« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

セルジュ・ミッシェル 『アフリカを食い荒らす中国』

514zqdyopsl__sl500_aa300_ 民主化、グッドガバナンスと引き換えに支援をする(裏を返せば、それが遵守されなければ支援を打ち切る)という、西欧諸国の教条的、盟主国支配的な援助や
本国のオフィスから電話で現地詰め所の現地人監督に電話で指示をする西欧諸国の企業とは違い
内政に不干渉、現地に現場監督は勿論、多数の中国人労働者を投与し、現地の食べ物は食べず、現地で中国野菜を作り、あるいは中国食品・製品を多量に持ち込み、現地に巨大なチャイナコミュニティを築き、巨大なインフラを次々に完成させ、
”我々の支援はWin &Winの支援だ”という中国政府や中国企業の実態とアフリカの現状を伝える、フランス人によるルポ

タイトルで予想されるほど、中国批判でもないが
この”ウィンウィン”のWin(勝ち)は、一体誰のものなのか?
という疑問を充分に喚起してくれる

アフリカで《合法的な政府》とは何を意味するのだろうか。暴力によって権力の座につき、恐怖政治によってその地位にしがみつく国家首脳は、合法的なのだろうか。

国を私物化する支配者、ある利益集団を権力によって庇護する専制的支配者、ひとつの種族あるいは民族で国を治めようとする部族長的支配者
これらの”アフリカ的”な指導者と、いついかなる時にもいずこに於いてもチャイナスタイルを貫き、”利益”の為には相手も手段も選ばぬ”中国的”な思想とが、面白いくらいマッチするのだろうな・・・・ということは、わかるのだけれど。。。。

アフリカの混乱と理不尽な殺戮は、いつ果てるとも知れない
それを解決するには、何から手をつけるべきなのだろう?
国連は?世界の人々の良識は?目は?声は?

ビックリしたなぁ、もぅ!

スーパーに買い物に行った
駐車場から店舗入り口に向かっていると、店舗のほうから大きな買い物袋を下げた女性と、その女性とつかず離れずの距離に”人間独楽”よろしく、クルクルと回りながら進んでくる、幼稚園児と想われる年代の男の子
子どもの動きは予想外な上に周りを全然気にしていない”人間独楽”ゆえ、その子の進路を注意深く見守りながら歩いていると、案の定その子は回転スピードもそのままにアタシの方に接近してきて、すんでのところでニアミス状態のときにアタシが身をかわし衝突回避
ほっ!

・・・・と、その直後に
「○○(たぶんその男の子の名前)、車そっちちゃう!」と買い物袋を持った女性
えっ???やっぱり、おかーさんだったの?
最初に観た時に、親子だな、と思ったのはアタシの思い込みな状況判断だったかな・・・・と、思いを改めたところだったんだけど・・・・
「え~~?あの人親だったんだ!!観てたんだったらもっと早くに注意しろよ!」とぶつぶつ言ってると
「いやぁ、人とぶつかったって大したことないと想ってるから何にも言わんのやろ。車やったらきっと注意してるで。それとも、あんたちっこ過ぎて見えんかったんか?」とツレアイ
いやいやいやいや、それはないやろ!身長はともかく、この肉の塊が目に入らぬか!!!
「あれでも親?」なおもぶつぶつ・・・・
「ほとんど、とは言わんけど、ああいう親別に珍しくもないやろ。いや、私らは先に注意するけどな。多いと思うで、ああいう状況で子どもに注意せん親」と冷静なツレアイ

相手がナントカしてくれる・・・という発想に関しては、
近頃の若い人は・・・とは言えない
車に乗っていると、住宅街の幹線道路でも”対向車が避けてくれる”と言わんばかりに道のど真ん中を走っていたりcar、右折の時に小回りだったり、逆に左折の時に大きく膨らんで回ってきてヒヤリとさせられる車の運転手はオバサンだったり爺さんだったりすることが多いし・・・・gawk


ビックリが収まらないままに買い物を始めると、
鮮魚売り場で熱心に品定めをしていたツレアイが、方向転換しようとする時に、子ども用のカートを押した足元も不安定そうな未就園児くらいの男の子とぶつかりそうになった
とっさにアタシが「あかん!そこ」と声に出す、と同時に、近くで携帯で話していた若い男性が「○○くん、こっち。すいません」と
おや、まぁ、パパだったんですね
またまた、ビックリしたな、もう!
何かのクラブのユニフォームのようなTシャツを着たおにぃちゃんは、とても子持ちどころか既婚者にも見えませんでしたわsweat01(イヤ、単に子守りを頼まれた身内の人かもしれないか・・・・)
とっさに反応するところが若さであり、こちらへ「すみません」の一言が出るあたり、先ほどの女性より、悔しいけれど、男性の方が社会性がある、っていうことなのかしら???


”近頃の”若い親は・・・とは言えない
本当に子どもって、周りが見えていないし、動きは予測不可能
歩き始めたばかりで足元の覚束ないチビの手を引いて、カートを押しながら「ちゃんとついてきてね」とおネエに声を掛けて買い物をしていた頃
つい商品の品定めに夢中になっていると、いつのまにか勝手に進んで行ってアタシを見失い、「かぁちゃん、かぁちゃん!」と泣き喚きながら店内を走り回るおネエを、大声で呼ぶわけにも行かず、走ると転びそうなチビを引き摺るようにして追いかけると、すでにお店の方に”捕獲”されていて「お名前は?」などと訊いていただいているところへ「すいません、うちの子ですsweat02」と恐縮して引き取ったことなど数知れず
子どもは口で言い聞かせても、その通りには動かない
手を引いていたくても、それができない場合もある、ことは経験上理解できる

けど、、、、、、
やっぱり、今日の2件は”ビックリ”でした
「子ども殺す親がおるねんから、子どもの安全に注力できない親なんかいたって全然おかしないやろ」とツレアイは言うんだけど・・・・なんだか、なぁ

庭仕事

4月の発表会が終わってから、ピアノで練習している『雨の庭』は未だに雑音がはびこり、たまに練習するとツレアイから「うわぁ、脳内環境破壊音楽だ!」と苦言を呈されているのですが
『我が家の庭』も同じく、雑草がはびこり、ものすごい環境汚染状態

今日みたいな日は庭仕事日和!!!!と、おネエが”陰キャ(引き篭もり傾向のあるキャラのことらしい)”と呼ぶツレアイを連れ出すことに何とか成功

Dsc06328_2  草引きのような地道な仕事を嫌いそそくさと剪定鋏を取り出した彼には庭木の剪定をお任せし、アタシは目に余る雑草と格闘をば!Dsc06329 
日当たりの良い表の芝生にはアタシの好きなニワセキショウがハルジオンやチチコグサ、ハハコグサやキムクグラそして猛々しくてにっくきオオバコや雲のようにもやもやとした白っぽい小穂が鬱陶しいカヤツリグサの仲間(コアゼテンツキ!??)などの雑草に混じって群生しているので、一網打尽にジェノサイドするにはしのびなく、根元まで辿ってちまちまと抜く作業
ガレージの後ろと裏庭は日当たりが悪いので、生命力旺盛な雑草ばかりはびこっているので、とにかく根こそぎむしりまくり!!!
途中でツレアイは”裏のオッチャン(去年の夏だかに、うちの裏庭に面した土地を整地して畑にされた方がいらして、そりゃぁもう、その土地にご執心で、雨さえ降らなければ毎日やってきてなんだかんだと”活動”なさっている。裏庭に物干し竿を出し、勝手口の周囲にゴミバケツを置いている都合上、ゴミを出したり、洗濯を干したり取り入れたりするたびにそのオジサンと顔を合わすことになる)がやってきた”と引っ込んでしまった
アタシだってオッチャン苦手(別に悪い方ではなく、人の良さそうな方ダケド、それでも、毎日毎日顔合わせて、話題もないでしょう・・・)だけど、乗りかかった船、にっくき雑草を一網打尽にするまでは・・・・と頑張ってたら、さすがに腰が痛くなりましたweep
いやぁ、無理はできんわcrying

梅雨前の今はまだ、蚊の発生も大したことなく(でも、耳元にプゥ~~ンとあの不快な羽音pout虫除けスプレーとムヒは必携でした)まだ”苦行”というほどではない”良い運動”でしたが、これからしばらく
目を瞑ってしまえばたちどころに”廃屋の庭”と化してしまう雑草の生命力とのおっかけっこがはじまります・・・・・・ヤレヤレbearing

一日好日

恒例の娘たちのピアノ発表会Photo_2 
朝からとても良いお天気で、気持ちもupup 
毎年チビの中学の試験が終わった週末、なのだけれど、中3の今年は中学のスケジュールがずれ込んで、テスト直前の発表会となった
一時期は難色を示していたチビも「出るのは出る!」ということで、リハも一番最後にしてもらい、教科書やノートを持ち込んでのなんとも集中力に欠ける発表会catface

おネエがヤマハの幼児教室でお世話になり、それ以後、ヤマハを辞めて今の個人レッスンに移ってからもずっと家族ぐるみで仲良くしていただき、子ども達は”お姉さん”のように慕い、アタシは”年の離れた妹”みたいに親しくさせていただいているエレクトーン講師のお友達が”ゆっこちゃん最後の発表会だから”とお花を持って応援に駆けつけてくださり、ランチご一緒にできたことで、子ども達も随分気持ちに余裕ができた様子
本当に、この子達はたくさんの素敵な人たちに見守ってもらえていて、幸せだwww

おネエは、”大学に入ったらピアノ続ける時間があるかどうかわからない”し、第一うちから通える大学に入学できるのかどうかも未定・・・なので、取り敢えずは今回が一応の”最後の発表会”
なので、連弾はアタシとブラームスの『ワルツ 1番・15番』
ソロはドビュッシーの『夢想』 (このブログは動画はUPできないので、別のところにおネエのソロの演奏の動画はUPしてあります。もし、ご興味おアリの方はご連絡ください。アクセス法をお知らせいたしますbleah

この子はこういうふんわりとした曲想のものが好きなのか、練習の時からおネエが弾いているこの曲を聴くと、森の中の木洩れ日を見上げて光が無限に広がってゆくようなイメージ(ちょうど上の写真の自宅出窓からの眺めのような・・・・)が膨らむような弾き方をしていたshine
大きなミスも無く、「有終の美」を飾るに相応しい演奏だったのではないか・・・と親バカ二人happy02
(チビの弾いたショパンの『ポロネーズ OP26-2』も録画したのだけれど、5分以上の動画はアップロードできませんでしたcoldsweats02
あまりに長いので、”この子、もしかしてリフレインするフレーズ間違えて、何度も同じループに入ってる??”とやきもきし、帰りのrvcarでチビに訊いたところ
「ちゃうで~、あれ、もともとすごい長いねん。アタシも弾きながら”あ~~、みんなもう退屈してるやろなぁ・・・”と思っててん。家で練習する時はおんなじフレーズの繰り返しのところは端折って練習しててん」とのこと
アタシ自身がこの曲を弾いたことがないし、楽譜にも目を通していないのでチビの言うことを信じるだけですが。。。。
それでも、祖国想う”ZAL(Zの上に・)”の感情は所々滲ませながら弾けていたのではないかいな??と、これまたいい加減で欲目に満ちたアナライズしかできない曲想音痴のバカ親っぷりcoldsweats01

おネエがトリを勤めたピアノの独奏の発表が終わると、一昨年までこの発表会に出ていて今音大のトロンボーン専攻2回生の、おネエの幼馴染みのお嬢さんが、お友達と賛助演奏
10年程前には、休憩時間にはうちの子達と一緒にロビーを走り回っていたおチビさんだったのに、お友達とお揃いのパンツスーツで現れた彼女はお化粧も板についた華やかな音大生
自分達で組んだプログラムと途中のMCも素晴らしく、オバチャン聴きながらウルっときてしまいました

帰るとチビが先日受けた模試の結果が届いていました
自己採点で打ちのめされていたチビは、絶対に自分で見終わるまで見せてはくれなかったけれど
「あ~~、今回、平均点メチャ低かった。ラッキーやった~~~happy01
気にしていた(彼女なりの)”落としたくないランク”は死守!
修学旅行直後で準備不足の上、突発性の耳鳴りという平常とは違ったハンディを抱えつつ、よく頑張った!
これで、明日提出の第一回の志望校調査用紙も、曇りない気持ちで出せるねww


毎年発表会の後は”お疲れさん会”と称して、家族でささやかな外食をするのだけれど
今年はチビが明後日から中間試験でゆっくり外食する気持ちの余裕もないし、ツレアイも家庭教師があるので
家庭教師に出掛けているツレアイには申し訳ないけれど、お先におうちお鍋(ここのところ「今、5月の末ですけど~~~!???」と嘆きたくなるくらい”寒い”日が続く・・・ので)

46343841_1838617662 細切りにしたネギ、白菜、にんじん、もやし、えのきなどの野菜をおだしで煮て、しゃぶしゃぶしたお肉で巻いていただく
お腹いっぱい美味しく頂いた後
「これって、きん○た(しゃぶしゃぶ専門のファミレス)の匂いがすんねんけど」と子ども達
はい、正解!!!
そうだよ~~、お店に食べに行って、ただ”美味しかったね~~~”では能がない!
経済力弱い非セレブ主婦は、お金は使っても、それだけでは済ません!
お味や工夫を盗んで、うちで再現できるものは再現する、これが主婦の外食法よんww 


頑張って働いて帰ったとーちゃんも、お野菜たっぷり、美味しくたくさん食べてくれると良いなぁwww

ささやかな喜び~勇気をくれる言葉~

午後のお仕事の職場で、一人で準備をしていると
通りかかった方が
「あ、華音親分、そんなご準備までお一人でされてるんですか?お手伝いします!」と手伝ってくださった
”これがアタシの仕事”と思っていることだったので、恐縮だったけれど、ありがとうございます・・・と一緒にセッティングしていると
どうも、アタシがメインのお仕事で関わったクライアントだったようで
アタシは派遣的な立場なので、クライアントと直接に関わることはなかったのだけれど
「華音さんにお会いしてから、”出会い”って大切だなぁ・・・って実感してるんです。うちの一番上の子分が○○大嫌いになりかけてたんですけど、ちょうどそんな時に華音親分にみていただいて・・・・。わかるようになった、面白い・・・って言うようになって、今中2ですけど、嫌いにならずに頑張ってるみたいです」と仰ってくださった
「アタシも上の子、○○苦手で・・・・。エラい苦労したので、だぁ~~っとは流せないんですよね・・」と言うと
「やっぱりそうやってお子さんと一緒に歩まれていらっしゃるから、良くわかってくださってて・・・・。頭から”こんなこともわからんのか!???”って感じで言われると萎縮しちゃいますものね。本当にあの出会いはありがたかったです」
そう言っていただいて、こちらこそ、ものすごく幸せな気分♪

勿論、社交辞令がかなり入っている、ということを差し引いても
子分ちゃんが、アタシと関わった時間を、少なくとも”嫌だ”とか”苦痛だ”とか思わずにいてくれたこと、少しでも子分ちゃんのプラスのお手伝いができたこと、を聞かせていただくのはとても励みになる

アタシ自身、初めての子育てのおネエは、未熟だったり欠けていたりするところが人一倍目立つ子で、予想もしていなかった苦悩もあったり、たくさんの方に助けてもいただいたけれど
この鈍感さのせいか”この出会いがあったから”という感動を体感したことはなく、だから、そんな言葉をいただけるとすごく新鮮で、深く心が震える
母親として、悩みや不安も深かったけれど、その分、下のチビの子育てにはすごく大らかに向き合うことができたし、何よりもおネエとの歩みが、職業人としてのアタシを随分鍛え、育ててくれた・・・と実感することは多い


プラスの言葉は、絶対に人を感動させる
そんな言葉を気負いも衒いもなくさらりと相手に伝えられる素直な方ってひととして素晴らしい・・・と思い、憧れる
プラスの感情は、子どもにであれ大人にであれ、ちゃんと言葉にして、具体的に、相手に伝えるべきだ!とアタシは思う
だから、子ども達がお世話になった方には、本当にありがたい、と思った気持ちは具体的にきちんとお伝えするように心がけている
逆に、マイナス感情は相手に直接伝えずとも、あちこちで表出していると、必ず相手に空気が伝わり、お互いにとってプラスなコトなど何一つない
マイナス感情を”自浄”するトレーニングも必要だよね!


「(補佐であるはず(?とはアタシは採用の契約の時には聞いてないんですけど・・・)の華音さんが基幹業務にかかわり、その結果)正規の私たちと、クライアントからの業務評価に差があるのはよくない」と
今年度一緒にチームを組んでいる正規親分達はアタシが本来業務に関わるのを嫌われて、この春からはアタシは補助業務しか頂いていないけれど
その分、時間に余裕はできたし、見えてくることも多いし、今こそ”吸収”の時
つまんない、と腐ってないで、アタシができること、与えられたことを誠実にやる中で、ちゃんと伝わるものもあるだろうし(それは、子分ちゃんたちの反応がなにより雄弁に語ってくれる)
日々の仕事を丁寧に積み上げていこう!と思った昼下がりでした

二人三脚

昨日の体育大会のおネエの出場競技のこと、ではアリマセン

今日は午前中の仕事を終えたら
「ちょっと夏用の服でも見に行かない?」というツレアイと待ち合わせて近くのショッピングモールでウィンドウショッピング
二人とも、これ!といって気に入るものがなかったので”観ただけ~~”で帰ってきて、試験前で部活がないチビが帰ってくるまでおうちお茶cafe

夕方からの自宅でのお仕事前に夕食の下拵えだけしたら
チビの耳鼻科の受診hospitalはツレアイが連れて行ってくれました
うちに来ているチビちゃんが、今日は試験前で居残り勉強していたらしく少し遅れてきたので、終わりの時間もずれ込んで少し遅くなってしまったけれど
ツレアイが下味付けたあじにかたくり粉もまぶしておいてくれ、耳鼻科の帰りにちょっと買い足しもしてくれたので
終わったら、そぼろあんを作って、長いもを叩き、叩き梅干しと梅びしおと合わせた和え衣を作っている間に、ツレアイが茄子を揚げ、あじを揚げてくれて、おネエが帰ってきて30分以内には
定番の野菜スープと揚げ茄子の鶏そぼろ餡かけ、あじのたたき梅長いも添え、カボチャの煮付け、生春巻きサラダの夕食が整いました

フルタイムで働き、家事も一手に引き受け、子育ての様々な決断も一人でこなした上に、自分磨きにも手を抜かないスーパーウーマンも少なくない昨今
パートタイムの仕事に、自宅での仕事をプラスしただけで
まだまだ家計のすべてを担うに至らないのに
子どものことについては勿論すべて相談し、意見や決断を仰ぎ
更に家事の大部分も手伝ってもらっているアタシは
まさに”二人三脚”でなければ人生を漕ぎ渡ってはいけないcoldsweats02

華音さんちってご夫婦仲良くて素敵ですね
お父さんが協力的なお宅って、お子さんが上手に育ってらっしゃるなぁ・・という印象を持ちます
よくそう言っていだだきます
単にアタシにチカラがなくて、あれこれとても一人でこなせない結果なのだけど
そんな風に観ていただいているなんて、ありがたいです
秀でた能力はさておき、何はともあれ健康で
気持ちだけは真っ直ぐに伸び伸びと育ってくれている娘達と
本当にすべてのことにおいて協力的なツレアイとがいなければ
アタシの存在価値なんてこれっぽっちもありません。。。。

久々、今日のアタシ

有休をいただいて、おネエの体育大会を見に行きました
高校生活最後の体育大会だし、もう彼女に関して”学校行事”に関わることは残りいくつもないので。。。。
1年生のときは初めてのことなので、珍しさも手伝って観に行ったので、今回二度目
陸上競技場を借り切ってやるのだけど、まぁ、高校の体育大会ってこんなもんなのね・・・・というラフさ
ま、アタシ達の頃もそうだったわなぁwww
でも、保護者用に用意された席に収まりきらず、生徒席の通路にまではみ出している(アタシ達もそうだったんだけど・・・・)ギャラリーの多さ、男性比率(プーたろーのツレアイも勿論行ったけど)にはやはりビックリ!
田舎だからか、親御さんの力の入れようが昔とは違っているのか
アタシの高校のときの体育大会なんて、うちの親、観に来たことありませんもんcoldsweats01


午後は自宅でのお仕事があったので、おネエにクラスのみんなの分のおやつの差し入れだけして、午後のおネエの出番は観ずに
途中、久々にツレアイと二人でランチデートして帰宅lovely



そして、午後は子分ちゃんとの時間
お母さんの真摯な姿勢に心打たれる
過剰、っていうのと真摯っていうのは、外見ちょっと似てるケド
でも、全然違うのね
無関心や放任、諦めと同じくらい、過保護、過期待、カン違いは子どもをダメにするけれど 子どもの実態を冷静に見つめる弁えのある真摯さって、絶対に子どもを潰すことはないって、確信します


そして、子分ちゃん帰宅の後は、少し練習をしてピアノのレッスンnote
今日は先生んちで、今週末の発表会のプログラムの作成についてしばしパソコンpcと格闘していたので、レッスンは短かめ
練習量が足りないと如実にレッスンに響くねbearing

帰ったら、友人から関フィルのコンサートのお誘い
妹からは誘っていたバス旅行と蛍能への参加の確認
来月、再来月もいろいろと楽しいイベントがありそうww

ひとつひとつを楽しむために
確かな取捨選択をしながら
日々を誠実に過ごしましょうww

イッポン!

この春に頼まれて、断りきれずにお請けし、今週から始めた自宅でのお仕事
来週分の準備のアルファベットのカードを作りながら
「こんなこと、我が子にもしてやったことなかったなぁ・・・」と言ってると
「それが、仕事ってもんでしょう」とチビ

「・・・・・・・・・・」
いやぁ、そりゃぁ、そーなんだけどねsweat01

いついかなる時も沈着冷静
簡潔にして的を射た次女の言葉にknockoutされるアタシですbearing

堤 未果 『ルポ貧困大国アメリカ Ⅱ』

ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)

著者:堤 未果

ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)  買ったきっかけ: ルポⅠ(http://kanon1211sukefuji.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-8e00.html)を読み、プライムローンの破綻、リーマンショックで顕在化した現代アメリカの病が、政権交代(多くのアメリカ国民が期待したオバマ政権)してどう変わったのか、興味があったので

感想: アメリカで暮らしている友人家族の様子からは、このルポで描かれているような”酷い現状”は感じられないけれど
それくらい、”格差”が大きくなっている・・・ということなのだろうな


  >「初めから進学を視野に入れていない貧困層とはちがって(中略)中流層は、大学進学を当たり前のことだと思っている。その上何度も改正されて非常に複雑になっているローンシステムを親子揃って理解していない。労働市場の急激な変化に頭がついていかず、自分たちはマクドナルドで働く高卒の人々とは違うという自尊心を持っている。学位さえあれば社会に出てから望む仕事に就けるという幻想を今も抱いている人々は、金融機関にとっては高利の借り手として最高のカモ」

なんという恐ろしい、だけど、確実にわが国にも忍び寄っている構造ではないのか???


>「いったい若者の未来より高齢者の晩年に投資する国に、未来はあるか」
    高齢化の進むわが国でも早晩同じようなことが表面化するのではないか???

安定した財源なき『子ども手当て』は眼前に迫った総選挙への”票獲り策”であって、どれくらい今を生きる”子どもの為”になるのか、子育て世代には確かにありがたいが、いずれこのツケは、子ども達が背負わされることになるのではないのか??

子どもの教育にほとんどお金の掛からない義務教育期間終了までの子ども達に投資することよりも、”今”就職できない、あるいはワーキングプアの若者たちの救済に投資することの方が先決ではないのか???
などと思ってはいても“頂けるものは頂戴しよう”と思ってしまうさもしい庶民ではあるけれど、少なくとも選挙で投じる1票は”何をくれるか”ではなく”どんなビジョンを持って、それを実現できるか””いかにお金にクリーンな政党あるいは個人であるか”を着眼点にしたいと思う


>「問題はこの国の国民が恐怖にコントロールされ続けていること。国民は「テロとの戦い」というキーワードにあおられて、膨れ上がる軍事予算と戦線拡大を黙認し、次々に現れる病気への恐怖から薬づけになり医療破産している。学位がないとワーキングプアになると思い込まされ、法外な学費をはらうために高利で借金をする。(ホームレスになり刑務所に入ったあとも、さらなる借金スパイラルが追いかけてくる、といった具合)」

社会の仕組み(=制度)が大きく違う部分もあるけれど、今の日本は間違いなくアメリカの”後追い”をしている
上記の指摘の中に、( )内の部分までは社会問題化してはいないけれど、その前の部分では、わが国のことを言っているのではないか?と錯覚してしまう言葉も多くはないか???

わが国は、アメリカほど社会主義化、共産化を嫌悪してはいないかもしれないけれど、間違いなく北欧のような”福祉国家”ではなく、アメリカ型の”重資本主義””自己責任”路線を歩んでいるのではないか

命(不戦や医療)と教育からは国家が手を引いてはいけない、のだと思う


>「国民から集めた税金を、みなが安心して暮らせるように予算配分するのは政治家の仕事。機能しないから民間に○投げすると言うのなら、高給取りの政治家など要らない」というのは、本当にその通り!!!!

政治家は片手間に政治をやっていれば良いのではないし、自分の貰っている”高給”の重みを”献金”の重みよりももっと痛切に感じる繊細さを喪ってはならない

他山の石、にできれば良いのだけれど・・・・
政治家がこういう実態に対して、真剣に眼を開いてくれるのならば、おネエが進みたい、と言っている”社会学”も棄てたものじゃないな・・・と思う

向き不向き

あると思います!

時間の使い方、お金の使い方の価値観
人それぞれで、アタシが何を大切にするかはアタシが決めれば良いし
人と無理してあわせる必要もなければ、人に何かを言われることにオタオタしなくても良いwink


昨日は朝、チビを模試会場まで送って帰ってしばらくのんびりしてから
ヨガスタジオへ!
昨日のアンチエイジングのクラスはあっこ先生のレッスン
週末に結婚式を控えられたあっこ先生
いつもと変わらぬ明るく落ち着いたレッスン
”平常心”って大事だなぁ・・・と
「人はどうしても過去のことや未来のことに心を持っていかれるけれど、ヨガでは”今”を繋ぎとめることを大切にします。”今”の自分の状態に穏やかに向き合ってください」と仰るあっこ先生のお言葉にすご~く納得!
帰りに「結婚式、楽しんでくださいねheart04 アタシ、今月初めにお友達の結婚式参加したんだけど、やっぱり結婚式って良いですよね、素敵でした。。。」とお話してスタジオを後にした
次にあっこ先生に会えるときには、あっこ先生ハワイでの素敵なウェディングringを終えられた後airplane。。。。
楽しみですwww


ヨガのレッスンの後は、お友達と落ち合ってミスドでランチの後、フラメンコの発表会のお手伝い
”一流”を自認していらっしゃる先生の主宰される、会場、歌い手さん、伴奏者を曰く一流で固められた発表会
舞台で輝くshine人は少なくない
でもやっぱり”素人”は”素人”
お金とるようなもんじゃない
アタシは”アタシを見て!”とアタシを前面に押し出し、俯かずに顎を上げ胸を張る、そういう姿勢はやっぱり苦手で。。。。。(これは踊りに限らず、どんなお稽古事でも”表現”しようとすることには不向きな性格sweat02)
そして、未熟なものをお金をとって見せる、ということには更に強い違和感(これまでのピアノやフルートの発表会は勿論入場無料)
あの晴れがましい舞台に自分が立つということが、どうしてもイメージできない

2時からの発表会のために8時半に楽屋入りして何度もメイクのやり直しして着飾るよりも
子どもを模試会場に送っていくことを優先したいし
(例年のピアノの発表会は朝の自治会の掃除を済ませてからでも充分に間に合いますgood
お稽古事にはなんだってお金が掛かるdollarっていうのは定石だけど
やはり”踊り”に掛かるお金はハンパでなく
発表会の参加費はピアノの発表会(勿論入場料は取らない)の倍以上だし
衣装もピンキリとはいえ、ちょっとアタシには贅沢に過ぎる
ちょうど、お茶はお着物着るのが魅力だし、愉しみでもあるけれど、そこにお金を掛けるのはだんだんしんどくなるのとおんなじ感じ
フラメンコ、観るのは素敵だし、ただ愉しみに踊るのは良いのだけれど
ここを目指せ、と言われると
やっぱちょっとアタシには辛いかなcrying
仲間との打ち上げよりは
模試を頑張ったチビと大きな試験を終えたツレアイの打ち上げと、これから定期試験に臨むおネエの壮行会を兼ねた久々の家族での外食の方を選びたい

・・・・と、いうわけでImage179

陰陽師のしるし、ではありません   →→→

Photo      前菜も選べる豚しゃぶ食べ放題!
Photo ← ぷるぷるコラーゲン入れたお出汁は飲み干す勢いの女性陣

デザートも食べ放題に入ってて大満足!Photo_2

あ~~~、やっぱアタシは”小市民”だわbleah

エドウィージ・ダンティカ 『愛するものたちへ、別れのとき』

愛するものたちへ、別れのとき

著者:エドウィージ・ダンティカ,Edwidge Danticat

愛するものたちへ、別れのとき  買ったきっかけ:新聞の書評を見て

  感想:
この度地震で大きな被害を受けた、ハイチという国
アタシはあまりにもこの国のことを、知らなかった・・・・

これは小説?というより、著者の半自伝的エッセイか。
ハイチという国の歴史や現状
そして、アメリカという国を、アメリカからの発信でない視点で
知ることのできる、貴重な”現代史”ともいえる

どこの国のどんな街にも
信念を持ち、無名であっても、一生懸命に生き、死んでゆく人たちがいる
当たり前のことだけど、つい、眩く目に留まり易いものに幻惑されて見落としがちなことに気付かせてくれる

普通の人の当たり前の幸せや、苦難に満ちた生活を
ありのままに描いているというだけなのに、惹き込まれてしまい
己の無知を恥じた
筆力のある筆者の他の作品も読んでみたくなった

おすすめポイント:
タイトルそのままに、身近な人たちへの温かい思いと、愛惜の情が溢れる一冊
家族を愛するすべての人に。。。。

チビ帰る

2泊3日の修学旅行bullettrainからチビが帰って来ました

出発前日に不調を訴えて受診すると「ちょっと無理はできません。できれば安静に。寝不足は絶対にダメ」という診断 滅多に風邪もひかず、お医者様にはずっと縁遠かったのに
よりによって、こんな時に・・・・・

命にかかわることではないけれど、訴えていた症状から「もしや?」と素人判断で危惧していたのがまさかのBINGO!な診断
診断が遅れたり、不養生でこじらせると身体機能の一部を欠損する
でも、ずっと楽しみにしていた修学旅行だし、”大事をとって行かせない”っていうのも酷な話
ツレアイはチビの出発日と同じくして大事な試験
とても相談なんてできない・・・・・と、言うわけで
チビに「あなたのからだに関わることだからね。もし悪化すると大変なことになるからね。ハジけたいだろうと思うけど、ほどほどにね。夜は夜更かしせずに早めに寝るんだよ。お薬は絶対に飲み忘れないでね」と懇々と言い含め、送り出した

それから丸2日
「もう寝たかな?」「倒れてないかな?」「疲れが溜まってないかな?」ずっと気になり
夕飯の席では、たった一人いないだけなのに大きな喪失感

気になって、今日は夕方の仕事から帰ってすぐにもう帰ってくるかと迎えに出ると、元気にお友達とおしゃべりしながらキャリーケースを引き摺って帰ってくる姿を見て一安心

また、予約していた病院でも、検査の結果が良くなっていて、さらに深~く安心
まだしばらく投薬治療が続き、症状が安定するまでは”なるべく安静”で経過観察、とのことだけど、旅先で大過なかったことに感謝!!Dsc06281_2  

Dsc06282 部活の後輩達や、両方のおじいちゃん達、ピアノの先生にもお土産
おネエと自分には原宿で洋服を買ってきた

元気で楽しんで、良い思い出をいっぱい作って帰ってこられたことが
何よりだったね

3日間外食続きだったので、今晩は冷え込んでるし、
仕事の合間に一旦帰って仕込み、チビの大好物のおでんにしました

明後日は模試だけど、今晩は早めにゆっくり休んでもらいましょうww

うふふww

棚ボタ、といいましょうか
濡れ手に粟と言うべきか。。。。。。

この春は目いっぱいお花見楽しんだのだけれど
それに”オマケ”がついてきましたlovely

今日仕事から帰るとポストにチラシやミニコミ紙に混じって
アタシ宛の封書
差出人は「サンケイリビング新聞社」だったので
おっ・・・・ミニコミ紙のプレゼントに応募してたのが何か当たったか???
この厚みのなさは、映画の試写会の招待券か、美術館の特別入場券か???
と、思っていたら、
Image178これ!でした

美しいお花を楽しんで、最近ちょっとコダワリ持ち始めたかなっっていう写真cameraを投稿してお小遣いもらえるなんて、 なんてラッキーなんでしょshine

穏やかな母の日

朝いつもより早く起きて、練習試合に出掛けるチビにお弁当を作り
チビを送り出したら、二度寝

近くのイベントホールで開催されている名画上映会に行くべく
目覚ましで起きると、チビから”母の日メール”loveletterが届いていた

流しを片付けて、映画を見に出掛け、1482654927_94 
昨日は朝8時半から夕方6時半までぶっ続けで模試を受けたため
休みに二日も丸々学校に行く気になれんcoldsweats02bearingと、本日自主休部をしたおネエが好きなそうめんをお昼に作ると
食後におネエがホットケーキを焼いてくれましたlovely
お手紙も添えてくれて、感激!!!!

母の日に、おとーさんと子ども達が力を合わせて食事を作るCMなんか
涎が出そうなくらい羨ましいけれど
多くは望むまいconfident

これからチビを迎えに行って、修学旅行のおやつと今晩のおかずの買い物をしたら
GWの締めくくりの休日も穏やかに終わる

アタシの仕事も明日からサブの仕事が2つ一気に始まるし
職場開放も近いし
来週からは、この春から頼まれて始める、自宅でのお仕事も回り始める

母は健気に強し!

去年の母の日に友人が送ってくれた言葉
本当にその通り!
母が笑顔をなくしたり、健康を損ねたりしたら
家族のみんなが暗い気分になる

さて!明日からもまた、頑張りましょう!!!punch
1482654927_243
追記☆母の日の今日は、GWの最後の週末でもあり、来週からの活力チャージの為、今日のディナーはみんな大好きハンバーグ
今日は、山芋を入れたハンバーグがちょっと焦げちゃったけれど、付け合せのロスティもうまく焼けて、まぁまぁの出来。
これで、みんな明日からまた頑張れるかな!??

堤 未果 『ルポ貧困大国アメリカ』

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)

著者:堤 未果

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)   

読んだきっかけ:新聞の書評欄で見て

感想:報道されざるアメリカの実情がわかりやすく書かれていて
”明日は我が身”と戦慄

経済至上主義、徹底資本主義、効率至上主義の下、掲げられる
小さな政府、民営化の流れ、自己責任のスローガン

そして、それが産み出すものは
格差の増幅、下級層が引き下げる消費意欲や経済の安定感
下級層を切り捨てて、今は浮遊している富裕層も、いつまでその浮遊(富裕)が続くことやら・・・・
土台のシッカリしていないところに、着実な根は下ろせず、大木は育たない

病気になったらおしまい
誰かに縋ったら底なし沼
そんな社会、おかしいに決まっている!

続編も早速図書館にリクエスト

おすすめポイント:
他山の石、にできれば良いのだけれど・・・・
どれだけの人が、「明日は我が身」と危機感を抱くでしょう

『今度は愛妻家』

奈良の老舗の映画館が閉館キャンペーンの時に、観に行きたいな!!と思いつつ時間が合わなくて観られなかった1本(http://www.toei.co.jp/movie/details/1175461_951.html

Aisaika231_67薬師丸ひろ子さん、可愛い、ほんっと可愛いですheart02
そして、トヨエツ演じる、ちゃらんぽらんな子どもみたいなダメ夫が良い!
トヨエツってシリアスな役よりも、葛弁護士とかこの”北見ちゃん”みたいな役がぜぇ~~~~ったいうまいと思うgood
アタシのツレアイは北見ちゃんほどダメダメでもないし、アタシはさくらさんほど可愛くはないけれど、でも、さくらさんの抜けっぷりとか、北見ちゃんの横柄な態度とかさくらさんのあしらい方とか、まんまアタシ達夫婦の日常を観ているようで、中盤までいっぱい笑って観てました


中盤以降、もう、オチは読めているにも拘らず
一つ一つのシーンに、泣けて、泣けて・・・・・・・

「知らなかったよ。私のこと、そんなに好きだなんて」

恋人にでも、家族(伴侶に関わらず、子どもも)にでも
そんな台詞、言わせちゃいけないんだね、きっと・・・・・
”日本人”だから、言わせてしまうことが多いのだろうし
だからこそ、こういう映画が”大人のファンタジー”として成立するんだろうけれど。。。。


観終わった後、あれ?行定さんって『いま、会いにいきます』の監督もなさってたっけ???と思ったけれど違ってた
巧と澪二人をコアにして丁寧に描いた『いま、会い・・・』に比して、
本作は脇を固める石橋蓮司さん演じる文さんや、濱田岳ちゃん水川あさみちゃんカップル(特に岳ちゃん、秀逸!!!)のストーリーも丁寧に描かれていて、さすが!!

昨日も、お友達が「子ども達がそれぞれに自分の時間を持つようになって、夫婦だけの時間が増えるんだから、ダンナと二人の時間の過ごし方、そろそろ考えなきゃダメだね~」「あ~~、今度パパを連れてきてあげよう!」なんてならまち歩きながら仰っていたけれど
誰とであれ、”一緒にいる時間”って本当に大切にしたいな・・・って思いますね

年配の方は「旅行なんて、ダンナと行くより友達と行く方が楽しい」と仰り、定年後のご主人を”濡れ落ち葉”扱いされる方が少なくなく、ご主人が亡くなると生き生きされる奥さんが多いのに比して、奥さんに先立たれると急に元気を失くされる男性も多いようにお見受けするけれど
あの世代の方たちは、結婚=妻が夫の”世話をする”ことであって、人生を一緒にデザインする、とか人生を共に歩む、共に楽しむというスタンスでなかったから、女性が”解放”されたようになるのだろうな・・・・と
でも、アタシ達の世代はもう、そうじゃない
こういう映画が公開されることは大きな意識改革を意味するんだろうな

熟年夫婦だけでなく、結婚生活を送っていたり、これから結婚を考えようって思っていらっしゃるすべてのカップルに観て欲しい作品です

委員仲間

昨日はチビの参観前に
一昨年中学の育友会の専門部でご一緒したお友達と
おうちカフェ

今回は和食でカフェ風に。。。Photo_2
メインのお皿は豚ヒレの梅しそチーズ巻きカツ
小鉢はかに風かまぼこと三つ葉のお浸し
副菜がわかめと筍と高野豆腐の炊き合わせと葱入りだし巻き卵
そしてご飯はツナとみょうがの混ぜご飯

仕事から帰って急いで準備したから、なんだかどれもがちょっとずつピンボケした味(味がしっかり浸みなかったsweat02
和食は下拵えに充分時間の取れるときでなきゃダメですね

食後は珈琲を飲みながら、子どものことを中心に、おしゃべりに夢中になって、危うく「親子進路説明会」の時間を逃すくらいだったけれど
お友達のお車に同乗させてもらって、ご一緒に中学校へ!


そして、今日は幼稚園の時に育友会の本部役員をご一緒したお仲間と
ランチ&ならまち散策
このメンバーで会うのは2年ぶり
メンバー4人のうちお二人が今春お子さん達の高校受験を終えられ、打ち上げも兼ねて
去年中学受験を終えられたお子さんのいらっしゃる方もお二人いらして
今日はまずはそれぞれの子ども達の近況報告
ランチのお店は予約は入れず、いくつか候補を挙げてみんなで合議
結果、奄美大島のおもてなし料理、「鶏飯(けいはん)」の専門店(http://r.tabelog.com/nara/A2901/A290101/29001301/)に行くことに!
メンバーのうちのお一人のご主人のお里が奄美で、そこで鶏飯を食べられたことがあって、とても美味しかった、と仰ったことと、他のメンバーは誰も食べたことがなく、また、奈良だけでなく、奄美以外では初めての専門店だ、ということで。。。。

Photo_3 陽射しが気になる”お年頃”の4人が揃って日傘を差し、ならまちをのんびり歩きながら、目指すお店に到着。
少し汗ばんだ肌に良く効いたクーラーが心地良い店内には島唄が流れ
まずは目に付いたオリオンビールをオーダー
おつまみにはジマミ豆腐(落花生のお豆腐。胡麻豆腐に近いお味と食感)と豚の肉味噌を
お昼からビールいただける幸せに乾杯!!!beer
ビールは少し苦手なアタシも、歩いて乾いた喉に南国のビールはサラっと気持ちが良いww

出てきた鶏飯は、蒸し鶏を裂いたもの、錦糸卵、パパイヤのお漬物、アオサ、葱、シマミカンの皮のみじん切り、焼き海苔を載っけたご飯に、鶏のスープをたっぷりかけていただく
添えられていたわさびは、奄美では使わない、とのことで
1杯目はまずわさび抜きで、2杯目はお好みでわさび使ってみてください・・・とのお店の方のアドヴァイスで、1杯目はさらさらとわさび抜きで
さらっとしているのに、しっかりとしたコクのあるスープがそれぞれの食材に馴染んで、さらりと頂けたのにお腹一杯w
2杯目はご飯少なめにして、残しておいた具材をたっぷり載せて、わさびを少し溶いていただきました
これもまた美味!
胃にやさしくあっさりしているのに、とっても満足なお昼ご飯でしたww

お昼ご飯の後は、また、ならまちをのんびりとあちこち新しくできたお店などを覗きながら散策
お茶は、何軒かオープンカフェを覗いてみたのだけれど、お友達が「美味しいケーキが食べたい!」と仰るので、それでは!!!と、YOGAスタジオのあっこ先生の妹さんの手作りケーキが美味しいお店(http://r.tabelog.com/nara/A2901/A290101/29001412/dtlrvwlst/733912/ 実はこのレビュアーもアタシだったりしますbleah)へ
ほんと~~に隠れ家のような居心地の良いちっちゃなお店なので、4人いけるかな~と思っていたけれど、ちょうど4人席が空いていてLucky!!
オーナーのあゆみさんが覚えていてくださって、これまた感激!!80 

それぞれに、(右上から時計回りに)チョコレートチーズケーキ、アップルパイ、カボチャのプリン、バナナチーズケーキと飲み物をオーダー
おしゃべりしていると、先日このお店に一緒に行ったお友達もお一人でひょっこりやってこられて、残念ながら席がなかったのでご一緒はできず、彼女は断念して帰られたのだけれど、ご自分でもイタリアンレストランやカフェでケーキを焼いていらした彼女もよっぽど気に入られたんだなぁ。。。。とheart04
ここはオススメです!
皆さん、奈良にいらした折には是非!!!(でも、今日も何組かの方がいらしては帰っていかれたのだけれど、人気が出過ぎて気軽に行けなくなるのはヤダなぁ・・・なんてワガママなことを思ったり。。。。coldsweats01

本当にゆっくりと時間を忘れてあれこれおしゃべりした後は、まるで観光客のように、脂取り紙やお餅や、奈良ふきんや宇陀の朝採り野菜を買ったりしながら駅に向かい、そこから途中駅の西大寺で途中下車して、エキナカをぶらぶら、展望デッキで電車が入ってくるのも観て、アタシはお目当ての焼き鯖寿司を買って、京都行きの電車に乗られるお友達とはそこでお別れ



育友会の役を喜んで引き受ける人はそうそういないと思うけれど
アタシは、子ども2人がお世話になった幼稚園と小学校ではトータルして学級委員(専門委員兼務)を1回、専門部長を1回、本部役員を2回、おネエの中学では学級委員(専門委員)を1回、そしてチビの通っている中学校では専門部長を1回、(幼稚園の時の内職を含めて、いつのときも仕事をしながら)それぞれ拝命したけれど
いつも良いお仲間に恵まれて、育友会のお仕事を負担に思ったことがないのはLucky!!!
地域性もあるかもしれないけれど、皆さん、専業主婦の方も、お仕事をお持ちの方も
それぞれに有限な大切な時間を上手にやりくりし、全体の定例会議は仕方ないとしても
なるべく個人でできる仕事は分担して、それぞれの仕事の負担減を図る方向でやってきたように思う
その結果、それぞれの年度で結束が堅く、昨日今日のように、その時のお仲間とのご縁が、細く永~~~く続いている
幼稚園の頃は、今ほどメールが普及していなかったから、夕飯の支度をするくらいの時間に連絡事項の電話が長電話になってしまったり”子どもの為のボランティアに時間取られて、子どもの食事が疎かになるのは本末転倒!”なんてこともたまぁにあったけれど、、、、

仕事でも何でも”人の為”ならず
そのときに一生懸命にやったことって、必ず自分にとって大きな実りとして返ってくるなぁ。。。。と
昨日、今日と連日のお友達との有意義な時間を思うにつけ痛感します

『百万円と苦虫女』

妹が観たがっていて、時間が合えば一緒に見に行こうね・・・と言いつつロードショー逃しちゃってた作品
一人で観てたら、おネエが入ってきて「蒼井優かわいいなぁ。けど、最悪なんやろ。百万溜めたら逃げる前科女やろ」ってあーた、実も蓋もナイ・・・・がく~(落胆した顔) 61bluniumzl__sl500_aa300_

でも、いやいやどうして、アタシの中ではこの作品”優良映画”に入るよ!!!

”自分探し”だなんて、カッコつけてんじゃない
超いい加減な友達(!??)に優柔不断に付き合っちゃったお蔭で、坂道転がり始めちゃったのがお話の発端なのだけれど
こぉ~~んなにシンプルでピュアなコが、自分の気持ちをきちんと表現できない、傷つきたくないから優柔不断に笑ってる
そんな”いじけ”て見える生き方で、友達なんていなくたって
これだけスコーンと芯がシンプルなら、いいじゃん!!!って
そう思える
この役は、蒼井優にしか演じられない・・・って思う
こ~~んなにハマる女優さん、他に思いつかないもん!

弟と手を繋いで歩くシーン
姉弟して、おんなじようにいじられキャラで、でも、ここぞ!というところでブチ切れて「私は(僕は)悪くない」そう言い切れるのも小気味良い

手を繋ぐシーンと言えば、森山未来がすっごく良い!
・・・・と、思っていれば、あれれ??な展開で、あ~~~やっぱり・・・・なオチ
ちょっとした”すれ違い”
うまくいかないのが人生だったり青春だったりするね

静かに笑って、ちょっぴり泣いて
怒る時はばーーーーーーっと派手に怒って
そして、まっすぐに前を向いて歩いていく
そういう生き方ができれば、一人だって怖くない
だって、きっと、そんな生き方、認めてくれる人、いるもん!!

『レイン・フォール~雨の牙~』

51dqodvhcpl__sl500_aa300_ 椎名桔平さんが殺し屋演じるのを観るのは2作目。
1作目は、奥様の山本未来さんと共演した作品で、狂気の殺し屋だったけれど、この作品の桔平さんは、狂気の感じられない、それどころか、どこか温もりや癒しさえ感じさせる
だからか、緊迫したシーンはそれなりに、でも、サスペンスなのに
闇と光や、新緑やたそがれの蒼がすご~~く綺麗だったり
音楽がとっても心に沁みたり

ハセキョン、とっても綺麗で雰囲気ある女優さんなのに
台詞が何故にあんなに一本調子なの???
滑舌が良すぎるのも考えモノかも・・・・・
台詞のあんまりない、河瀬監督の『七夜待』でも、今ひとつハセキョンの”雰囲気”が荒削りされすぎちゃって残念!って感じだったし・・・・
なんだろ?監督さんに恵まれない??映画に恵まれない??本人の努力不足???

この映画では、清水美砂さんも結構重要な役どころだったと思うんだけど、あまりパッとしなかったね。これは脚本の不味さでしょうか・・・・

『正義』と信じているものでも、実は、巨悪の片棒担がされてたり・・・・なんてことは、多分、”組織”(どんな”組織”であっても・・・・)に生きるものの”宿命”なのかもね。私たち人間は、あまりに小さすぎて、その事実に抗うにはあまりに非力、なのかもしれない・・・・

ひとえに椎名さんの”優しさを捨てられない人間臭さ”(だから、”雨の牙”なんていうサブタイトルはとってもチンケ)と、画像の美しさに支えられた映画でした

『シャッター・アイランド』

チビが「なんか映画観たい」と言って、選んだのが、これ(http://www.shutterisland.com/#/home
アタシはサイコやスリラーものは好きではないのだけれど、これがチビのGW唯一のお楽しみ、なのでここは黙ってお付き合い


予告を何度か観たり、おネエから友達の感想を聞いていたらしいチビから、「視線とか、ちょっとしたところにヒントがあるから、字幕観てたら見落としたりするねんて。だからこれは吹き替えで観る人が多いねんて」と聴いていたので、かぁ~~なり注意して観ていたのだけれど
アタシがトロいからかもしれないけれど
最後までオチがわかりませんでした

最初に「この映画の驚きの結末は、まだ観ていない人には決して口外しないで下さい」との注意がわざわざなされているのだけれど
一体どこに驚くべきだったのか、何が真実だったのか
”謎が解けていない”(っていうか、これが謎だったの??っていうアタシの読みが当たっているならば、あまりに陳腐な結末過ぎて、ちょっと自信が持てない)アタシは、気分的に”まだ島から出られていない”感じ

それはチビも一緒だったようで・・・・
なんとも”消化不良”な顔と感想でした

ジョニデの『シークレット・ウィンドウ』のもっと複雑版、みたいな感じ??とでも言えばよいでしょうか・・・・

トラウマだとか、幻覚、だとかは、現代人には周知の事項で、謎はそれ以上にある??


しかしねぇ、「病気だ、といわれれば、何を言っても、何をしても病気のせいにされる」って言うのは
本当にその通りだ、って思う
国家に『病気』の烙印なんて押されたら・・・・・恐ろしすぎるよ~
でも、そういうことが実際に行われているかもしれない
それは、自分の身に落ちてこなければわからない
それが現代社会、情報社会、診断社会の恐ろしさだ

人間を「シゾフレ人間」とか「メランコ人間」だとかカテゴライズしている精神科医や、人間のすべてが脳でわかるかのような怪しい学説を弄する脳科学者をもてはやし、ありがたがり、心理学や教育の分野にまで好き放題発言させるマスコミこそが、「シゾフレ人間」を量産しているカラクリ
この”国民性”を国家に逆手に取られたら・・・・

謎解きよりも、そんな恐ろしさに想いが至るきっかけが散りばめられた映画でした

アタシは2度観てもきっと謎解きはできないだろうから、もう2度目はいいですgawk

連休最終日

この連休は最後2日だけ部活がお休みだった我が家の娘たち

おネエは、早起きしてお弁当作って市内のちっちゃな遊園地へ1479577739_211 
イマドキテーマパークなんかとは一線を画したレトロな”遊園地”ダケド
そこに行くのに、ケーブルに乗ったり、山の上なので結構気持ち良い、県内に唯一残っている遊園地
お弁当も喜んでもらえて、それなりに楽しんできたようですww


チビは「GW何したい?」と言うと
ん~~~~~、と考えていたけれど(多分、一番は野球観戦~球場に行ければ尚良し~だったのだと思うけど)
「あ、映画観たいな~」と言うので「えぇ~~?GWずっとこんな天気に恵まれるって言ってるのに、映画ぁ?」と思ったけれど、ま、子どもの日だし、仰せの通りに致しましょう

と、いうわけで、チビが選んだのは、アリスでもコナンでもなく
シャッター・アイランド (レオナルド・ディカプリオ 主演)
感想は・・・・・・別記事のレビュー(http://kanon1211sukefuji.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-4b06.html)をご覧下さい。
今日の野球はすべてデーゲームだったので、それが気になるチビは
映画の後併設されているスーパーで晩御飯の買い物だけ済ませたら、「お茶飲もう」とも言わず(おネエなら、必ずお茶飲もうとか、ちょっとお店覗いていこうとか、ショッピングモールに来たからにはまっすぐには帰るまじ、、、、っていう気満々なんだけどcoldsweats01)速攻でシネコンの入ったショッピングモールを後にしました(ちょっぴりツマンナイ母bleah
でも、ま、帰ってすぐにTVで野球中継のハシゴして、贔屓球団の快勝も見届けることができ、良い”子どもの日”でしたww

今年のGWはお天気に恵まれ、でもrvcarで遠出したわけでもないので渋滞にも無縁で、家族揃って何かをする、ということはなかったけれど
それぞれにおおむね満足に過ごせたのではないかしら
無事が何より、の華音家のGWでしたww

『ザ・マジックアワー』

ボスの愛人との不貞を見つかり、コンクリートで固められて海に沈められることになったチンピラが、命を賭して打った大芝居のドタバタの顛末517bcec420l__sl500_aa300_

3分に1回笑う・・・って言うほどでも・・・・・gawk
それぞれの役者さんのうまさに惹き込まれました
綾瀬はるかちゃん、可愛かったァwwww

でも、アタシ的には『有頂天ホテル』の方が面白かったかなぁ
二匹目の泥鰌はやっぱりつまんない・・・っていうのの良い例かな

深津絵里さんの良さが最後まで引き出せなかったところと
唐沢君や天海さん、亀治郎さんなんかをほんとにかる~く使ってるあたりが
”ボクこんな旬の俳優をチョイ役で使えちゃうんだよね~”っていう三谷さんの得意顔が目に浮かぶようでちょっと不快
妻夫木くんと深津絵里さんは『悪人』で、本当に心に沁みる絡みを見せてくれるんだろうなぁ・・・と期待してます!

と、いうわけで、まぁ、深く考えずに、俳優さんの味を楽しむつもりで観るには良かったけれど、評価は☆3つ

西ノ京漫遊

この連休東京から関西旅行にいらしている学生時代の友人母子が
奈良にも立ち寄ってくださり、お声を掛けてくださったので、ご一緒しました

朝早くに京都からいらして先に東大寺を見てこられた友人達と
西大寺駅で合流
10年以上も、近くに住んでいながら訪れたことのなかった秋篠寺へ
ここは薬師如来がご本尊だけれど、諸技諸芸の守護仏である我国唯一の伎芸天像が有名で、芸事に邁進していらっしゃるご子息を是非この寺に・・・・と思われた友人の親心の深さが知れる
Photo 端整な方形の本堂も、ありがたくも友人が「頬がふっくらしてて、華音ちゃんにちょっと輪郭が似てる」と言ってくれた本尊薬師如来像も、きりりとした知的な佇まいが背筋をしゃんとさせてくださる月光菩薩も、初めて見る目に清々しかったけれど
夏日の外気を寄せ付けない本堂内のひんやりとした薄明かりの中、すらりと立つ伎芸天像のまさに”贅肉(あまりじし)なき”たおやかでありながら凛とした立ち姿はやはりこころを打つ Photo_2
彼女たちが「行ってみたい」と仰らなければ、きっと訪れることがなかったであろう、すばらしい古刹にご一緒させていただき、感激ww
境内のかえでの新緑も美しい

秋篠寺を参詣したあと、お昼ご飯はご子息の中学生らしいリクエストにより回転寿司!
桜の葉や桜の花の塩漬けをあしらった桜鯛や、さより、手毬寿司に仕上げて柚子塩を振ってある鯛やさくらえび、白魚など
結構いろいろ春らしいメニューがあり、写真撮らなかったのが悔やまれる・・・・・(ホントに、目にも美しかったのでww)

ゆっくりお昼を頂いた後は、一路西ノ京へと車を向ける
遷都1300年祭の会場の平城宮跡の横はさすがにやや渋滞
奈良と大阪とを結ぶ道路を過ぎると比較的スムーズに流れるようになったので、安心していたらば、唐招提寺は拝観券を買うまでに行列
ひぇぇぇぇ・・・・唐招提寺はこれまで3,4回来てるけど、こんなことは初めて。。。。。
Photo_3 おネエが中2の時の6月に鑑真大和上像・御影堂障壁画特別開扉の時に訪れて以来実に4年ぶりPhoto_4 
去年秋に平成の大修理の落慶法要を終えての金堂、東大寺とそっくりの鴟尾を持つ”天平の甍”を初めて仰ぐ

御影堂供華園の瓊花(けいか)を特別開園していたけれど、そこは立ち寄らなかったね
でも、ダイゴ井戸の傍の白い藤や大振りのいろはもみじが見事

Photo_5

Photo_8  戒壇前の池に自生するあやめもそろそろ開花

唐招提寺から薬師寺へは徒歩で移動
薬師寺はアタシは何度も訪れているので、先に唐招提寺の駐車場に帰って、車を薬師寺近くまで回すことにし、薬師寺近くで読みかけの文庫本を手に待機

薬師寺もかなりの混雑だったらしく、平生は17時までの拝観時間が18時まで延長された由、むべなるかな

16時を過ぎてやっと西に傾きかけて柔らかくなった陽射しの中、西ノ京を後にする

半日炎天下の拝観でさすがに喉が乾いたので、このあと大阪に宿泊と仰る友人達が大阪に出られるのに都合の良い、うちの最寄り駅でティータイム
部活の試合を終え帰ってきたおネエも合流し、楽しくおしゃべりし、名残は尽きねどお暇乞いの刻限
半日、本当に楽しかったww
芸事のお稽古で、礼儀も厳しく躾けられているとはいえ
イマドキ男子中学生としては本当に申し分ない折り目正さと、人当たりの良さはちょっとそんじょそこらではお目に掛かれない
どこのご家庭にもある親子の小競り合いはあるようだけれど
本当に上手に育ててらっしゃるなぁ・・・・と

友人だけでなく、そのお子さんともゆっくりとお話でき
本当に楽しく、心に残る半日になりましたheart04
お忙しい日程の中、奈良も入れてくださった友人母子に感謝!
GWがただの寝連休にならず、今年もまた素敵な思い出が増えましたww

モジモジくん

こんばんわ(^3^)/☆

華音の娘
おネエとは私です。
初登場です。

以後、お見知りおきを∩^ω^∩


さて。
なぜ私が突然
母の日記に登場して
いきなり執筆しだしたのかと言うと。

みなさんに
わたしの母の知られざる一面を
お伝えしようと思ったからです。


ご存知のように
私の母はブログでは
思う存分暴れまわり
好きなことを勝手に
書き散らしているので
皆さんは母のことを
しっかりした女性だと
思っているかもしれませんが!!

だが!!
だがしかしBUT!!

それが違うことを
今からお話します。



それは今日の午後
某イオンに母と妹と一緒に
買い物に行ったときのこと。

1階の食品売り場で
レモンを探す母と私たち。


母「レモンどこ~?」


果実売り場にあるはずの
レモンがなかなか見つからず
戸惑う一行


私「あ!!これレモンちゃう?」


私が見つけたのは
レモンにしか見えない
黄色の果実


母「あ~…でもそれよく見たらレモンじゃないやろ?」


母に言われたとおり
パッケージをよく見ると
そこには『はるか』と書かれていた。

私「『はるか』って何やろ?」

母「レモンじゃなくない?」

私「レモンの商品名ちゃうん?
いちごの『あまおう』みたいな!!」

母「う~ん…」


しばし迷う二人


だが『はるか』以外に
レモンらしきものが見つからず
母がレモンを諦めようとしたそのとき


私「あ!!あそこに店員さんいるやん!!
『はるか』がレモンかどうか
お母さん聞いてきぃや!!」


少し離れたところに
店員のおじさんとお姉さんがいたので
母にそう言ったところ


母「う、う~ん…(モジモジ」


何故か急にモジモジする母


私「お母さん…まさか…」


そう、私は思い出したのだ!!
母が強度のモジモジ君だということを!!


※モジモジ君とは※
いつもは身内に偉そうなことを言うくせに
自分から他人に話しかけられない人のこと。
(特に店員に話しかけることを極度に避けたがる)


そう…過去にも何度か
母は店員と接触しそうになるたびに
妹を楯にしていたのだ。


私「お母さん店員に訊きたくないの?」

母「うーん(´・ω・`)」

私「訊いてきたろか?」

母「うんっ(´・ω・`)」


さっきまで「レモンがない!!」と
わめき叫んでいた母が
小さく見えた。


そして店員に聞いたところ


私「あの~」

店員「はい!!何でしょう!!」

私「『はるか』ってレモンですか?」

店員「いえ!!違いますっ!!確か何かと何かの掛け合わせです!!」

私「あ、そーなんですか(って、んな説明はいいよっ)…レモンどこですか?」

店員「あ、レモンはニンニクの隣になりますね!!」


と、いう会話をして
私の後ろで聞いていた母に報告。


私「レモン向こうやってさ。」

母「そっか。てかさ~さっきの店員さ~
何かと何かの掛け合わせってさ~
そんなんもわかってないんかよ~って感じやんなぁ~!!」


急に元気になる母


いや、さっきまでのモジモジ君はどこへ?


今日も明日も明後日も
愉快な母なのであった。





稚拙な文章で
伝わったかどうかわかりませんが
母のモジモジ君な一面を
知っていただけたら嬉しいです。


またどこかで会いましょう
おネエでした!!

佳き日

昨日は朝から文字通りの五月晴れ
Photo_6 
この佳き日、アタシも大好きな神戸で、素敵な結婚式にお呼ばれ

Photo_2 

結婚式って、いいね、初心に返るよなぁ                        こうやってみんなに祝福されて、感激したこと
心から誓ったこと
思い出すと、丁寧に生活しなきゃ、もっと相手を大切にしなきゃって思うよなぁ・・・・
立て続けに友人の結婚式に呼ばれていた頃、よくツレアイが言ってた
特に教会式の結婚式に参列すると、聖書の言葉について、あぁ~そうだぁ・・・って。。。
「愛は耐え忍ぶ 愛は尽きない」
本当にそうなのだ・・・って思う
耐え忍べないものは愛ではないのだ
それは、相手を自分の意のままに動かしたい、という想いだったり
相手に何かをしてもらおう、相手から何かを得ようという欲望だったり
あるいは、他の誰かに相手を渡したくない・・・という独占欲だったり
もう、友人の結婚式、にはさすがに縁がなくなり
次は娘の結婚式かぁ・・・・なんて思っていたけれど
思いがけず、素敵なお式に参列させていただいて、感激

Photo_3 初々しいお二人は勿論のこと、新婦のお姉さま心尽くしお手製のリングピローや
新郎のお姉さまの真心篭もったブーケなど
手作りのお式には、ご家族の温かい愛情に包まれていらっしゃることが感じられ
また、お友達が感涙されているのも、アタシにも覚えがある。。。。。

お料理のお写真は撮らなかったけれど、上品でとっても美味しい品々happy02

アタシはピアノ演奏を仰せつかっていたので、ドレスにしようか迷ったのだけれど、この歳で若い人の多いお式でドレスも・・・ネェ。。。とUp 
ちょっと髪を華やかに仕上げてもらって、お着物で演奏
会場のYAMAHAのミニグランドをリハーサルで1回弾かせていただいていたお蔭で、リラックスし、ちょこっと危なげな部分もあったけれど、発表会のときよりは納得の演奏できましたww
弟に「今日のピアノどうやった?」と訊かれたので、↑のように答えたら 「おねーちゃんのその度胸には脱帽やわァ」と言われたけれど
確かに、”演奏家”の彼は、演奏の善し悪し、ディテイルに拘るのだろうけれど
アタシは演奏家などではなく、”一愛好家”
Photo_5 だから、楽しんで弾けて、心を籠めて弾いたのがお二人に伝わったなら、大満足shine

頂いたお花は、帰って早速アレンジしました♪

連休初日、本当に素敵な時間を過ごせて、招待してくださったお二人に感謝です~~heart04heart04

明日からの新婚旅行を終えられ、帰国なさってからが本当の意味での
なが~~~いなが~~い生涯にわたる結婚生活のスタート
どうか、今日の笑顔と、誓いとを胸に
お二人らしいご家庭をデザインしていって欲しいな・・・と思います

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気