« 二人三脚 | トップページ | 一日好日 »

ささやかな喜び~勇気をくれる言葉~

午後のお仕事の職場で、一人で準備をしていると
通りかかった方が
「あ、華音親分、そんなご準備までお一人でされてるんですか?お手伝いします!」と手伝ってくださった
”これがアタシの仕事”と思っていることだったので、恐縮だったけれど、ありがとうございます・・・と一緒にセッティングしていると
どうも、アタシがメインのお仕事で関わったクライアントだったようで
アタシは派遣的な立場なので、クライアントと直接に関わることはなかったのだけれど
「華音さんにお会いしてから、”出会い”って大切だなぁ・・・って実感してるんです。うちの一番上の子分が○○大嫌いになりかけてたんですけど、ちょうどそんな時に華音親分にみていただいて・・・・。わかるようになった、面白い・・・って言うようになって、今中2ですけど、嫌いにならずに頑張ってるみたいです」と仰ってくださった
「アタシも上の子、○○苦手で・・・・。エラい苦労したので、だぁ~~っとは流せないんですよね・・」と言うと
「やっぱりそうやってお子さんと一緒に歩まれていらっしゃるから、良くわかってくださってて・・・・。頭から”こんなこともわからんのか!???”って感じで言われると萎縮しちゃいますものね。本当にあの出会いはありがたかったです」
そう言っていただいて、こちらこそ、ものすごく幸せな気分♪

勿論、社交辞令がかなり入っている、ということを差し引いても
子分ちゃんが、アタシと関わった時間を、少なくとも”嫌だ”とか”苦痛だ”とか思わずにいてくれたこと、少しでも子分ちゃんのプラスのお手伝いができたこと、を聞かせていただくのはとても励みになる

アタシ自身、初めての子育てのおネエは、未熟だったり欠けていたりするところが人一倍目立つ子で、予想もしていなかった苦悩もあったり、たくさんの方に助けてもいただいたけれど
この鈍感さのせいか”この出会いがあったから”という感動を体感したことはなく、だから、そんな言葉をいただけるとすごく新鮮で、深く心が震える
母親として、悩みや不安も深かったけれど、その分、下のチビの子育てにはすごく大らかに向き合うことができたし、何よりもおネエとの歩みが、職業人としてのアタシを随分鍛え、育ててくれた・・・と実感することは多い


プラスの言葉は、絶対に人を感動させる
そんな言葉を気負いも衒いもなくさらりと相手に伝えられる素直な方ってひととして素晴らしい・・・と思い、憧れる
プラスの感情は、子どもにであれ大人にであれ、ちゃんと言葉にして、具体的に、相手に伝えるべきだ!とアタシは思う
だから、子ども達がお世話になった方には、本当にありがたい、と思った気持ちは具体的にきちんとお伝えするように心がけている
逆に、マイナス感情は相手に直接伝えずとも、あちこちで表出していると、必ず相手に空気が伝わり、お互いにとってプラスなコトなど何一つない
マイナス感情を”自浄”するトレーニングも必要だよね!


「(補佐であるはず(?とはアタシは採用の契約の時には聞いてないんですけど・・・)の華音さんが基幹業務にかかわり、その結果)正規の私たちと、クライアントからの業務評価に差があるのはよくない」と
今年度一緒にチームを組んでいる正規親分達はアタシが本来業務に関わるのを嫌われて、この春からはアタシは補助業務しか頂いていないけれど
その分、時間に余裕はできたし、見えてくることも多いし、今こそ”吸収”の時
つまんない、と腐ってないで、アタシができること、与えられたことを誠実にやる中で、ちゃんと伝わるものもあるだろうし(それは、子分ちゃんたちの反応がなにより雄弁に語ってくれる)
日々の仕事を丁寧に積み上げていこう!と思った昼下がりでした

« 二人三脚 | トップページ | 一日好日 »

華音の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二人三脚 | トップページ | 一日好日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気