« 最後の授業 | トップページ | 山本敏晴 『HIV/エイズとともに生きる子どもたち ケニア』 »

『南極料理人』

ご家族のいらっしゃる友人をそうそう引き止めるわけにもいかないので
バスまでの時間は、田舎ではなかなか見られないミニシアター作品を観に行こう!と、上京する前から決めて、リサーチしていた
久々の銀座で映画鑑賞

『南極料理人』

この映画、「知らない」(田舎じゃやってない)って思ってたんだけど、ちょっと古い(夏に公開されてた)のね・・・

昔フルート習っていたときのグループのメンバーに、南極越冬隊員の方がいらして、ホント、「あ~~、この人、いかにも越冬隊員!!」って感じの雰囲気(無精髭でみなりにはあまり頓着していらっしゃらない)だったのだけれど、一体どんなことなさってんだろう???って思ってた
この映画見て初めて、いろんな職種の人が行くのね、(公務員や学者だけでなく)民間人も行くのね、って。。。

すごく良い映画
こういう良質な映画作れるうちは、まだまだ邦画、イケルゼ~~~!
変にハリウッドと張り合うド、なんて力入れずにさ
こういういい映画、作ろうよ!!

映画観て声出して笑ったのって、もう何年ぶりかもしれない
「西村君、ダメだ・・・・・。楽しい・・・」って、豊原さ~~~ん
肉の塊の松明持って、大の男が雪原走り回ってるって、、、、いいなぁ。。。
「なんていうかさ、ここは”自由”だよね」
ホント、そうなんだろうなぁ・・って思う
その反面、そりゃ、あ~~~んななぁ~~~~んにもなく、接する人もごく少数限られていて毎日毎日毎日毎日同じことの繰り返しの日々の中じゃ、煮詰まりもするだろうし、人間関係ギクシャクもする
やっかんだり、ズルしたり、怒ったり・・・
好きなものが食べられなくなったきたろうさんの涙目
あんな”極限状態”
今の日本じゃ、ない、よね

でも、そんな中でも、あんなに気持ちの篭もった、美味しいご飯食べられたら
日々HAPPYheart04shine
美味しいモノは人を幸せにするっていうのは
どんな局面においても、大正解!だと思うんだけど
ああいう状況じゃ、なおさら。。。

しかし、南極観測隊の食糧って、一体誰が決めるんだ??
フォアグラとか伊勢海老とか、「エエもん喰ってんなぁ~~」と思わず小市民目線になっちゃいました

堺雅人さんが好きで、この映画見よう!って決めたんだけど
娘と並んで寝っ転がってTV見ながら「ぷー」とかするし
ちょ、ちょ、ちょっと・・・なんで堺くんにうちのおっちゃんとおんなじような人間演らせるかな~~~coldsweats02
でも、拉麺打ってるときの目
カッコ良かったわ~~~~lovely
あれは、家族とハンバーガー食べてるときには絶対に見せない目
”オシゴトしてる”目、なんだよね
キャストもストーリーも画も、文句なし!!でした
登場人物8人、観客8人
1500円で2時間、すご~~く得した気分Dsc05672

Dsc05674 都会でしか観られない美しいイルミネーションを眺めながら
東京駅へと歩くDsc05673_2 


東京駅のカフェでバス待ちを・・・・と思っていたけれど
今回も失敗!
東京駅は土日はほとんど22時には閉店sweat02
こんなことならば、銀座のカフェで22時過ぎまで過ごして、それから歩いてゆけば良かったか・・・・
またしても東京駅サバイバル
どうも、東京駅は”鬼門”だな

夏はバスの出発時刻ギリギリだったにも関わらず、集合場所のブリジストン本社ビルが思っていたよりも駅から遠くて、メチャメチャ焦ったので、今回は八重洲中央口目の前のヤンマービル前から出るバスを選んでいたのだけれど、バスの出発地のディズニーランド出口付近が渋滞している・・とかでバスの到着が遅れ、23時15分にやっと乗車
昨日のバスより座席間は少し狭い、フツーの4列大型バスだったけれど、隣がいなかったので脚を座席に上げることができ、それだけでも随分脚の疲れが違う

そして、今朝は予定到着時刻の1時間半も早い6時半に難波に着いたけれど
今度はアタシには”帰る家”があるもんね!!
帰宅すると、ちょうど部活の練習に出掛けたおネエと入れ違い、バス停出たところでバス同士がすれ違うニアミス
どうせ早くなるなら、あと30分ほど早く着いてくれりゃ、お弁当も作って送り出せたのに・・・

チビと一緒に朝御飯食べながら、昨日の試合に勝った話など聞いて
アタシの実になが~~~~~~~~い0泊の上京は終わったのでした

滞在時間実に17時間弱、往復交通費8000円強、滞在費用映画代込みで2250円+食費で、〆て1万強・・・・正味1日分としては、まぁ、赦される贅沢かなww(サラリーマンなら忘年会1回一晩でこれくらい飛んでいくことでしょうから・・・)

« 最後の授業 | トップページ | 山本敏晴 『HIV/エイズとともに生きる子どもたち ケニア』 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

PIOさん>
こちらこそwww
Oさんより「PIOさんは行かれるそうよ」とご連絡いただいていましたし、そちらのブログでもコメントいただいておりましたので、おめにかかれること、楽しみにしておりましたww

>いい時代に大学生活を謳歌できたことに感謝!
そうですよね!!
でも、アタシは、娘たちは娘たちで、今の体制の中で、できうる限りのものを吸収してくれるのではないか・・・と比較的前向きに思っています
学生時代に”学び”にあまり多くのものを求めなかったアタシが言うことではアリマセンが(汗)、”求めよ、さらば与えられん”を若い時にいっぱい体感して欲しいなぁ。。。と思います

PIOさんが思わずカメラを向けられた銀杏並木
アタシも、ホント、なんぼか写真撮ろうか・・と思ったか
結果的には、休憩の数分(数十秒!??)前に小さくなって入室したのですから、写真の1枚くらい撮ってからゆっくり行けばよかった・・・と後の祭り
(帰りに撮ろう・・・と思ってのことだったのですが、冬の5時なんてもうすっかり暮れてるなんて、ちょっと考えればわかること、ですよね(苦笑))

ちょっとの時間でしたが、お目にかかれてうれしかったですhappy01
ちょうど私も、同じような時間帯に学会会場入りしました。


私はその後、懇親会にも参加。
ここからお顔を見せられた、懐かしい先生方もいらっしゃいましたよ。
中世文学のM先生、国語教育のF先生、など。。。
そういった先生方のスピーチによりますと、
ちょうど私たちが在籍していた時期は、学科の先生方が「七福神」と呼ばれていた黄金時代だったとか。
その後、中曽根首相の時期からいろいろと締め付けが厳しくなり、現在に至るそうです。


学会参加者150名程度、懇親会参加者70名程度という盛会ぶりだったとのこと。
十数年ぶりに再開した仲間もいて、タイムスリップの感覚を味わいました。
ほんとにいい時代に大学生活を謳歌できたことに感謝!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後の授業 | トップページ | 山本敏晴 『HIV/エイズとともに生きる子どもたち ケニア』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気