« 崔 善愛『父とショパン』 | トップページ | 変わらないこと »

観てきました

『アバター』(http://movies.foxjapan.com/avatar/P1021_3

自分じゃ絶対に選ばなかった映画
「冬休み、なんか映画観に行きたい」とチビが言うので
「何が観たい?」と聴いたら「アバター!」と即答
そりゃ、こないだ『ゼロの焦点』観に行った時にメイキングインタビューと予告映像見て
「これはとてつもない映画ができたわ!」とは思ったけれど
そう積極的に”観たい”とまで思わなかった
案の定おネエもあんまり乗り気でなく
結局、チビと二人で行ったのだけれど

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091223-00000005-eiga-movi

この記事をご紹介するまでもなく・・・・
いやぁ・・・・・・
もうね、スゴイ!!!の一言に尽きます
アタシ元々あんまりSF好きではない(アタシが”科学の進化”とか”技術革新”を積極的に応援したくはないのは、こういうことは容易に”戦争”に利用されるからで、それをわかっていた良心的な科学者も多いけれど、SFでは科学を弄する人間の愚かさを目の当たりにすることが多いのが片腹痛い)ので、『スターウォーズ』『スタートレック』などなど話題作も観ていないのだけれど
これは、贔屓のキアヌの『マトリックス』の何倍も良い!!!
映像の素晴らしさもさることながら、ストーリーが、単なる”宇宙戦争”でなく、
宗教観やいのち、自然との調和などが丁寧に描かれていて、本当に人間に”何を大切にすべきか”を突きつけてくる

3Dは少しお値段張ったし、アタシの持っていた無料鑑賞券では観られなかったので、私たちは普通映像のを観たのだけれど
体験上映やってた3Dはすごかった
あれは、宇宙生物が接近してきたら、マジ怖いわ!!!
それに、アタシ高所恐怖症だから、クラっときたかも・・・・
普通映像でも充分に力の入った映像作りを堪能できると思うけれど
より劇場上映の良さを味わいたいなら3Dがオススメかな


SF、”宇宙戦争”の体裁を採ってはいるけれど
あの物語は、今日、この地球上で行われている醜い戦を痛烈に提示していると同時に
愚かな人間は”歴史に学ばない”コトを示唆している、のかもしれない

リアリティを求めてのことだろうけれど
”富”を求めず、殺戮を好まず
穏やかな生活を望む者達も
”勝ち負け”に拘り、”征服”と”占有”とを望む者の前には
結局は刃を持って、”武力”で立ち向かうしかないのか・・・と
そして、これも、ストーリーのリアリティの追求上仕方のないことなのだろうけれど
散らずともよい命が次々に散ってしまう
アタシ達は”英霊”と呼ばれる人々や”被征服者”達の屍の上に今の安寧な生活を築いていることに
もっと敏感でなければならない・・・のかもしれない

« 崔 善愛『父とショパン』 | トップページ | 変わらないこと »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 崔 善愛『父とショパン』 | トップページ | 変わらないこと »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気