« 今年の紅葉 | トップページ | 手作りソーセージ »

大宇陀開拓

昨日も、お気に入りのお店を開拓いたしましたww

先ずは、じつは、ここが一番のお目当てだった昨日の大宇陀行き・・・と言っても過言でない
『アナンダ』(http://ameblo.jp/pb-ananda/
大宇陀在住の友人から「なぁ~~んにもないド田舎ですよ~」と聞いていた街中にできたパン屋さんって???と興味深々でした Dsc05542

もとはお茶屋さんの建物だったんだな~ってことが、そのまんま残された看板でわかる

Dsc05539Dsc05540  内部は、GWに後輩に連れて行ってもらった滋賀の石山のパン屋さん『鈴家』さんにそっっっっくりで驚きww

ここで、パンと娘たちへのお土産のケーキを購入。。。

Dsc05561 ちょっと一休み・・・に美味しい珈琲をいただいた『茶房あゆみ』の店主さんあゆみさんも、作務衣を着た気さくな方で
「写真撮られても減るもんじゃないですから、どうぞ!」と快く写真撮影の許可も下さり、いろいろと観光案内くださった
Photo_2http://www.shokokai.or.jp/29/2921210007/index.htm でイチオシ!と紹介されていた薪ストーブもイイ感じ(お写真撮らせてもらうの忘れた~~~coldsweats02

注文してから豆を挽いて淹れていただいた珈琲は大変香り高く、ゆったりとした時間を過ごさせていただきましたwwwDsc05552_2

妹がお抹茶と一緒に頼んだのは「きみごろも」という大宇陀銘菓

ふわふわとしたメレンゲ菓子(かるかん饅頭の餡のないような食感)に文字通り”黄身の衣”をつけたお菓子

« 今年の紅葉 | トップページ | 手作りソーセージ »

華音のお気に入り(お店・グッズ)」カテゴリの記事

コメント

みるさん>
ねぇ。。。
大宇陀を歩きながら、みるさんはこういう町や暮らしがお好きなんだろうなぁ・・とみるさんのことを思い出していました

奈良には最近、街中でもこういう『町屋』をそのまんま利用した、あるいはわざわざ町屋風にしつらえた「町屋カフェ」がたくさんできています
京都もそうかな~~
大正、昭和という時代が”レトロ”という言葉の元に
若い方たちを中心に、見直されているようですよね

うちも、いつぞやのブログでもご覧頂いた父の実家がものすごい古い田舎屋なんだけれど
それでも、「田舎カフェ」なんてやったら流行るんじゃない?と妹と話していました
「お姉ちゃん、どう?」と言われたけれど、古い家屋はガタイはシッカリしているけれど、かなりあちこち傷んでいるのでこまごまとメンテナンスに手が掛かりそうだし、カフェってアンタ・・・・
「そうだね、お姉ちゃんの料理は独特だから・・・・(暗にこき下ろしている)」
見た目の美しいものを作れないアタシが、人様にお金頂いて供するものなんて、作れる訳がない!!!
・・・と、いうわけで、父の実家改造計画は却下!されました(苦笑)

田舎のパン屋さんっていいよね!
私、大好き!
日本家屋のカフェもとてもいい感じ。
街中のオシャレなカフェも時と場合によっては好きだけれど、やっぱりこういう郊外のゆったりしたところで過ごすお茶の時間って、とても貴重な気がします。
お忙しい妹さんも癒されたのでは??
↓の紅葉もとてもあでやか!
さすがは古都、奈良ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の紅葉 | トップページ | 手作りソーセージ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気