« 國米 欣明 『教えて!子どもの反抗期』 | トップページ | 刺激 »

新春会

”遠方より友来たる、また愉しからずや”(漢文が得意なこの”遠来の友”ならばきっとすぐに原文が浮かぶのでしょうが・・・・・)

昨日の夕方、アタシ達夫婦の高校の同級生が、出張のついでに我が家を訪ねてきてくれました

ちょっと遅い「新年会」
2月になってるけど、今年になって初めて会うから、やっぱり「新年会」
でも、立春過ぎてるから、テーマは『新春会』

でっ、献立は
「おかーさん、お客さんってことは、またパエリア!??」と言われちゃったので、パエリアは却下
春の味覚を・・・ということで
やまうどのきんぴらと牛たたきの手まり寿司2010 
2010_2 やまうどとわかめ、セロリの酢味噌和えに新牛蒡と鰻の柳川風煮2010_3 
メインはたらのめと春菊、カラーポテトの天麩羅
〆は豆ご飯と大根とお揚げのお味噌汁
なんてことのない、家庭料理
お酒はツレアイのテリトリー。。。。。。
お土産に頂いたアルゼンチンの赤ワインも、さらりと飲み易いのにしっかりとこくもあり、絶対に悪酔いしなさそうな美味しいワインでしたwine


料理は話のつまとして
高校時代の先生や旧友の話や、今直面してる子育ての話
共通の話題が尽きることなく
楽しい時間はあっという間に過ぎていくね・・・・・


その友人が
「友人だけでなく、高校や大学そのものに”帰属”していたことを懐かしく大切に思えるようになったのは、ここ数年のことだ」と仰っていたけれど
人生半分近く来て、素直にそう思えるっていうのは
素敵なことだと思う

奇しくも昨日大学のクラスメートからMLで届いていたメールに
「もっと勉強すればよかった、でも、私は○○大でみなさんとあんなすばらしい時間を過ごせて幸せだった、と、久しぶりにほっとすることができました」という文章があって
高校時代といい、大学時代といい
アタシは、本当に”人生に於いてその時代を大切に思える”友人たちと共に過ごす環境にいられたこと、そしてそういう友人たちと交流を繋ぐことができることを
本当に幸せに思いました

« 國米 欣明 『教えて!子どもの反抗期』 | トップページ | 刺激 »

華音の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 國米 欣明 『教えて!子どもの反抗期』 | トップページ | 刺激 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気