« 歌舞伎鑑賞教室 | トップページ | あらま・・・・ »

誉田 哲也 『武士道セブンティーン』

武士道セブンティーン

著者:誉田 哲也

武士道セブンティーン   読んだきっかけ:『武士道シックスティーン』を読んで面白かったので

 感想:いやぁ、爽やか!痛快!!
この爽快感は第1巻『シックスティーン』以上

スポーツでも勉強でもなんでもそうだけど
結果を出す過程で、その道についての能力向上だけでなく
人間的にも成長できる
”人生生涯学習”の時代
人は死ぬまで向上できる、成長できる、とは思うけれど
青春時代はそれが一番わかりやすい時期なんじゃないかなぁ。。。。


武者の生業は戦い
武士は戦いを収めることを生業とする

『シックスティーン』では、”殺人刀(せつにんとう)”と”活人剣(かつじんけん)”の違いの話が沁みたんだけど
この巻では、この武者と武士との違い
いいなぁ、カッコ良いなぁ
そうそう
アタシも高校時代からずっと、剣道とか柔道とか、とにかく『道』のつくものは
スポーツじゃなくて修行、術、なのだと思っていた
ただ、相手に勝てば良いのではなく
勝つべき相手は己、己に打ち克ち相手を活かす試合ができたか
そういう『道』に精進している者は
背筋がピンと伸びて凛としていて、どこか佇まいが違う・・・・と
とっても憧れるけれど、だけど基本ヘタレなアタシには究めるべくもない道(だから、合気道も結局尻すぼみになってしまったし・・・・きちんと先生にご挨拶をして”ケジメ”をつけて空手道を辞めたチビには「おかーさん、それって一番卑怯なんちゃうん?」と詰られたのだけれど、仰る通り!!!)

香織ちゃん、強すぎます
カッコ良すぎます
『シックスティーン』の時から、この少々アクが強すぎるお嬢さん、かなり気に入ってたんだけど
ますます惚れ込みました!

おすすめポイント:
スカーっとした気分になりたいときにどうぞ
個人的には、シックスティーンから読まれることをオススメしますが。。。。
これだけ読んでも充分に話はわかるし、楽しめますww

« 歌舞伎鑑賞教室 | トップページ | あらま・・・・ »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌舞伎鑑賞教室 | トップページ | あらま・・・・ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気