« い(っ)ちびり | トップページ | 初戦 »

『アイーダ』

1年半ぶりに四季のミュージカル鑑賞。 Dsc07508
今回は『アイーダ』を観てきました。

「凱旋の歌」で有名なヴェルディのオペラも観たことがなかったのですが、四季のオリジナルでは、アイーダはエチオピア女王ではなくヌビアの王女。衣装も人物造形もとてもコンテンポラリーな感じ。

アイーダとラダメスの恋物語は勿論のこと、”お洒落が私の切り札”と言っていた世間知らずのお嬢様エジプト王女のアムネリスが、本気を愛を得ようとし、失恋と裏切りという痛手を経て、王者の風格を身につけ、自分自身で決断をする、その成長と雄雄しさが本当に素晴らしかった。

人生は本当に、迷いと選択、決断と諦めの連続。あれもこれも、欲しいものがすべて手に入るわけではない。
だけど、その時その時に、悩みのたうちつつ、人から押し付けられるのでなく、自分自身で魂を引きちぎるような思いで下した決断は、絶対に悔いを残さない。そう思う。

冒頭のシーンがエンディングに繋がった瞬間。
広いこの世界で、出会い、子どもを成すほどの縁のあったツレアイにもっと感謝して、もっと大切にしなくちゃwwwと深く心に刻みました。
あ~~~、久々心震えた!

先日フラメンコのソロリサイタルを観たけれど、アタシは舞踏に関してはソロより群舞の方に惹かれるな。
四季や宝塚を観た時にはいつも感じることなのだけれど、これだけ”個人の時代””自己中な人間の増加”が言われる現代社会に於いて、こんなにピシリと集団の統率を見せることができるって、すごいことだと思う。
アタシがアタシが・・・・と前に出たがる気持ちをぐっと抑えて、全体の調和を俯瞰できるってものすごい能力だ・・・・と。

« い(っ)ちびり | トップページ | 初戦 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« い(っ)ちびり | トップページ | 初戦 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気