« 予想以上に面白かったょ! | トップページ | よしもと ばなな 『ごはんのことばかり100話とちょっと』 »

和田 竜 『のぼうの城』

のぼうの城

著者:和田 竜

のぼうの城

買ったきっかけ:新聞で書評を見たから・・・だったかな

感想:
軍記物は『平家物語』など教科書で齧り読みしても、面白いと思ったことがないし
時代小説の合戦場面を読んでも、それを”面白い”と感じたことはこれまでなかったのだけれど
この小説は、柴崎和泉VS大谷吉継、正木丹波VS長束正家、坂巻靱負VS石田三成どの合戦場面も、まさに”ドキドキ、ワクワク”という感じで、先を読み進むのがもどかしいくらいだった
多分、この作品の底本である『忍城戦記』や『関八州古戦録』を原版では勿論、現代訳を読んでもこれほどに面白くはなかったと思うから
これは、ストーリィのチカラ、小説のチカラ、つまりは作家のチカラなのだろうと思う。

登場人物の人物造形も丁寧だったし、ストーリィの運び方も時代小説にありがちな回りくどさがなく、かといってアッサリしすぎてもおらず、久々に面白いエンタテイメント小説に出会えた、という感想を持った

映画化されるんだネェ
”栄倉奈々、初時代劇”ってのがこれだったのか
ん~~、栄倉の甲斐姫はイマイチだけど、野村のぼう、佐藤浩市丹波、ぐっさん和泉、成宮君靱負は確かにアリかな!
これは、結構楽しめそう!

おすすめポイント:
肩凝らずサクサク読めます。
通勤途中の読書にオススメ!

石田三成への酷評を苦々しく思っている人は、ちょっとスカッとするかも。。。

« 予想以上に面白かったょ! | トップページ | よしもと ばなな 『ごはんのことばかり100話とちょっと』 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予想以上に面白かったょ! | トップページ | よしもと ばなな 『ごはんのことばかり100話とちょっと』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気