« Reasonable初体験 | トップページ | ムシ »

高野 秀行 『異国トーキョー漂流記』

異国トーキョー漂流記 (集英社文庫)

著者:高野 秀行

異国トーキョー漂流記 (集英社文庫)

買ったきっかけ:今年の集英社文庫のオマケ(本の虫のストラップ)が欲しくて
衝動買いした1冊

感想:著者のことも良く知らずタイトルに惹かれて買ったのだけれど
これが大当たり!!!

だいたい「子どもの頃から「まじめだ」「おとなしい」「協調性がある」などと言われて、優等生路線を歩み、名門と呼ばれる大学までたどりついた」が、「このままで行くと、大学を卒業し、どこかの企業に就職し、「まじめだ」「おとなしい」「協調性がある」と言われて、会社でほどほどに重宝され、やがて時が過ぎ、定年を迎える・・・・」というシナリオに嫌気がさしてその名も高き(大学ではなく、そのクラブに入る為に受験勉強する人もいるくらいの・・・)『早稲田大学探検部』(これはれっきとしたクラブだけれど、入部する人にとっては早稲田の文学部、とか法学部、なんかとおなじステージの”部”らしい・・・・笑)に身を投じた、というところからしてもう、抱腹絶倒
「俺はガキの頃から一風変わっていて、人とはあまりうまくやっていけなかった。それが俺の個性で、だからこそ、俺はかなり個性的」と言いつつ大してパッとしない人が多い、ニホンジンの”個性的”の概念からは大いに懸け離れたキョーレツな個性の持ち主が、その「協調性」や「まじめさ」から得た諸国の友人たちとの交流譚がもう、面白くってwwww

変に『幻獣ムベンベを追え』とか『アヘン王国潜入記』などのバリバリ”冒険物”を読む前に(きっとそれもすっごく面白いんだろうけれど)軽〜〜い気持ちでこれを読んだのも、予想外にものっけから小気味良い変化球を喰らった感じで。。。。

勿論、娘達にもオススメ
短時間でサラっと読めるので、試験勉強の合間の息抜きに愉しんだようで
チビなど「アタシ、ほんまにマフディと友達になりたいし!マフディと一緒に野球見たいって!!!」と心底から言っている

なにかを”ものす”時、どうしても”俺が、俺が”的な表現になってしまう表現者が多い(かくいうアタシもその最たるものだけど)中、主人公たる描写対象を、本当に温かいまなざしで見つめ、純粋に”描写対象”にスポットを当てるべく、その背景として自らのことを語るからこそ、嫌味がなく、本当に乾いた面白さ、がそのまんま伝わってきて小気味良いのだろうな。。。。
物を書くときには斯くありたし、と思う文章に久々に遭遇した感じです

おすすめポイント:
日本に居ながらにして、異国体験、異国の友達と過ごす疑似体験をしたい人
とにかく面白いお話を読みたい!って人にオススメ
読んだ後に、笑いだけでなく、う〜〜ん日本にいたってこういう人付き合いできるんだよなぁ・・って温かい気持ちになりますよww

« Reasonable初体験 | トップページ | ムシ »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Reasonable初体験 | トップページ | ムシ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気