« すごいぞ、チビ! | トップページ | 『何もしない贅沢―自分だけの時間を持つシンプルな方法』 »

2大”まき”

はい、早くも2日前のことになってしまいましたが、もうすっかり定番の恵方巻き(どう思い出しても、子どもの頃にはなかった・・・・)と豆まき

おネエが帰る頃には、アタシの帰りの頃から駅前でやってた太巻きの出張販売が”叩き売り”していたそうだけど
今年は3時前には仕事上がったので、自分で巻きました2010 2010_2

具材はきゅうりにかにかま、うなぎ、三つ葉とかんぴょう、卵焼き

おネエは卵焼き、チビはかんぴょうが入っていればご機嫌さん

2010_3 恵方西南西に向かってみんなで黙ってぱくぱくいただき
いわしの塩焼きと赤だしの食事が済んだら

「デブはいらな~~~い」「不安な生活は嫌だ~~~~」「もう泣きたくないぞ~~~」「不合格は~外、合格よ~~内」と、日頃思ってることを好き勝手に(でも、ご近所の手前もあるから心持ち小声で)叫びながら、庭や隣の雑木林に向かって豆まき

寒くて空が冴えてたので
星も綺麗でしたshine

« すごいぞ、チビ! | トップページ | 『何もしない贅沢―自分だけの時間を持つシンプルな方法』 »

華音の日常」カテゴリの記事

コメント

恵方巻きね、東京にいた頃にちらほら耳にし目にするようになったように思うんです
アタシは大学卒業後東京で就職し、結婚するので退職して関西に帰ったのですが、確か結婚した次の年の節分にはツレアイの同僚の方たちをお招きして恵方巻き、みんなで黙って食べたので(お客様をもてなすにはあまりに不気味な食卓・・・なのですご~~く印象に残ってるんです)その頃には自分の中でも「そうするもんだ」という意識があったように思います

でも、それこそ、そんなの進学のために上京するまで、実家でやったこともなければ、周囲で盛り上がっていたこともなかったので、てっきり”首都圏発”の”コマーシャライズイベント”だと思っていました
何かの情報番組で、江戸前のアサクサノリの普及のために江戸のおすし屋さんが始めた・・とかいうことをちらっと見聞きしたような気もするんですが・・・・

どちらにしても、ひな祭りや七五三のようなちゃんとした”由緒”があるわけではなく、バレンタインのチョコと同じような”創作イベント”なのでしょうね


うちは、恵方巻きに何入れようかな~と毎年思案します
仕事が夕方まである日はスーパーで買ってくるし・・・
子ども達が小さいころは、子ども用には魚肉ソーセージとスライスチーズを巻いて”細巻き”にしたりしてました
それぞれの家庭の味があって、楽しいですよねww

こんにちは!
あ~~ら、おいしそう!
うなぎにきゅうり!
それもいいかもですね、私はうなぎ、苦手だから、あなごにして・・・。
こんど試してみます。
そうそう、恵方巻き、子供の頃どころか、ここ10年ぐらいじゃないかしら??
関西のほうの習慣だと聞いたので、華音さんなら子供のころからご存知かと思っていたけれど??
やっぱりスーパーの戦略かしら??(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すごいぞ、チビ! | トップページ | 『何もしない贅沢―自分だけの時間を持つシンプルな方法』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気