« DeepなWデート | トップページ | 訃報 »

頑張れ応援団

「今日の戦果 全戦全勝ヽ(^o^)丿。(顧問の)先生に褒められた」とチビからメール

特にそのスポーツが好きだったわけでもなく、入学した中学にスポーツ系の部活が2つしかない中で選んだクラブで
人一倍小柄で、運動能力も決して高くはなく(遺伝だよね、ゴメンよ~~think
同学年のみんながスクールに通い始めた中で、その気がないのか遠慮してか私も通いたいとも言い出すことなく、
去年は6人いる2年生の中でたった2人だけ団体戦のメンバーに選ばれなかったうちに入っても
腐ることも拗ねることもなく、日々黙々と放課後の練習に通い続けた3年間がもうすぐ終わる

「練習試合嫌やなぁ。雨降れよ~」と昨日からずっと天気予報を気にしていたけど
「なんやねん。今日に限って雨止むンかぁ~」と期待外れに気を落として起きて来たチビに、お弁当のお握りを作り、送り出してはやれないので
「まぁ、仕方ないヤン。行くことになったからには頑張ってね」と手渡してriceball、先に家を出たんだった
そのチビから夕方に届いた結果報告のメール
”頑張っている人に頑張れと言うのは酷だ”
そういう考えがあるのは知っているし、それはある面真理だ、とも思う


誰もがみな、心底好きなことだけをやれるわけではない
意に染まないことでも、不本意なことでも
いろんな”しがらみ”で投げ出せないこともある
そんなことから逃げずに向き合っている人には、誰が肩代わりをしてやれるわけもなく、ただ「頑張れ」としか掛ける言葉のない時もある


それでも、「これ以上どう頑張れっていうねん?」なんて拗ねたりいじけたりすることなく
”頑張れ”という言葉を素直に受け止め、自分のできることを日々粛々と続けていれば、必ずそれに結果は報いてくれる
それを見事に見せてくれたねclover



明日からの前期中間試験を前に、おネエが
「勉強すればするほど、不安になってくるねん」と言う

4月の模試で暫定的とはいえ一応の志望校の合格判定がEと出ても
「(担任の)先生が、今の時期の模試は浪人に有利やから、君たちはまだ良い判定が出なくても構わないってさ」と飄々とし
入学以来この3年間、学校から配布された『学習の手引き』では、家庭学習は少なくとも3時間以上しろって書いてあるでしょう!
とアタシがいくら耳にたこができるほど繰り返しても、馬耳東風どこ吹く風
部活から帰って、日付が変わる前には・・・と決めた就寝まで4時間しかない日常の中で、3時間はおろか、2時間も机に向かうことなどできるはずもなく
「はよ寝な授業中眠くてしんどいねんぞ!」と早々と寝ていたおネエが
部活を引退してからは、試験前だとはいえ、17年間見てきて初めて3時間以上家で勉強するようになったのに”不安”とは!???

「アタシも頑張ってるけど、もう今の時期って、みんな部活引退して、みんながやってるわけヤン。なんぼ頑張ったって、それで良い、なんて保証はないやんか!」と、まぁ、脳天気なこの子にして、一生で初めての”不安”なんじゃないだろか?

入試は単に”頑張れば報われる”モノではなく、あくまで上位者から合格していく”選抜”だ、ということを、しっかりと自分のこととして実感したからこその不安を感じるってことは、決して悪いことじゃない
それはこの子の”成長”


「その不安を打ち払うのは、自分の頑張りしかないんやで。私はこれだけ頑張った、そう自分で実感できたら、誰がなんと言おうと、大きく自信持ってええねん!頑張ったことは絶対に自分を裏切らん。チビちゃんが、今日それを証明してくれたやん」と
「チビちゃん、今日どうやった?」とおネエが訊いて始まった夕食の食卓で話す
「うん!そやな。よし、もうちょっと頑張るわ!!」
アンタはよう頑張ってる!
本当ならそう言ってやる場面かもしれない
でも、やっぱりアタシはこの子には「頑張れ!」と応援し続ける、応援団長でいようと思う


昨日に引き続き、今日もうちに勉強しに来た坊やは
「もう試験まであと1日やからね。今日は2時間の約束やけど、この問題まで全部やってからでないと終わらんからね。頑張ろう!」
そういうアタシの言葉に
「ママが、勉強は華音親分についていけば良いってさ!」「5時には終わらせるぞぉ」と自分を鼓舞している
ツレアイの試験が終わってすぐにうちに来るようになった当初は
「これは宿題じゃないから」「これは(学校の)先生がやれって言ってない」と、
頑として学校の宿題以上のことはやろうとしない姿が、うちの娘たちの小学生時代ソックリだったのだけれど。。。。
「君は地頭がいいんだからさ、もっと集中してしっかりやれば、きっとそんなもんじゃないはず!ほら、もうちょっと頑張ろう!!」
そう言い続け、なんとか勉強を投げ出して自分の好きなおしゃべりにこちらを引き込もうとする笑顔に時にしかめっ面をして見せて1ヵ月半
期末試験を前に意識が変わったか、こちらも”成長”



今日は日本語学習支援ボランティア養成講座の最終回
「日本語学習支援ボランティアに登録できる人は登録証を書いて帰ってください」と言われたけれど
養成講座を申し込んだ後に、うちに来ることになったこの坊やのママからは”2学期からは週1回でなく、回数を増やして欲しい”と相談されているし、今やる気になっているこの坊やを「私にも予定がある」とは無碍には断われそうになく、スケジュールはますますタイトになりそうで、 とてもボランティアにまで手が回りそうにない
日本語学習支援は話を聞けば聞くほど、おネエじゃないけど、不安は高まるけれどやればこちらにも得るものや学びが多そうな活動
けれど、”今”はアタシはそれをやるべきときじゃないんだろうな、きっと・・・・

”今の私”は、この子たちの『応援団長』
一生懸命に頑張っているこの子達に
望む結果が手に入るまで
やっぱり”頑張れ!”を言い続ける
それが、今のアタシにできること

« DeepなWデート | トップページ | 訃報 »

華音の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DeepなWデート | トップページ | 訃報 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気