« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

Not 孤食

子ども達が小さい頃
夏休みは毎日のお昼ご飯、何しよ~???と楽しいながらも悩ましかったのだけれど
チビは高校生になり、毎日おにぎりを持って朝から晩まで部活
8月始めに帰省したおネエも毎日教習所でキャンセル待ちのためおにぎり持って行ったり、教習所の空き時間に友達と会ったり・・・・
と、いうわけで孤食の続いていたアタシですが

一昨日はうちに勉強しに来ている中学生とうちでお昼。
可愛がられて育ってきた彼女は、この春からママがお仕事を始められて、初めての夏休み。
甘えん坊で淋しがりやなので、一人でお弁当食べてTVやビデオ観て過ごす毎日がつまんない・・・と言っていた。Dsc07638 
うちに勉強しに来る曜日はママがお仕事お休みを取ってらして、送り迎えしてくださるのだけれど、一度ママのいらっしゃらない日に勉強会とお昼とをセットで・・・と考えていたの。
タンドリーチキンと空芯菜の炒め物、トルティーヤに、バターロールとうちで焼いたクロワッサンという、あまり手の掛かっていないメニューだったけど、お喋りしながらの食事は、なんであっても楽しいよねww

食事の後、2時間一緒に勉強して、さて、おやつを済ませたら送って行こう・・と思ったら
「先生、遊ぼ」と言われ、面食らったけど、帰ってもママかお兄ちゃんが帰ってこられるまで一人で過ごすのかと思うと、この言葉を無碍に却下はできず、一緒に人生ゲームをし、しばらくして帰ってきたチビも加えて2回ゲームが終わったところで
「今日は楽しかったァ~」と、お仕事を終えて迎えに来てくださったママと帰っていきました。
毎日はできないけど、子ども達がアタシを必要としなくなっていく今後、たまに他所の子の半日おかーさんやるのも悪くないなshine


そして、昨日は、夜の見極めの時間まで何もない・・・・というおネエとランチ。
アタシは朝から打ち合わせに久々に職場に行った後、ヨガレッスンを1本。
しっかりカラダ使ってたっぷり汗かいた後シャワーを浴びておネエと待ち合わせた駅へ。
ヨガのナオミ先生がブログで紹介されていた『にこちゃん食堂』を目指したのだけれど、定休日でお休み、残念!!
で、その並びにある『パトリ』(http://patri-cafe.com/)へ。
110830_132015 アタシはパトリでミートボールランチは頂いたことがあるので今回はカレーランチにしてみました。
ここのカレーはマイルドで優しい味でしたが、カレーはうんとスパイシーなのが好きなアタシにはミスマッチだったかもcoldsweats02
でも、お店はとってもゆったりできる素敵な雰囲気で、大好きなんですww

チビに頼まれていたお菓子の材料を買いに『無印良品』に行って、レトルトのカレーが充実してるのにビックリ!!!
えぇ、えぇ、勿論、買い込んじゃいましたよ~~~♪
タイカレーの材料はMust!!

その後、無印の入っているビルにあるお茶専門店『おちゃのこ』(http://ochanoko.jp/)で一休み。Photo_2   
おネエはほうじ茶ラテ氷、アタシは擂茶氷を頂きました。。。                                               抹茶みたいな味だけど、雑穀や豆類を一緒に擂り潰したお茶、というだけあって、きなこっぽい味もして、香ばしく優しい甘さでした。
見極めに合格すると明日9/1の卒検が受けられる見通しが立ったおネエは、アタシと待ち合わせる前に上京の新幹線のチケットを予約した、とかで、別れの日が近づいてきた中、おネエとゆっくりまったりした時を過ごせたのは嬉しかったなぁ。。。。

先週末、遅ればせのお墓参りに帰り、一緒にホテルバイキングに行った時に、ツレアイの故郷で一人暮らしをなさっているお義父さんがとても喜んでいらしたけれど
人間は(とくに子どもは)孤食はなるべくしない方が良いね。

食事は大好きな人たちと、美味しく頂きましょう!!

グッときた

昨日、チビのだらしなさを親に代わって叱っていたおネエ
「○ちゃん、あんたはそれでよくても、おとーさんやおかーさんが笑われて恥かくんやで。ちゃんと教えてるのに、教えてないように思われて!!」と。
その言葉にハッとした。

それぞれのご家庭でいろんな事情や信念がおありだろうから、他所のご家庭はいざ知らず、アタシ自身は、五体満足でいろんな可能性を秘めて健やかに生まれてきてくれた娘たちが、その長所を伸ばせず、不出来に育ってしまったならばそれは親の責任であり、子育てのマズさを、他でもない娘達に対して申し訳なくは思うけれど、それで他人様から後ろ指差されてもそれは自己責任、当然の帰結であって、恥だ、とは思ったことがない。

子どもなんて、よそ様のお子さんは言うまでもなく、如何に我が子といえども、思い通りになんて育たないし、思い通りに育てようなんて、とうの昔に諦めている。
まして、子どもを自分の作品のように思ったことは一度もないし、だからその出来不出来をとやかく言われてもそれは、娘達にとってマイナスな育ち方であったならば”この親に育てられたことを恨んで許してくれ!”と思うだけで、自分の評価が下がることに対してなんら無念に思うことはない。

だけど、おネエの気持ちは、ちゃんと外に向いているんだなぁ・・・、この子は”他人様の中で生きていく”ということの意味を、ちゃんと知って、それに対応しながら生きてるんだなぁ・・・・・と。


そう思えば、アタシも、自分が(自分自身の価値観の中で)理想的な人間に育たなかったのは親のせいではなく、自分自身の自分育ての帰結だ・・・とは思うから、諦めもつくけれど、
アタシがあまりにいい加減な人間だと、今でも他人様から教えを請われる立場にいる両親の立つ瀬がない・・・・・とは思っていて、そんな状況に親を追い込むことは何よりの親不孝だ・・・と、ともすれば易きに流れそうになる自分自身を律している面があることは否めない。

子どもって、いつか親を”守る”存在になるんだなぁ・・・・・
親も子も、自分自身の脚で立ち、互いに極度に依存し合うことのない健全な親子関係を常に意識してきたけれど、18の娘が親という存在を社会の中で守ろうとしてくれていることに気付いて、ウルっときた夏の終わり。。。。

関西の私鉄と帰省

昨日は娘と一緒に姫路の実家に日帰りで帰省して来ました。
「日帰りは結構きついでしょ?」と友人からも言われたけど、私鉄2社が相互乗り入れして、途中乗り換え1回で行ける(アタシの実家のある駅は特急停まらないので、もう1回乗り換えますが)ようになったので気持ち的にすごく近くなった。

オマケに、関西は私鉄が発達していて(って、それは東京でもそうだね)、しかもその私鉄が提携してスルッとKANSAI協議会なるものを作っていて、いろんなお得なチケットがあるのだけれど、アタシが愛用しているのが3シーズン限定発売の3Dayチケット(http://www.surutto.com/conts/ticket/3daykansai/index.html)shineshine
今年の夏も活用させていただきました

まずは発売日の7/15に久々に父母の顔を見に帰省。 
  自宅の最寄り駅から実家の最寄り駅まで1860円分。
翌7/16は実家から梅田の四季劇場に直行。観劇して帰宅。 
  実家から梅田、そこから実家の最寄り駅まで1980円分。
3回目は8/9にチビに付き合ってのK大のオープンキャンパス往復。 
  自宅最寄り駅から大学最寄り駅までの電車と、その駅から大学前までのバスの往復。うっかり乗り過ごしてしまって別学部前から戻った分も含めて2460円分。


2枚目の1日目は8/9にチビが使用。
  アタシと同じく2460円分。
2日目は8/10、オープンキャンパス第二弾K大と、友人と会う為に使用。
  駅前駐車場の安い駅にcarを置き、そこから私鉄を乗り継いで大学の最寄り駅までと、大学までのバス代、大学から友人と待ち合わせた祇園四条までの往復、そしてツレアイと待ち合わせて食事に行って帰るまでのすべての交通費〆て2650円分。
3日目は昨日帰省するのに使用。
  自宅最寄り駅から実家最寄り駅と、実家から姫路駅への往復〆て3910円分。

そして、3枚目の1日目は8/19にチビが友人とO大のオープンキャンパスに行くのに使用。
  大阪モノレールにも使えて、往復2380円分。
2枚目は8/24、長野から遠路はるばる姫路にやってきた友人に会う為に姫路日帰り。
  行く前に奈良まで出てヨガスタジオに行ったため、最寄り駅→近鉄奈良→姫路→自宅最寄り駅の一筆書きで4020円分。
そして3枚目は昨日おネエがアタシの実家に帰省するのに使用。
  帰りはアタシとは別行動で、姫路駅から直接教習所の送迎車の来る駅までで往復で3660円。


この夏3枚使用で、購入価格は15000円。
実際に使った分が25380円分。単純に計算して10380円お得!

ね、これなら、実家に泊まるより、たった2時間半、日帰りして2回行く方を選ぶよねww
ツレアイ一人なら、夕飯1回くらいなんとでもしてもらうけれど、チビには毎日お弁当持たせなきゃなんないから、やっぱり朝はいなきゃなんない訳だし・・・・・


で、居酒屋2時間のおしゃべりの為に往復5時間掛けて帰姫した24日には敢えて寄らなかった実家に、「夕方の教習所の予約時間までなんもないから、じぃちゃんばぁちゃんの顔見に行く!」というおネエに便乗して帰省。
孫の帰省を心待ちにしていた両親とお昼を一緒して、小さい頃から娘達が遊びに行くと一緒に服を観に行くのを恒例にしている母と娘、買い物に付き合うのはしんどいから先に帰ると言う父とは別れ、初産を控えている後輩の顔をちょっとでも拝見しておきたい!!とご無理申し上げてプチお茶会。
もう8ヶ月・・・・とおっしゃる後輩は、お腹は確かに膨らんでいるけれど、そのほかの部分は全くと言っていいくらい変わりなくスレンダーなまんまで、上背がおありだからか、アタシの初産の時の方がお腹の出っ張りもスゴかったように思う。上手に体重コントロールされてるんだな・・・って感心ww
出産されて暫くはご実家にいらっしゃるということだから、次は赤ちゃんのお顔を観に行きたいなwwwと、すっかりオバァチャン気分bleah

5時からの教習所の実車講習のためにアタシより先に帰るおネエを見送って、アタシはチビやおネエが帰る頃に帰宅すれば良いので実家に戻り、お茶を飲みながら小一時間両親とおしゃべり。
帰りにはいつもながらたくさんの手土産を持たせてくれて、高齢の父が自転車に荷物を積んで駅まで送ってくれる。
いつもながらホントに、時間のあるときには親の顔を見に、おしゃべりしに、帰ってきたいな・・・と思う瞬間です。

スルッとKANSAI様様の粋な企画にスペシャルサンクスですlovely

貧乏性

のんびりとゆったりと日々を過ごしたい・・・という想いとは裏腹に
アタシの日常はドケチな性格ゆえ、時間と交通費やら諸々の経費を節約したいが為に、ものすごい効率であれこれギューギュー詰め込むか、あるいは生産的なことをなぁ~~~んにもせずに、ただだら~~~~っとルーティンだけをこなして終わる日かの繰り返し。


ここ数日は前者、あれこれいっぱいいっぱいな日を過ごしています。

22日(月) お友達とのランチ(http://kanon1211sukefuji.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-682f.html)と夕方から久々の映画slate(レディースデーで1000円で観られるので、一日部屋に缶詰で宿題と格闘したチビへのご褒美を口実にsmile

23日(火) 午前中は家庭教師、その子をおうちに送って、そのまま午後はフラメンコのレッスン(久々レッスンで、セビジャーナスの1番が完成し、先生と向き合って踊って、楽しかったぁww発表会に向け、慣れておくためにおニューの靴boutiqueを卸しました)

24日(水) 朝一で奈良に出て、お土産を調達し、ホットヨガスタジオでヨガレッスンを2本。
夏のホットヨガレッスン2本は、結構きつく、フラフラになります。
特に大畠先生のベーシックはみっちり・・・・でも、丁寧にねじれやよれを直していただけるのですごく良いww
その後、シャワーを浴びて、故郷の姫路へ。
学生時代の友人が、お子さんが出られる剣道の全国大会が兵庫県で開催され、応援に来る、というので「姫路だから華音ちゃんのこと思い出してさぁ」と連絡をくれたので、これは何をおいても駆けつけねば!!!と。
幸い、奈良と姫路は私鉄2社が乗り入れして繋がったので、片道2時間半2000円弱で行ける距離になった。
姫路に住んでいらっしゃる後輩にお食事のお店をお勧めいただき、試合が終わって会場からホテルのある姫路までやってきた友人たちと駅で待ち合わせ、ホテルに案内したあと、荷物を置いた友人たちと居酒屋へ♪
一緒にいらしていたお友達がタイの方だったのだけれど、その方から
「華音さん、なんか故郷のアタシの友達に似てるよ。ハーフかと思たもん」と言われました。
ん~~~、つい先日、ヨガスタジオでも、何度かお顔は合わせているけれどお話したことなかった方からいきなり「ニホンジンですか?」って言われたし・・・・・(苦笑
ポンちゃん(この日初対面ながら、別れ際にはハグしてしまうくらいとっても親しくなったタイ人のお友達)によると、日本人離れした奥目が、タイヤフィリピン、インドネシアなどの南方系に見えるらしく・・・・・なぁんだ、単に色黒だから、ってわけでもないのねwink
久しぶりの友人と、初対面だけど人と話すことが好き!というポンちゃんと食べて喋って笑って過ごした2時間はあっという間で(記念に一緒に写真撮ろうとわざわざコンデジ持って行ってたのに、食い意地とお喋りに夢中な為、すっかり忘れてしまい、別れてから烈しく後悔!)8時半に姫路を出て11時前にうちに着きましたww

25日(木) 常温でもじわじわと心地良い汗をかくナオミ先生のヨガレッスン。大きな動きをじっくりとやるので、良い汗かくのかな?
おネエも参加したがっていたのだけれど、ちょうど教習所の学科試験の時間とカブッてしまったので、残念sweat01sweat01
レッスン終わるとスタジオのお片付けもお手伝いせずにそのまま車(セダン)を飛ばしてフルートの先生のお宅へGO!!
20年近く放置していたのを調整してもらったMy Flute は、すごくいい音が出るようになってました・・・・・が、先生からの”悲しいお知らせ”が・・・・
どうも、楽器があまりよくないらしく、調整をしても出せる音に限界があり、買い換えた方が良い音のものを手に入れられる・・・・そうです。
が、このFlute、大学の寮に入って、ピアノを続けることを断念したアタシが代わりにフルートをやりたい!と言った時に、黙って父が準備してくれたもの。だから、ずっとずっと使い続けたいのです。
先生によれば、楽器は吹き込んでいうるうちに化学反応を起こして、その人の音になっていく・・・・そうなので、限界はあるにせよ、アタシなりの音を、これから一緒に作って行きたいなwwと思います。
レッスンはいつもながら、とっても楽しく1時間の間にスケール3調とデュエット曲を3曲(「からたちの花」「待ちぼうけ」「この道」の山田耕作オンパレード。山田耕作の曲ってなんでこんなにリズムがフクザツなんだ!!??) ソロ曲を2曲。(「アメージング・グレイス」と「You Raise Me Up」)
「アメージング・グレイス」は一応自分でも納得できる程度に練習して行ったけれど、「You Raise Me Up」は今日「吹いてみたい曲ありますか?」と訊かれてリクエストした(先日のライブで聴いてすっごく気に入ったので、、、先生も”やはり来たか!”という感じですぐに楽譜を準備してくださいました)ので、初見で。予想はしていたけれど、聴くと素敵だけど、吹こうと思うと技量よりは音そのものが聴かれてしまう曲なので、誤魔化しが効かず難敵bearing
でも、これを吹きたい!と思ったんだから、良い機会。なんだって地道な努力の先にしか結果はないんだから、先生のアドヴァイスに従っての的確な練習あるのみ。
レッスンの後はまたrvcarを飛ばして帰宅。家庭教師の生徒ちゃんとの2時間。
で、ツレアイも、お給料日の今日は、仕事の話もうまく進んで、秋のドイツ出張に加えてフランス出張も決まったとかで上機嫌で帰ってきたので、今晩はリクエストされてたすき焼きを肴に乾杯beer

明日は、おネエが夕方5時からしか車に乗れなくてほぼ一日持て余すので、朝一でばぁちゃんの顔見に行く!というので、また姫路往復。日帰りで帰省してきますshineshine

明後日はツレアイもいるし、子ども達はそれぞれに部活の試合と教習所なので、ダラダラ曜日。
日曜は遅ればせのお墓参りに、ツレアイの実家に帰省しますrvcar

夏休みも終盤。なんだかんだと社会復帰の準備期間としてはイイ感じの日々が続いています。。。

ヨギランチ

今日はヨギランチ、とアタシが勝手に名付けた、ヨガ仲間とのランチin我が家でした♪

いつも仲良くしていただいているナオミ先生、そしてホットヨガスタジオに通い始めた頃から親切に丁寧に教えてくださっていたくぅ先生、それからホットヨガスタジオでバッタリ会ってお互い通っていることを知った、職場で仲良くしていただいてるTさん。Dsc07634
Tさんが素敵なアレンジフラワーをお持ちくださったのに、テーブルが狭くてセットできなかったのが残念catface

ナオミ先生-くぅ先生=同僚、Tさん-アタシ=同僚という同僚つながりでもありますが、4人みんなヨガ仲間。

Dsc07629 おもてなし料理は、子ども達言うところの”おかーさんのおもてなし料理ワンパターン”のパエリアとスパニッシュオムレツとカタルーニャチキン、そして温野菜のバーニャカウダ
Dsc07633 なんか肉気と脂っ気が多くて、全然ヨギやロハスなメニューではアリマセンが・・・・・
ラテンなアタシは昼間っからでもサングリアくらい飲みたい気分でしたが、ナオミ先生が午後レッスンが入ってらっしゃる・・・とのことで、今日は食事とお喋りメインww

話題はやっぱりヨガのこと、からだのことに流れていくけれど、でも、旅行の話や食べ物の話などなど、先生方は若いのにたくさんの引き出しをお持ちだし、同僚の方とは、職場ではほとんどプライベートな話をする余裕がないので、話題が尽きることない楽しい3時間半でした。

アタシが学生時代に家庭教師をしていたお子さんのお母様が、有名なヨギで、ナオミ先生はその方のレッスンを受けたい・・・と思っていらっしゃることが発覚!
うぉ!!!!ものすごいご縁。。。。
アタシ学生時代にそのお母様がヨガの先生だということは知っていたし、ご著書も頂いていたのだけれど、今もなお、ヨガインストラクターの方たちの憧れの存在だということは失礼ながら全然存じ上げませんでしたcoldsweats02
これも、ヨガが繋いだご縁・・・・・不思議なめぐり合わせです。

With 娘

昔からアタシの娘たちとの関わり方は”遊び相手”

娘達が中学、高校生になり、部活中心の生活になると、段々と一緒に”遊ぶ”ことも少なくなっていたのだけれど・・・・・
この夏、チビは朝から晩まで休みなく部活漬けですが、おネエは車の免許を取ることだけがこの夏のオシゴトなので、その合間を縫って遊んでいます。。。


一昨日はおネエのヨガデビューshineshine
大学の体育の授業のヨガに申し込んだのだけれど、抽選で外れた~~~と残念がっていたので、アタシがお世話になっているナオミ先生のレッスンに連れて行きました。
「アタシ、ガチでカラダ硬いからな~」と言ってたおネエも
「烈しい動きはないけど、じわじわと汗出てきたわ。楽しかったァ~~」と。

「どうでした?」とナオミ先生に訊かれ
「楽しかったです!後期は体育頑張ってヨガ取りますっrock」と答えてました。

帰ってから
「あの先生、アタシが後期ヨガ取るって言ったら、すごぉ~く嬉しそうだったよ~」
そうだよ!
ナオミ先生は、損得抜きでヨガの楽しさをひとりでも多くの人に伝えることに誠心誠意向き合ってらっしゃるからねww
レッスン料も、おネエの分は「体験だから、良いですよ~」と・・・・・。
「時間あったら、また行きたいな~」とおネエ。
アタシもヨガの気持ち良さにハマっているので、それを一人でも誰かに伝えられたら嬉しいし、他でもない我が娘がそれをわかってくれたら、こんなに嬉しいことはナイww



そして、昨日は夜、アタシと娘たちのピアノの夕子先生と、アタシのフルートの詠子先生がライブ演奏をされるレストラン(http://www.proton-dining.com/news/)でディナーrestaurant
ツレアイは仕事帰りにはちょっと間に合わない時間だし、チビは予備校の夏期講習があったのでおネエと二人だけ贅沢しました。Photo 
チビには彼女の好きなムニエルを作って食べさせたのだけれど、アタシがチョイスしたショートコースのメイン料理鱧の香草パン粉焼きを食べると
「勉強する君にあの程度のもの食べさせて、おかーさんこんなに美味しいモノ食べてゴメンよぉ。」と思わず心の中で深く謝ってしまったくらい美味!!!
肉料理をチョイスしたおネエも
「お肉、めっちゃ柔らかいwwlovely
Photo_2 19:45から始まったライブは、
用意されていた
「風と共に去りぬ」
「オネスティ」
「チャルダッシュ」
『カルメン』より「花の歌」
「目覚め」
「星に願いを」
「EARTH」(村松崇継作曲)
「いとしのエリー」
「SPAIN」
に加えて、リクエスト曲が5曲と盛りだくさん。
耳馴染みのある曲ばかりで、まろやかなフルートの音色やお二人の息の合ったノリの良いメロディが心地良く、車だったから飲めなかったけれどほろ酔い気分になりました♪
先生方のように、豊かなレパートリーを、いつでも引き出しから取り出して演奏できるようになんてなれっこないだろう(この歳になると、上達など滅相もなく、今ある技能の維持だけでも並大抵でない努力を要するsweat01)けれど、楽しげに演奏される姿が聴く者を魅了するお二人のように、自分自身が楽しんでピアノやフルートを演奏することを続けていきたいなぁ~と改めて。。。。
リクエストした「You raise me up」はフルートのソロで演奏してみたい曲の目下の第一候補になりました!

演奏が終わった後は、お着替えを済まされた先生たちが、私たちのテーブルに合流してくださり、ノンアルコールカクテルやソフトドリンクを飲みながら時間を忘れてお喋り。
おネエとは初対面のフルートの先生も、久しぶりにおネエとおしゃべりした・・・と仰るピアノの先生も、音楽をやる人は嫋々としているのではないか???という予想に反してとっっっってもサッパリとしたオトコマエな性格の方たちで、超ポジティブで楽天的なアタシ達母娘とはおしゃべりが弾む、弾むwww
お店を出たのは10時半を過ぎ、迎えに行こうと思っていたチビはとっくに予備校を出て帰宅。
ちょっと不良な母でしたが、おネエとは、これまでとはちょっと違った”大人同士”の付き合いができた、良い時間でした。
次は、チビともチビにとって良い時間を持ってやらなくちゃね!

プチ家族旅行

「12日に私帰るから、みんなでどっか行こ!韓国行きたいな~」と、帰省する日を決めた頃からおネエが言っていたのだけど、チビが13、14日の週末も試合で、お盆休みもなさそうなので、ちょっと旅行は無理、と言うと
「じゃ、日帰りでもいいから、ドライブ行こ」
名古屋出身のお友達に触発されて名古屋に行きた~いwwと。
「名古屋だったら、アタシ、良い。試合休みたくないし。」と、チビが言うので、チビの予備校の夏期講習が始まってから、3人で行こうと言ってたら、15日がこの夏休み唯一の部活のお休み、ということで、チビも一緒に行けることに!!(部活は休みたくないチビも、夏期講習は休んででも家族旅行一緒に行く・・・だってさgawk

モーニングを名古屋で食べる予定で今朝は6時に家を出て、名古屋に着いたのは8時半前。
名古屋港のパーキングに駐車して、おネエが行きたがっていたコメダコーヒーでモーニング。
コメダコーヒーは、2年ほど前から奈良にも進出していて、うちから車で10分くらいのところにも有るのに・・・・と言ったのだけど、やっぱり本場名古屋で行ってみたいヤン。。。。とcoldsweats01
モーニングの内容も、シロノワールも、近くのお店と一緒ダケド、ま、気は心、よね。

10時に名古屋港水族館に着くと、ちょうど浦島太郎のカラクリ時計がパフォーマンスを始めたところで、ついつい見入ってしまいました。Dsc07479_2
Dsc07478 玉手箱から煙が出ているのがご覧いただけるでしょうか?この後太郎の顔が老人に変わり、5分には貝殻が閉じてしまいました。 


Dsc07609 外はすでに猛暑の兆しだったけれど、入るとすぐにでっかい水槽があり、涼やかな気分に♪
ついつい、アンダーウォータービューでイルカのショーを最後まで見てしまったら、その先は、イルカのショーを見終わった観客と動線がカブってしまい、ものすごい人ごみに巻き込まれてしまいましたcatface
でも、水族館は視覚的に涼やかだし、動物園のような臭気はないし、そう不快にならずに鑑賞、回遊。

水族館を出ると熱田神宮へ。Dsc07615 
ここで正午を迎え、右翼の方々と一緒に終戦記念日慰霊の黙祷をする、という得難い経験をしました。

昼食は、ガイドブックを熟読したおネエがMUST!と言ってた手羽先を買いこんで、車でランチ。
その後は名古屋城へ。Photo 
本丸御殿など改修中で、見られるエリアは限られていたけれど、暑くてバテバテだったので、歩く距離と時間が少なくて良かったかも。。。。

車窓から市庁舎や県庁舎など趣きある建屋や、札幌とソックリに作られた大通公園(久屋中央公園)の中に建つTV塔などを眺めつつ、丁度名古屋を後にする頃に始まった智辯戦をラジオで聴きながら帰路に就きました。
奈良に着くまでの道中、伊賀辺りでもう大興奮&感涙感涙感涙。。。。
智辯の勝利と共に奈良入りし、おネエが「東京にはないから、恋しくて、恋しくて・・・」というラーメン屋さんで夕食を済ませて帰りました。

名古屋まで片道3時間弱、高速代900円の道のり。
今日食べられなかったひつまぶしのリベンジを叶えられる日はそう遠くはなさそうな距離でしたwink

たった1日、されど1日。
娘達が一緒に行く、、、、と言ってくれるうちは、うまく時間を見つけて、こんな風に家族でお出掛けしたいなwwwlovelyPhoto_2 Photo_3

娘が帰ってきた

うぅ~~~~~んと昔、まだアタシが子どもだった頃
まだ石田純一と離婚どころか結婚もしていなかった女優さんが出てたCMで
「娘が帰ってくる、今日は娘が帰ってくる」っていうのがあったように記憶してるんですが・・・・・・

昨日の朝6時に京都に着くはずが、渋滞に巻き込まれ9時過ぎに京都に着き、10時前にうちに帰ってきた娘。
昨日は帰って入浴し、ブランチを食べたらひとしきり弾丸TALK。
夕方教習所に行って仮免の住所書き換え&発行手続きを済ませると、夜は早々に就寝。
今朝も9時過ぎまで爆睡して起きてくると、出掛けるまでTVの前に陣取って高校野球観戦。
「ソファでドロリッチ飲みながらでっかいTVで高校野球見られるなんて、幸せやぁ~~」と。
午後イチで学科教習に出掛け、それが終わると待ち合わせて久々一緒にショッピング。
「あっちでは自分でせなあかんこと、全部おかーさんがやってくれるし、おかーさんのありがたみがわかったよ~」と祖母や叔父(アタシの母と弟)に電話で報告している。

夜は、住んでいる街の納涼祭の花火を自宅で鑑賞。Photo_3 Photo_4 Photo_5 
娘の写真の腕前はアタシを凌いでいますshineshine(cameraもアタシのより良いのを持ってるしね)

この家に引っ越したばかりの頃は、おもちゃのカートで階段に突っ込んでいって大泣きしてた子が、この家に”帰省”してくるようになるなんて・・・・・
年月って偉大ですね。。。。

京都散策

昨日の朝おネエが帰ってきて、久々喋り倒し、バタバタでも楽しい時間を過ごして、すっかりUPするのが遅くなりました。

10日にチビのオープンキャンパスのお付き合いで京都に行ってきました。
おネエのときと同じく、説明会の受付まで送って、キャンパスツアーの終了時刻に待ち合わせて大学を後にしました。
夏休みの京都は人が多く、大学のキャンパス内も前日の大学とは比べものにならないくらいの盛況ぶり。
アタシ達もそうだけど、こういう機会に行ってみたい!っていうの、あるものね♪

この日は数年ぶりに会うお友達と祇園でランチ。Photo
特にお店を決めず、先斗町の河原町通りを挟んで南側をぶらぶら。
店先に出されているメニューを見て「このくらい(のお値段)なら出せるね」と町屋作りのチャイニーズレストランへ。お店の名前もよく見ずに入ったけど、鴨川に面していて(川床も設えてありました)坦々冷麺と飲茶のランチ1500円。目にもお腹にも大満足!

彼女と最後に会った数年前からこっち、彼女は立て続けに最愛の人たちを亡くし、アタシは彼女に掛ける言葉を持たなかった。
それでも、黙ってそばにいる(つもりだった)アタシのことを、彼女はちゃんと気に掛けてくださっていて、「もう少し気持ちが浮上したら会おうね」と、それがこの夏実現。
おネエについてのアタシの気持ちに共感くださり、色々とアドヴァイスくださっていた頃からも、そして、この辛かった数年の間も、彼女から
「あなたは良いわね」とか「あなたは恵まれているから・・・」というような言葉を聞いたことがない。
自分の辛さ、苦しさはそれとして、それぞれの人にはそれぞれの人が抱えるものがあり、軽重をつけることができない、努力した人にはそれだけのものが与えられる、ということをいつも理性的に呑み込んでいらっしゃる、こんな聡明な女性をアタシは他に知らない。

そんな彼女との時間は、些細なことを話していてもとても穏やかに過ぎ、場所を変えて花見小路で氷食べようか・・・・ということで、またあてもなくぶらぶら。
美山山荘やきななはいっぱいで、ブラブラ歩いているうちに「天然氷」の暖簾を見つけ、引き込まれるように路地の奥へ。
Photo_2 『NIKI』というお店でいただいたのは、日光の四代目徳次郎さんの氷で作る、というかき氷。これって、先日読んだ『ようこそ、ちきゅう食堂へ』(小川 糸著)に紹介されてた氷かしら???と思いながら
「天然の氷は食べてもキーンとしないんだって」と仰るお友達のお言葉通り、口の中で優しくすぅ~っと溶け、シロップも自然な甘さでとっても涼やかな時間を過ごしました。

チビとの約束の時間が迫っていたので、名残惜しいけれどお友達とは再会を約して祇園四条の駅で別れました。

チビは、その日参加した法学部のOCは今イチ興味を持てなかったようで、途中で会ったお友達が絶賛していた学部を見に行けばよかったなぁ・・・と悔しがっていたけれど、もらった法学部の広報冊子の中の、卒業生のベストセラー作家とお笑い芸人の同級生対談がとても面白かった!!と見せてくれました。
うん、その二人(や、作品)を知っているだけに、確かに面白かったww

大学近くの職場から仕事を終えて退社するツレアイと待ち合わせて、三条木屋町のピザレストランで夕食。浴衣姿の人が多いなぁ・・・と思っていたら、鴨川河畔に青色LEDのネオンが灯り、通り抜け(くぐりぬけ?)ができるようになっている『京都七夕』という催しの開催期間だったようです。
久々京都でゆっくりした半日を過ごしました。

OC週間

この夏も始まりました。
OC(オープンキャンパス)巡り。

おネエも高1のときからぼちぼち行ってたけど、チビの高校は夏休みの課題にOCのレポートがあるので、必須です。

暢気坊主で、なんでも人任せのチビに
「今日はおかーさんついて行くだけだから。チビちゃんが行き方とか時間とか調べなきゃ、おねーちゃんはカレシと行ったからおかーさん行ったこともないし、知らないよ!」と、遠征合宿までに調べておくように言ったのに、チビが調べたのは受付時間と最寄り駅だけ。
大いに小言言って、昨日のうちに交通手段調べさせたのはいうまでもありません。

一応アタシも調べて控えて行ったけど、ちゃんとチビに連れてってもらえました。
(バスの降車停留所を間違えて、引き返す、、、、というハプニングはあったものの、時間に余裕があったので、丁度良い時間に着けました)

110809_165702 山の中腹にある大学なので、街が見渡せて気持ちよく、ロケーションは最高!!
ちょっと絵になる建物です。(大学案内のパンフレットにもよく載ってるこのスポットでは、写真撮ってる人も多い・・・・)
カメラの精度が低いのでよく見えませんが、向こうには見事な町並みと海が見渡せる。。。。

去年のこの日には、うちでカレシにお昼ご飯食べてってもらって、最寄り駅まで送って行ったんだったなぁ・・・・と、懐かしく、その子たちもそれぞれに充実したキャンパスライフを送っている1年後をとても眩しく思いながら・・・・
チビにもどうか、良い日がきますようにww

明日も続く。。。。

チビのいぬ間に・・・・

洗濯・・・・・も、勿論した(チビと、もうすぐ帰ってくるおネエの寝具の準備!)んですけど、ツレアイと二人ででぃすかばーJAPANドライブに行ってきました。

目的は、三度目の正直、一畑電鉄RIDE&宍道湖の夕陽リベンジの旅!
8/5金曜日、朝6時に家を出て3泊4日の部活の合宿に出掛けるチビを集合場所まで送っていき、そのまま出発!
チビはその段になって初めて「おかーさん、これからどっか行くん?」と普段着でない母の様子に気付いた模様。。。。

1日目は昼前に松江に到着。
ガイドブックからランチは松江イングシッリュガーデン(http://www.matsue-englishgarden.jp/index.html)内のレストラン&カフェで・・・と決定!
Photo レストランの様子は、HPやアルバム(http://kanon1211sukefuji.cocolog-nifty.com/photos/tango/)でどうぞww

ランチの後は、イングリッシュガーデンすぐ側の「松江イングリッシュガーデン前」駅から一畑電車(http://www.ichibata.co.jp/railway/)に乗車。
一畑電鉄は松江宍道湖温泉駅から、宍道湖の北を出雲市、出雲大社まで走る私鉄。
アタシは、宍道湖畔の眺めと一畑口駅でのスイッチバックを体験したかったので、全線ではなく途中の湖遊館新駅でUターン。(一日乗車券を買っても良いかな・・・と思ったのだけれど、この往復なら駐車場の無料時間内に戻れて、往復の運賃は丁度1000円) Photo_3
この駅なら、駅周辺に時間を潰すスポット(湖遊館)があるから、というツレアイの判断だったのだけれど、湖遊館は駅からゆうに15分はあると思われる距離で、1時間に1本の帰りの電車までの30分ではデン着いて帰ってくるだけなので、ライスフィールドしかない駅のほんの周辺をぶらぶら・・・・。
こんなのどかな場所や時間の潰し方も久しぶりかもwww

イングリッシュガーデンの駐車場に戻ると、一路松江に引き返し、松江城のお堀を船でめぐる堀川めぐり遊覧船に乗船。
これも、大手前駐車場に入庫するのに少し待ったけれど、そのお蔭で5分弱で待たずに乗船。グッドタイミング!!!
Photo_4 なかなか風情があり、また川風が涼しく気持ちの良い1時間弱でした。

宍道湖の夕陽は、宍道湖に着く前には赤々と湖を照らしていたのですが、山に沈む段になって、雲に隠れてしまい、結局”夕陽スポット”から見たときには残照、でした。
ガイドブックに載ってるような見事な夕映えの湖面を見ることができるのは本当にタイミングと運だな・・・・と痛感。Photo_5 

泊まりは、出雲風土記にも「ひとたび濯げば形容端正しく再び浴すれば万の病悉に除こる。古より今に至るまで験を得ずといふことなし。故、俗人「神湯」と曰ふなり」との記述がある玉造温泉に素泊まり。
ロケーションは宍道湖畔の松江宍道湖温泉の方が良いと思うけれど(アタシは泊まれなかったけれど、チビとツレアイは2年前に義父と行ってる)、山間の狭い川沿いに温泉宿が並ぶ、いかにも温泉街らしい温泉でした。

二日目の朝はゆっくり朝風呂してからチェックアウト。
Photo_7  朝食は宍道湖畔に建つ珈琲ショップでモーニング。みんな考えることは同じで、窓際は既に満席。でも、アタシ達がオーダー通してからすぐに窓際が空いたので席を移らせてもらい満足のスタート。

アタシもツレアイも出雲大社はもう行ったことがあるし、今更縁結びの願掛けの必要もないので、二日目は早々に松江を出て山陰の海岸を堪能しながら丹後半島をぐるりと回り、アタシが前々から訪れたい!と思っていた伊根の舟屋を観て帰ることに。

白兎海岸、鳥取砂丘などは3年前の秋に子ども達と訪れたルート。
話に聞く夕陽ヶ浜や琴引浜は海水浴のメッカ。
思えば子ども達を海水浴に連れて行くような時間も本当に短かったなぁ・・・と。。。。もっといろんなところに連れて行ってやれば良かったなぁ・・・・なんて。。。。
冬のカニで名高い間人(たいざ)は、穴場的な海水浴スポット。
家族で訪れたことのあるバリのタナロット寺院のある島のような岩島に砂洲が伸び、そこにできた浅瀬での水遊びはとても楽しそう。

そして、やはり伊根の舟屋群は期待を裏切らず、独特の存在感を示してくれました。Photo_8 

伊根から、ガラシア夫人が父明智光秀謀反の後婚家から幽閉された味土野へ抜ける道があると調べていたのだけれど、先立っての雨で道が通行止めになり、伊根からは行けないとのこと。
観光案内所で、京丹後市か宮津からと案内図を頂いたのだけれど、とても狭い山道で離合不能な場所が多い、とのことで、これは生半可な気持ちでは行けないと断念。
今の世ですらそんな不便な地に、戦乱の時代に身の回りの世話をする数人の侍女たちだけを伴い3年も蟄居させられた若い細川たまの絶望感、厭世観、姻族への不信感、そしてそこから異教への傾倒は察して余りあり十二分に共感できる。Photo_10 

帰りは三田-宝塚間でちょっと渋滞に遭ったけれど、8時前には自宅近くのスーパーで買い物を済ませ、8時から始まった市の納涼祭の花火を、自宅のデッキで缶ビール片手に鑑賞。 
宍道湖の花火大会が6日だったので「1日泊まる日がずれてたらなぁ~」ととっても残念だったのだけれど、自宅での花火鑑賞に間に合い、大満足!!

2日間の走行距離900Km弱、総費用2人で42,000円弱。リベンジバッチリ、プラスαも大きい、充実の2日間でした♪
乗ってるだけのアタシはお気楽でしたが、ずぅ~~~っと運転してくれたツレアイにはホント、感謝ですwww

真似っこ

Photo ブルーベリーパンケーキの朝食。全粒粉を使って、卵を使わず、ナオミ先生の書いてらしたカナダ定番式にww

なるほど!ヘルシーww

毎日続々収穫できるので、しばらく楽しめそうです♪

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気