« ボストン美術館展 | トップページ | 小川 洋子 『ミーナの行進』 »

海堂 尊 『ブラックペアン 1988』

ブラックペアン1988

著者:海堂 尊

ブラックペアン1988

読んだきっかけ:
先日『ひかりの剣』のレビューをアップしてから、『ひかりの剣』が『ジェネラルルージュの凱旋』の外伝、ということを知り(『ジェネラル・・・・』は映画もTVドラマも観たのに、堺雅人さんや西島秀俊さんに眼が奪われて、速水、なんて名前はどっかに飛んでました)『ひかりの剣』で後のジェネラル=速水の宿敵だった清川が登場する『ジーンワルツ』と、『ひかりの剣』とオーバーラップするらしいこの『ブラックペアン1988』とを図書館にリクエスト。先に届いたこちらを読了♪

感想:

いやぁ、面白い
この人の小説の構成力、すごいと思う
ソファに寝転んで読み始めたので、途中暑さでちょっとお昼寝しちゃったけど、ほぼ一気に読みました

『ひかりの剣』での隠れたキーマン「帝華大の阿修羅」高階講師の捉えどころのない、でも眞の医学を希求する熱さも、新米研修医世良のナイスキックも、神の手を持つ屈折した(でも、新米看護師から「弱い人間に対していい加減になれる、強くて優しい人」と看破されてもいる)渡海医師の暗い情念も
どれもがすごく魅力的で。。。。。
新米手術室看護師の花房美和ちゃんの初々しさも、お昼寝場所を探し放浪している猫田主任看護師も、う〜〜〜ん、大学病院にはいそうだなぁ・・・と思わせる

魅力的な登場人物が、それぞれに助け助けられ、成長しながら様々な症例、難局に向き合っていく
(『ひかりの剣』でも描かれていた速水たちFグループのベッドサイド・ラーニングについても、こちらでより詳細に描かれている)

そして最終章
本書のタイトルの意味、そして『ひかりの剣』でさらっと描かれていた渡海医師の処遇についての謎が解ける

アタシ的には、『ひかりの剣』が先だったので、本書をより楽しめた、と思う

医療モノは『白い巨塔』でも、内部暴露的な、”その世界”を知らないものには”へぇぇぇ〜〜””そうじゃないかとは思っていたけど、やっぱりねぇ”的な描写やストーリーが多いけれど
本書では、〈手術室の現実〉が、ある意味、映像化されたドラマや映画などよりもリアルに伝わってきた
小学生の頃から目指していた道を、不得意教科と偏差値とで断念し、母親を嘆かせたアタシは、その後も、ツレアイから
「偏差値より、何より、君には適性がないよ。君は今の仕事が天職だったんだよ」と何度理詰めで言われても、時に「医者になれてたらなぁ・・・・」などと夢想してしまうことがあるのだけれど
だけど、本当に、この小説を読んで、医学は(殊に外科医は)アタシには絶対に無理な世界だ、と痛烈に思った。
自分の手先の動作一つが人の命を左右するような仕事、アタシに全うできる精神力は、ない
目の前にある命を、萎えさせず、萎ませず、頭をもたげ上げさせ、より輝かせてやる・・・・・そんな仕事をしたい、と願っていたアタシには
対象としているクライアントについても、子どもの頃から思い描いていた夢とそう離れているわけではないし、職種は違っても、ある意味夢を叶えられた・・・といえるかもしれない
少なくとも、自分にとって険峻に過ぎる道で再起不能なまでの挫折感を味わうことがなかったことは、幸いだった・・・かもしれない・・・と

おすすめポイント:
外科医を目指していらっしゃる方に、是非!!

« ボストン美術館展 | トップページ | 小川 洋子 『ミーナの行進』 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボストン美術館展 | トップページ | 小川 洋子 『ミーナの行進』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気