« 海堂 尊 『ナイチンゲールの沈黙』 | トップページ | 白昼夢 »

海堂 尊 『螺鈿迷宮』

螺鈿迷宮

著者:海堂 尊

螺鈿迷宮

感想:
この人、本当にすごい問題意識を持ったプロフェッショナルなんだなぁ・・・・。
生殖医療、新生児医療の対極にあるのが老人医療、終末期医療
今度はそうくるか!
医学を修める為には、最終的にどの診療科、或いは臨床でなく基礎研究を選ぶにせよ、すべての領域の臨床実習を修めなければならないことは、周知のことだけれど、よほどの感受性と問題意識を持って臨まなければ、現代医療に存在する多種様々な問題点は”日常化”され、見過ごされてしまうのが常だろうに・・・・

Ai(死亡時画像診断)の必要性を周知させる為には、学会発表よりも小説で一般市民に訴える方が効果的、と考えて筆を執った、という作者の作品は、Aiを採り上げるものも勿論多いが、しかしまぁ、よくこれだけ医療に巣食う問題点を次から次から作品化できるものだなぁ・・・・と

以下、心に留まった一節と、簡単な感想メモ


〈必要とされる存在であり続けるためには相応のエネルギーが必要で、それは闘争と自己肯定の中からしか生まれてこない。彼らは闘う相手を間違えている。自分を攻撃対象に選ぶのは不毛。
あたしは彼らの闘争領域を設定し直し、耳元で囁く。あたしにはあなたの力が必要なの、と。〉


ん〜〜、闘争から”しか”エネルギーが生み出せない・・・っていう点には肯首しかねるけれど、自分の持てるエネルギーを自己破壊に向ける人たちに、その対象を設定しなおし「あなたの力が必要」と囁くことは、確かに精神医の仕事だろうな・・・・



〈人は誰でも知らないうちに他人を傷つけている。存在するということは、誰かを傷つける、ということと同じだ。だから、無意識の鈍感さよりは、意図された悪意の方がまだマシなのかも知れない。このことがわからないうちは、そいつはまだガキだ。〉


これは、人生に於いて、大きな真理だろう。
そして、自分の悪意を見たくないがために、あるいは悪意というものを自分に認めたくがないために、”鈍感を装って”いる、というのは意図された悪意以上に狡猾で汚い処世術なのだろうな。
自分が傷つけられた、と言い募る前に、そう吐いている自分が、誰かを傷つけている可能性を見つめなおすことからしか、”誠実に生きる”ということは始まらない・・・んでしょうね


〈患者にとってよい環境を作るためなら国さえも騙して構わない。いかに効率よく国からカネをかっぱぐかという観点を大黒柱に据え、システム構築する。その割り切った姿勢からは、現代医療の枠組みの中で患者主体の医療を真摯に行うと、反体制化せざるを得ないんだ、という叫びさえ聞こえてきた。〉

これこそが、現代医療の現場の声、なんだと思う。
現代に「赤ひげ」が存在し得ないのは、「赤ひげ」を気取っていては医者自身が”食うに困る””路頭に迷う”ことになるからだ
正義か生活か、と突きつけられ生活を選ぶ者を、それがたとえ”聖職者”であっても、私たちは責めることはできない
で、あるならば、現代社会に於いて必要なのは、誠意ある者が”義”を貫くことを保障する制度、なのだろう
それは、最先端医療などではなく、街中で本当に”小市民”に向き合っている現場の呻吟を聴き取ることのできるものにしか構築できない
小太り白鳥のように、”現場に潜入”する中央官僚が、いれば別でしょうけれど・・・・・

おすすめポイント:
終末期医療、そして心の病について造詣の深い方が読まれたらどうかなぁ。そういう方のレビューを見てみたい気がします。

« 海堂 尊 『ナイチンゲールの沈黙』 | トップページ | 白昼夢 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海堂 尊 『ナイチンゲールの沈黙』 | トップページ | 白昼夢 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気