« お別れ遠足 | トップページ | 江ノ電&湘南海岸 »

鎌倉散策

今回の上京の主目的は大学の恩師のご退任記念同窓会と、友人のピアノの発表会
なのだけれど、せっかくの機会なので余分に日程を取り、チビが行きたい!!と言っていた鎌倉に連れて行ってやることに。。。。

20日深夜に京都を出る夜行バスで、新宿に着いたのが翌朝7時
そこから東京駅に出て横須賀線で鎌倉へ

まずは「お腹すいた~」というチビの言葉に従い駅前で朝マック

涼しいうちに源氏山へ行こうか・・・と思っていたけれど、チビがまずは鶴岡八幡宮に行きたい、と言うので
まだほとんどお店のシャッターも閉まっている小町通を通って八幡宮へ
Dsc05053 Dsc05050 Dsc05055 チビが特に観たかったのが、実朝を暗殺した公暁が隠れていた・・・ということで【隠れ銀杏】とも呼ばれる大銀杏
私は鶴岡八幡宮は学生時代にツレアイと行って以来
舞殿が大銀杏のある階段の手前にあることも、すっかり忘れてしまっていました
実朝が公暁に討たれたという大階段はかなりの幅があり
「これってさぁ、左の端降りてたら、銀杏のところから飛び出してきたって逃げられるし、お付が取り押さえるヤンなぁ。よっぽど右の端通ってたんやろか?」とチビ
ん~~~、こういうのは実際にその場に立って初めて出る感想だよね
朝の勤行の合図であろう銅鑼の音が朝風の中に響き、とても清々しい雰囲気
観光客が溢れる前に行って、大正解!!

次に、頼朝没後に北条政子が「源氏発祥の地」に創建したといわれ、政子と実朝の墓所があるという壽福寺へ
境内へは入れないけれど、境内裏手の墓所へ回る
大々的な案内もなく、広い墓地内を探し回っているうちに大きな蛇に遭遇し、もうおっかなびっくり・・・・半分くらい怖じ気づきながら、でも、”せっかくここまで来て、観ないで帰るのは無念!”と背筋に冷たいものを感じながら山肌へと近づいてゆき・・・・・ついに発見!!!
山肌にくり抜かれた石窟の中にひっそりと。。。。
さすがにお墓を撮るのは怖かったので(さきほどの蛇の祟りも心配だし・・・・たらーっ(汗))画像はなし

チビは鎌倉は教科書に載っている鶴岡八幡宮を実際に見てみたい・・・だけ、だったのだそうだけれど
ここは源氏山の頼朝像も拝んでおかねば!!ということで、さて、どこから源氏山へ登ろうか・・・と思っていたら、壽福寺墓地の裾の方に「源氏山公園こちら」の立て札が!!!
でも、その道は草に覆われたすっごく細い道
「ほんまにここから行けるンかな??」でも、一応草が踏みしだかれたような細い道は段差がつけられ上方へ続いている模様
チビが特に観たかったのが、実朝を暗殺した公暁が隠れていた・・・ということで【隠れ銀杏】とも呼ばれる大銀杏
私は鶴岡八幡宮は学生時代にツレアイと行って以来
舞殿が大銀杏のある階段の手前にあることも、すっかり忘れてしまっていました
実朝が公暁に討たれたという大階段はかなりの幅があり
「これってさぁ、左の端降りてたら、銀杏のところから飛び出してきたって逃げられるし、お付が取り押さえるヤンなぁ。よっぽど右の端通ってたんやろか?」とチビ
ん~~~、こういうのは実際にその場に立って初めて出る感想だよね
朝の勤行の合図であろう銅鑼の音が朝風の中に響き、とても清々しい雰囲気
観光客が溢れる前に行って、大正解!!

次に、頼朝没後に北条政子が「源氏発祥の地」に創建したといわれ、政子と実朝の墓所があるという壽福寺へ
境内へは入れないけれど、境内裏手の墓所へ回る
大々的な案内もなく、広い墓地内を探し回っているうちに大きな蛇に遭遇し、もうおっかなびっくり・・・・半分くらい怖じ気づきながら、でも、”せっかくここまで来て、観ないで帰るのは無念!”と背筋に冷たいものを感じながら山肌へと近づいてゆき・・・・・ついに発見!!!
山肌にくり抜かれた石窟の中にひっそりと。。。。
さすがにお墓を撮るのは怖かったので(さきほどの蛇の祟りも心配だし・・・・たらーっ(汗))画像はなし

チビは鎌倉は教科書に載っている鶴岡八幡宮を実際に見てみたい・・・だけ、だったのだそうだけれど
ここは源氏山の頼朝像も拝んでおかねば!!ということで、さて、どこから源氏山へ登ろうか・・・と思っていたら、壽福寺墓地の裾の方に「源氏山公園こちら」の立て札が!!!
でも、その道は草に覆われたすっごく細い道
「ほんまにここから行けるンかな??」でも、一応草が踏みしだかれたような細い道は段差がつけられ上方へ続いている模様

Dsc05061 このような道のほか、人の片足分だけ石が刳り貫かれ「ちょっと大柄な人は通られへんなぁ」というような狭いところも。。。。
まだ10時過ぎで、木立の中には日は差し込まなくはあったけれど
うっすらと汗ばむくらいの山歩き
スニーカー履いてきて正解、昇り始める前にペットボトルを買っていなかったのは大失敗
どうやらここが山頂らしい・・・と思われるところまで登ってゆくとそこは「かがやきの森」と名付けられていて
「頼朝像はどこ~~~~~?????」
ここは通ってないよね??という道を辿ってゆくと・・・・あ~~~、良かった!!!視界が開けて頼朝さんと遭遇~~~~、やったー!!!!Dsc05062 

この広場を抜けると、すぐに「裏大仏ハイキングコース」や「葛原ヶ丘ハイキングコース」「化粧坂方面」などの表示板が・・・・・
銭洗弁財天の少し上までタクシーで乗り付けているオバサマ方もいらして、そこでやっと自動販売機発見!チビに水分補給!!
「生き返った?」「生き返った!」あ~~、良かったww

オヤクソク通り、銭洗水で硬貨をお清めし、山を下る
鎌倉駅に戻って江ノ電で長谷にいこうと思っていたけれど
途中でみた案内板で鎌倉駅までと鎌倉大仏(高徳院)までそんなに距離が変わらなかったので、そのまま歩いて大仏を観に行くことにする
チビは「鶴岡八幡宮だけで良い」と言ったけれど、鎌倉まで来て大仏観ずに帰るのはナシでしょう・・・
奈良の大仏だけ知っていて鎌倉大仏を観ないのは片手落ちでしょう・・・・と、チビを説き伏せて。。。bleah Photo_3 Photo_4

鎌倉大仏を観た後は、長谷駅までの途中にあった『いも吉館』で紫芋ソフトと、芋ドーナツを買って、エネルギー補給。。。。
36780252_3060363345s 
  

« お別れ遠足 | トップページ | 江ノ電&湘南海岸 »

華音の旅だより 行ってきました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お別れ遠足 | トップページ | 江ノ電&湘南海岸 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気