« こんなときですが?こんなときだからこそ?? | トップページ | 『ツーリスト』 »

佐藤 多佳子 『聖夜』

聖夜 ― School and Music

著者:佐藤 多佳子

聖夜 ― School and Music

読んだきっかけ:『第二音楽室』を検索していた時に、シリーズでこの作品を知って

感想:アタシは(名がキョウコだけに・・・?笑)、随分前々から、自分が狭視野で狭量で偏狭な人間だという自覚はあるのだけれど
本作品は、同じ”School&Music”のシリーズとは言っても、先に読んだ『第二音楽室』よりはずっと”そうそう、こういうの、あるある”感が薄く、”へぇ〜〜〜〜、こんな世界もあるんだ””こういうこと考えてる高校生もいるんだ”的な、別世界モノでした。

同じ鍵盤楽器でも、オルガンとピアノってまっっったく違うものなんだねぇ・・・・
アタシは、バリエーションを愉しみたくて、また、ワンルームマンションで置き場所や近所迷惑を気にせずに鍵盤に触れたくて、エレクトーンを買って習ったことはあったけど、”音の魅力を楽しむ”ところなどには到底辿り着いていない。

何事も”極める”心意気を持った人はスゴイネェ・・・という感慨。

おすすめポイント:”家族”への複雑な思い、そして、”打ち込むべきもの”を迷い探す多感な思春期。
音楽が好きな方には勿論、そうでない方でも、思春期のあれこれは共感するところ多いかも。

« こんなときですが?こんなときだからこそ?? | トップページ | 『ツーリスト』 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんなときですが?こんなときだからこそ?? | トップページ | 『ツーリスト』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気