« 文明の産む無駄、奪うゆとり | トップページ | 今日はカレーの日 »

欲張れ、青年!!

昨日はチビのピアノの発表会でした。

3月まで受験勉強していたので、今回の発表会はソロは無理、連弾だけで出る・・・と弱気なことを言ってたチビを、うま~~く乗せて連弾もソロも完成させてくださった先生のお力で、無事終えられました。
(思えばおネエは高1の時の発表会は、連弾はなし、ソロも暗譜が間に合わず、楽譜を見ながらでもズダボロ・・・・べートーヴェンの『悲愴』を弾いたのだけれど、本人「これは悲愴じゃなくて、まさに”悲惨”や」と言っていた。ま、入試も余裕なかったし、あれはあれで、彼女の精一杯だった・・・と思う)
うちで練習しているのを聞いていた限りでは、「お~~、例年ながら、きっちり本番に合わせてきたな!」と思っていたのだけれど、前日のレッスンで暗譜が飛んでしまい、去年まで一緒に出ていたおネエがいなくなってトリを張ることになった緊張感からか、当日のリハでも自分的には心外なミス。先生は「勢いで何とかなるよ!大丈夫!!」と仰ってくださったのだけれど、「不安を抱えて舞台で大失態するより、楽譜見ても自信持って臨んだ方が良い」という父親(ツレアイ)の言葉に背中押され、土壇場で楽譜持込を決め、先生に譜めくりの労を執っていただくことに・・・・。Photo  

結果的には、それでゆとりをもって望むことができ、本人が一番恐れていた”舞台上での大チョンボ”を回避できたのは何より!

「でも、一言言わせてもらって良い?」と、改善点を指摘すると
「それ、弾く前に言ってよ!」「でも、リハの後言ったら、緊張して本番でミスしたら困ると思って・・・・」「だったら、朝うちで練習してる時に言ってよ~」と、どこまでも悔しそうなチビ。
終わったからそれで良し!ではなく、事後の振り返りもしつこくあくまで”より良いもの”を追及しようとするのは父親譲り。
良いぞ、チビ!そうでなくちゃ、上達はない!!(これは、自分への反省も籠めてcoldsweats01)

今年の発表会は、例年の一部連弾、二部ソロ、そして音大の器楽科に進まれた元生徒さんの賛助出演+講師演奏に加え、生徒さんのご両親でフルーティスト、クラリネット奏者であるご夫妻とピアノとのデュオ、トリオ、カルテットもあり、三部が盛りだくさんでした。

Photo_2

Photo_3 Photo_4 
音大の管楽器専攻の現役学生さんの金管五重奏。腹筋しながらサン・サーンスの『象』をチューバで演奏された学生さん、圧巻!!!

Photo_5 そして、フルートとピアノのデュオやトリオを聴いたことで、”昔取った杵柄”フルートやりたい熱に火がついたアタシ・・・・。

「おかーさんフルート習いたくなったなぁ」というと「え~~、そしたらアタシの私大の学費は~?」とチビ。
「そんなん、おかーさんは貴女を私大にやるために働いてんじゃない。私学に行くなら自分で何とかして!お姉ちゃんだって、給付奨学金貰って行ってるんだから。おかーさんは自分の為に働いてるんだからね」とどこまでもジコチューな母gawk


発表会の後は、前々からチケットを取っていた交流戦オリックス-ジャイアンツ戦へ。
普段は部活の終わる時間が読めないし、プロ野球観戦も諦めていたチビだけど、昨日はピアノの発表会で部活はお休みしていたし、心置きなく時間を使える・・・ということで、、、、

勿論ビジター側を取ったつもりで、思いっきりジャイアンツの応援グッズを持ってやる気満々で会場に着いたら、アタシがチケット取る時に大チョンボしていたらしく、周りオリックスファンばかりで、思いっきりアウェー感満載orz・・・・・cryingweep
Photo ジャイアンツの応援旗が翻る応援席を遠くに見て「あっちに入りたかったよ~」というチビよ、母を許せ!catface

しかも、前日の勢いはどこへやら、ラミちゃんのソロHRで1点取った後は大逆転され、何度もBIG CHANCEを逃し、1点返したものの覆すことは出来ず、1点差で敗退、というなんとも不完全燃焼な結果・・・・downdown

まぁ、人生、思い通りになんてなんないよね。
だけど、結果的には音楽に野球に、思いっきり充実した一日。
若い頃の一日ってこうでなくちゃ!!good


『学生の本分は勉学』『受験が終わるまでは好きなことはお預け』
そういう価値観もわからないではない。
受験直前の数ヶ月、というような単位での期間限定なら、そういう”一時期”があっても、いい。
だけど、若い頃にやってこそ得られる感動、共感、経験・・・っていうものもある。
おネエがそうだったように、部活を始めとする趣味も、友達付き合いも、恋も、若い今、高校生だからこそやりたいこと、は何ひとつ諦めることなく、目一杯やれば良い!!!と思う。
欲張って多くのことをやろうとする中で、プライオリティを自分で選択できるようにもなるし、その時々のバランス感覚も身に付くだろう。(それがうまくできず、もう1年勉強しなければならなくなったり、現役に拘り安易な進路を選ぶのは本末転倒だけど)
志が高いのは素晴らしいことだけど、何より、”必死になって勉強だけしていなければ入れない大学”を志望校にすることに意味はない・・・とアタシ達夫婦は考える。
自分の目標と能力に見合った志望校に向き合うだけの十分な準備をする上で、友達と遊んだり、恋をしたり、好きなことに没頭したりするだけの余裕がある、そして、その余裕は他でもない”自分が産み出すのだ”という自覚と覚悟のある学生生活を送ってくれれば、親として言うことはない。

そういう意味で、昨日のチビの1日は、花丸だったんじゃないかな。。。。notes

« 文明の産む無駄、奪うゆとり | トップページ | 今日はカレーの日 »

華音の日常」カテゴリの記事

コメント

>ナオミ先生
そうなんですよね!
年齢を重ねても感動できること、ワクワクすること、得られるものはたくさんあるし、また、そういう感性を鈍らせたくはないな・・・・とは思いますが
でもやっぱり、”今”しか得られない、”今”しか味わえないもの、というのもその年代その年代で必ずあって、やはり若い頃に得たもの、経験したものは絶対にその後の人生の豊かさに繋がってゆくし、いつまでも”錆びない”ように思います。
だから、これをやんなきゃなんないから、これは諦める・・・というように、安易に切り捨ててゆくのではなく、なんとか自分で時間をやりくりして、あれもこれもと欲張ってあちこち齧ると良いなぁ・・・と思っています。(もちろん、それで窮屈になったり、それがストレスを生むようでは本末転倒ですから、自分が楽しんでやれるもの、やってみようと思えるものに、果敢に向かっていって欲しい!ということですが。。。。)

娘さん、おつかれさまでした!
素敵な発表会になったようで♪

本当に、若いときだからこそ感動を得たり、興奮を得たりできることって沢山ありますもんね。
これから色々な経験をされて、今しかない青春を思いっきり楽しまれることでしょうね★

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文明の産む無駄、奪うゆとり | トップページ | 今日はカレーの日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気