« 習うより慣れろ!??? | トップページ | 母たちの修学旅行 »

東野圭吾 『使命と魂のリミット』

使命と魂のリミット

著者:東野 圭吾

使命と魂のリミット

読んだきっかけ:
おネエが新聞で文庫の新刊紹介を見つけて図書館にリクエスト
あっという間に読み終わり
「おかーさん、これはメッチャ良かったで」と言うので、読みかけの本を置いといて先に読み始めた

感想:
今観ているドラマ『コード・ブルー』や、ごく最近の日本の大自動車メーカーのリコール問題など
ものすごいタイムリーというか、”今”とてもホットな題材

県下の病院として不名誉な話題で我が県の名前を全国区にした病院のような、信じ難い事例も、あれは氷山の一角で、少なくはないのかもしれないけれど
でも

医師とは無力な存在なのだ。神ではないのだ。
人間の命をコントロールすることなどできない。
できるのは、自分の持っている能力をすべてぶつけることだけだ。
医療ミスとは、その能力の不足から生じる。
(中略)全力を尽くすか、何もしないか、その二つのことしか医師にはできない。

多くの医師がそう考え、行動し、その結果の一端として、医師の”能力”が、患者の症状に”敗ける”のだろう

あまりにも本を読まないので、
「TVも良いけど、時間がたっぷりある時くらいちょっと本読むことに時間回したら??」とついつい小言言ってしまうチビにも勧めたら
「あ〜、アタシ、東野圭吾やったら読むで」とのこと
3人で読後感の交換できるのが楽しみww

おすすめポイント:
東野圭吾の作品には、”救い”がある
それは、人間の”良心”を信じている筆運びからくるもので
宮部みゆきの作品にも通じるものがある

クライムノベルのスリリングと、人間ドラマの感動を味わいたい人にオススメ

« 習うより慣れろ!??? | トップページ | 母たちの修学旅行 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 習うより慣れろ!??? | トップページ | 母たちの修学旅行 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気