« 黒武 洋 『そして粛清の扉を』 | トップページ | ガッカリデ~ス »

『BALLAD 名もなき恋のうた』

「大沢たかおカッコ良いから、観ようよ!!」というチビの言葉に乗る形でチビと一緒に鑑賞(http://www.ballad-movie.jp/index.html

原作がアニメクレしん、というので、フザけたストーリーなのか、と思っていたけれど、いやいやどうして、テーマがイマイチ鮮明でない分娯楽作品としては上出来
どうも、レビューを見ていると「アニメの方が良かった」という声がかなりある様子
アタシはアニメを観ていないからそう思うのかもしれないけれど、この作品は、「クレしん」とは切り離してみる方が良いのではないか???
野原シンノスケを演るには武井君は堅すぎるしキャラが弱すぎる
だからこその”川上真一”なのだろう・・・・・


なにより、剛ポンが良いww
チビも「悔しいけど、草彅君カッコよかった!大沢たかおに迫ってた!!!」と
確かに、彼は現代劇、TVドラマ向けの俳優さん(と言うか俳優としての基礎練習もそう積まれてはいないだろうけれど)なので、声量不足や滑舌の悪さは否めないけれど
それでも、中村敦夫や小澤征悦など時代劇も数こなした俳優陣の中で「鬼の井尻」を遜色なく演じ切れていた・・・と思う
廉姫との恋も、決して”悲恋”には見えず、切なさの中にもお互いを想いあう温かさが感じられとっても人間らしかった。。。
がっきー、ほんっと、”お姫様”だよ~~lovely
可愛いだけでなく、ホントに”姫君”の凛とした気高さを醸し出せてたように思う
この子を知ったのはTVドラマの『ドラゴン桜』が初めてだったけれど、あの時の生徒の中で、役者として一番成長したのがこの子、なんじゃないだろうか。。。。(もう一人の女生徒はたいしたキャリアも積まないままに今や野球選手の嫁&ママに納まりきっちゃったし。。。)
高虎の大沢くんがカッコよかったのはもう、言うまでもない!!!!
「大変な癪持ちで乱暴モノ」という設定ダケド、いやぁ、贔屓目か
声といい、放つ台詞といい、武士(もののふ)魂といい
最初から最後までカッコイイのよlovely heart04heart04
そして、アタシが個人的に気になってずっと目が離せなかったのが文四郎役の吉武怜朗くん
もう、カワイイのなんのって。。。。
おネエの元彼の中学生の頃とカブって仕方がなくて・・・bleah

国を守り、愛する人を守ろうと名を賭け命を張って戦を繰り返しても
やがて国は、名は朽ち果て跡形も残らない
戦国時代に命を落とした武将たちの幾人が、今、歴史に名を留めているだろう
まさに”つわものどもが夢のあと”
現代人としてそれを伝える暁(そうそう、どうにも気弱な感じの”現代人”パパを筒井君、好演!!)と真一
「武士道」に学び、「武士道」に美を求める風潮もあったけれど
人をも己をも”生かす”道がある、ということを
戦国時代に伝える・・・というパラドクス
そして、いつの時代も
肩書きや身分などから”自由”に生きることの喜び
結末は・・・・・
あれでよかった・・・のかなぁ???

最後の城跡に行ったシーン
あれは余分だよ~~、監督さん!
あれカットした方がずっと余韻のある、良い作品になった・・って思うんだけど。。。
あれで一気に感動がどっちらけてしまいましたcoldsweats02wobbly

せっかくだから、アニメ版『嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』も
借りてきて観てみようかな。。。。という気になってます

« 黒武 洋 『そして粛清の扉を』 | トップページ | ガッカリデ~ス »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒武 洋 『そして粛清の扉を』 | トップページ | ガッカリデ~ス »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気