ来た明治屋の隣で、その時はそんなこと全然知らなかったので、びっくり!

それから、寺町通りに入って、本能寺の前まで行き、風情のない御池通を横断して、長州藩邸跡前を通って木屋町を高瀬川の突端、角倉了以邸跡まで歩く。
二条大橋からは鴨川の河原におりて、鴨川を北上。Photo_3  

荒神口橋までにあり、大学生が石投げをして遊んでいた飛び石を渡って左岸へ移動。
餌付けをして鳩や鴨を集めてるおじさんあり 
ダンスの練習をしているチアらしい女学生達あり 先を急がない時間の中で、命とかくらしとか一生懸命とか遊びとか自然とか、そんなものにあれこれ眼を奪われ、気づけば『鴨川ホルモー』の練習場所になっていたツレアイの職場の近くまで辿り着いてました。

Photo_4 仕事を終えて出てきたツレアイと合流し、河川敷を歩いて神宮丸太町の駅までお散歩デートnotes
あとは電車に乗って、車置いた駅まで帰る、というだけだったのだけれど、最寄り駅まで迎えに行くのとはまた違った、普段は共有することのない時間の共有っていうのが新鮮な小一時間。
アタシも今朝仕事行ったんだよなぁ・・・・ってことが遠い彼方になってしまうくらい、中身の濃い、長い午後でした。

数年前に、正規採用の試験にTryして撃沈、少々気落ちしたけれど、あの時合格してれば、こんなのんびりした時間はなく、上京するおネエを新幹線まで見送ってやることなんてできなかったな・・・と思うと、本当に人間の身の上に起こる一つ一つの出来事は、必ず”因果応報”
だから、一つ一つのことに一喜一憂することはホントに無意味で、それがそうであった意味が、必ずあるんだな・・・・ということを、またしても実感。

自分に与えられた時間を、一日一日丁寧に過ごそうと思えた、いい2日間でした。

« やったね!(いつも以上にど~でもいい内輪ネタ) | トップページ | ボケの予兆 »

華音の日常」カテゴリの記事

コメント

>ナオミ先生
ありがとうございますww
おネエは今日無事免許の最終試験に合格し、免許証を手にしたようです。
数年はペーパードライバーで過ごし(東京じゃ、乗るところありませんしね)、アタシの老後は車で温泉に連れてってくれるんだそうです。(メール保存して物証残しとかなくちゃ!!笑)

京都市美術館、行かれますか~?
ボストンだったか、ワシントンギャラリーだったか、ゴッホの自画像が初来日するんでしたよね。
アタシも今月は開店休業の日が多く、行きたいな~と思ってます。

お嬢様にそんな風にいっていただいて、本当に光栄です。
すごく人懐っこい雰囲気の、かわいらしいお嬢様で、
一緒にお話ししていて、沢山元気を頂きました!
ありがとうございます。

京都のお散歩デート、
京都の風景が頭に浮かび、読んでいてほっこりしました。

私は、今月中に一度、京都市美術館に行きたいなぁと思っています。

>PIOさん
コメントありがとうございます。
普段バタバタと自分のやりたいことばっかりやってるので、家族とあてもなくのんびり過ごすことはとても新鮮でした。
そういう時間を過ごすきっかけを与えてくれた家族がいるってことや、家族と過ごす時間を与えられている環境に感謝!!です。。。。

普段一緒にいることが当たり前の家族ですが、ちょっと離れてみると見えてくるもの、感じることがありますね。
PIOさんは単身赴任されているご主人を訪ねていらっしゃる時など、よく感じていらっしゃるのではないでしょうか・・・・。

読んでいて、なんだか私も幸せな気分になりました。
どうもありがとう(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やったね!(いつも以上にど~でもいい内輪ネタ) | トップページ | ボケの予兆 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気