« 伝える、残す~繋ぐ お仕事 | トップページ | 南 清貴 『究極の食』 »

ありがたし、親の愛

女は三界に家なし・・・・って言いますが
アタシにとって、その言葉は”死語”にしか思えません

今日、いやもとい、日付が変わりましたから昨日は、
お節の一部、”母の黒豆”と実家で搗いたお餅を貰う為に日帰りで実家に帰省

午後には弟も「おい、おネエ、ちゃんと手伝いしよるか?掃除はしたか?」と言いながら帰って来たけれど
結局アタシは居間の炬燵で縮こまって、母の点ててくれたお抹茶を頂いたり、珈琲飲んだり、だらだら~~~~っと過ごし
「運転はあたしがしようか?」とそのつもりで眼鏡も持って帰ったけれど、母が運転してくれた車でお正月の買出しに付き合っただけ

弟の顔を見たら帰ろう・・・・と思っていたけれど
「○ちゃん(家族みんなが呼ぶツレアイの愛称)が子ども達にご飯食べさせてくれてんやったら、夕飯食べて帰ったら?」と言われ、結局父母や弟と鍋をつつき、おじや(雑炊)まで頂いて帰ってきました

そんな上げ膳据え膳だったのに、帰宅の報告の電話をしたら
「なんにもしてあげなくて、ごめんね・・・」と
いやいや、アタシこそ甘えに甘えっ放し・・・・
弟に糾弾されたって仕方ないよねsweat01sweat01

親御さんの介護をなさっていたり、近くに住んでいらして日々の折衝に苦心惨憺されていらっしゃる方にはまた違った感情も生まれるのでしょうが
アタシにとっては、親はいつまでも子を思ってくれる、かけがえのない存在で
まだまだ子どもであるアタシの方が蒙っている恩恵の方が、返せる恩よりも大きい・・・というていたらく・・・・coldsweats02

生きていてくれるだけで、親とはなんとありがたい存在か・・・・と、また痛感した一日でした

« 伝える、残す~繋ぐ お仕事 | トップページ | 南 清貴 『究極の食』 »

華音の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伝える、残す~繋ぐ お仕事 | トップページ | 南 清貴 『究極の食』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気