« まぁ~た”やっちまったなぁ~~~” | トップページ | 『トンマッコルへようこそ』 »

『消されたヘッドライン』

一人の女性の死は巨悪に繋がっていた・・・・・・?

すべてがひとつに収束する・・・というそのすべてが総花的で
深く掘り下げられてないのがB級
テーマ設定の着眼点は良いけれど、とてもオスカー狙えるような作品ではないでしょう・・・・

ベン・アフレックとラッセル・クロウが大学のルームメイトってそれcoldsweats02・・・・・かぁ~~なり無理な設定じゃん???

報道と経営のせめぎ合いや報道の正義なんかを描いたのでいえば『クライマーズ・ハイ』の方がよっぽど骨太

まぁ、軍事産業の民営化の恐ろしさっていう設定は確かにあってもおかしくはなさそうなアメリカの”巨大な闇”なんだろうけど
その闇を描き切れてないよ
なんとも”チンケ”な闇にしか見えなかったのはアタシ達夫婦だけでしょうか???


ただ、個人的には
”真実”を追うことで”感情””気持ち”ってなしにできるものなのか?
ひとの”気持ち”も”真実”に包含すべきものじゃないのか・・・とか
ちょっと最近ぶち当たってることにも関連付けて、ちょっと考えさせられた

「君は女性じゃない、記者だ」と認められたレイチェル・マクアダムスはかっこ良かったわ♪
あと、キャリアウーマンの”クイーン・エリザベス”もねwink

« まぁ~た”やっちまったなぁ~~~” | トップページ | 『トンマッコルへようこそ』 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まぁ~た”やっちまったなぁ~~~” | トップページ | 『トンマッコルへようこそ』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気