« 東野 圭吾 『予知夢』 | トップページ | 『容疑者Xの献身』 »

年賀状がもたらすもの

あけおメールが普及し、娘たちなどは受験ということもあるけれど
ほとんど年賀の挨拶をメールで済ませたのだ・・・という
時代の流れを感じるけれど、やっぱり親しい友人にはお賀状を・・・と思う
昭和世代のアタシ。。。。

年賀状では毎年、再会のきっかけがあったり、逆に思わぬ訃報に接したりもするのだけれど
今年の年賀状の一番の収穫は、学生時代のサークルで仲の良かったBFから、実に十数年ぶりに結婚を知らせる年賀状が届いたことnotes
卒業後すぐにアメリカに留学した彼とは、結婚後もしばらく年賀状の遣り取りが続き、育児中にアメリカから国際電話が架かってきてビックリしたりしたこともあったのだけれど、彼がアメリカで転居して以来、年賀状が途絶えてしまい、ご実家に送るのもなぁ・・・と、気になりつつずっと音信不通だったのだけれど、今年は『結婚しました』という彼と可愛らしい奥様との写真入の年賀状が届き、メールで連絡が付くようになった!

そして今日は、年賀状に「またランチでもしたいね」と書いてくれていた学生時代の友人と、奈良でランチが実現

電話で予約していたのだけれど、予約時に「小さいお店ですので、お時間にいらしていただいても少々お時間いただくかもしれません」と言われていた。
行ってみると、8人入ればいっぱいになってしまう、本当に小さな小さなお店。(http://www.nico-style.com/index.html
「お席ご用意できましたらご連絡いたしますので」と言われ、携帯番号mobilephoneをお知らせして、ならまちを散策
桓武天皇が建立された、というならまち周辺の氏神御霊神社でお参りをし(もう、アタシには無縁だけど、縁結びのおみくじがとっても可愛らしかったww)
元興寺塔跡を見たり、奈良晒のお店や昔ながらの漢方薬屋さんの店先を覗いたりしながら時間潰してたけど、なかなか連絡は来ない
お店の前に戻って待っていたら、店主の奥様が本当に恐縮してくださって・・・・

休日で、思った以上に飛び込み客の数が多かったらしく、予定より少し待ったけれど、ランチメニューはすごく充実していて、お店の方の対応も気持ちが良く、お気に入りのお店の一つになりましたlovely

Photo お野菜の小鉢は、柚子の香りがよく効いたほうれん草の柚子和えに里芋の炊いたん、出汁がよく効いてすっごく柔らかい蕪と芽キャベツの炊き合わせ
どれも本当に美味しい!
メインは友人もアタシも鶏肉のみぞれ煮を選びました。Photo_2 
添えられているお野菜について、丁寧なご説明があり、お野菜に拘っていらっしゃることが伺われる。
小皿で添えられた奈良漬は金山寺味噌の風味もほのかに、古代米の茶粥に良く合う。
奈良の特産の三輪素麺が入った豚汁は具沢山で、茶粥ではちょっと物足りないかな?と思ったけれど”お替り自由”のお替りをしなくても、十分にお腹い~~~~~~~~~っぱい!
食後に、「せっかくだからここの名物のカプチーノ頂こうかcafe」と、友人は鹿プチーノ、私は大仏カプチーノをオーダー。Photo_3 Photo_4 
ここのカプチーノは、泡を楊枝でかき混ぜて描くのではなく、泡の上に楊枝を使ってチョコレートで描かれるのを、テーブルで実演してくださり、大感激!!Photo_8 
泡の上に描かれているので飲んでも最後まで絵が潰れない・・・・  

お腹いっぱいで大満足!!

腹ごなしの運動(?)も兼ねて、ならまちや商店街をあちこちお店を覗きながらゆっくり散策し、猿沢の池を回って興福寺へPhoto_6

奈良に住んでもうすぐ20年になろうか・・・というのに、一度も見たことのなかった(一時期ブームになったときには、ものすごい人で、近寄る気にもならなかった)興福寺の国宝館で阿修羅像を初めて観て、帰路に着きました。

のんびりと近況報告をし、美味しいね~と目の前の食べ物の話をし、同じものを見て時間を共有する。
なんの気兼ねも要らないし、思ったことをそのままポツンポツンと話すだけで十分に繋がっている感覚が得られる・・・というのは
それこそ、金剛力士じゃないけれど阿吽の呼吸がわかる昔馴染みだからこそ、かしら。。。。
学科が同じだったわけでなく、寮の仲間でもない
「アタシ達、一体どこでつながりがあったんだっけ?」なんて改めてお互いに辿ったりして・・・・(笑)

年に一度年賀状だけのお付き合い・・・なんて揶揄的に言ったりするけれど
されど年賀状
この年に一度のお互いの確認作業が、細々とでも確かな繋がりを保つよすが
今週半ばには、これまたあけおメールで近況報告したおネエの中学時代のお友達のママと、まさに1年ぶりのお祝いランチ(おネエのお友達は推薦で進路が決まったそう。。。)restaurant
愉しみですww

« 東野 圭吾 『予知夢』 | トップページ | 『容疑者Xの献身』 »

華音の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東野 圭吾 『予知夢』 | トップページ | 『容疑者Xの献身』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気