« 窓の外一面の桜を独り占め | トップページ | 4/8 予定外の桜日和 »

4/7の桜三昧

Photo 予定通り青春18切符を使っての桜巡りの旅
お天気は上々、絶好のお花見日和

友人と京都行きの電車で待ち合わせ(アタシ達にしてみたら、早朝に出た・・っていう感じだったのだけれど、よく考えればもう”通勤”時間帯。電車激込み)
京都からJR東海道本線で大垣へ 1890円
そして大垣から、”念願の”ローカル線樽見鉄道(http://www006.upp.so-net.ne.jp/tarumi-railway/)に乗って終点樽見へ
樽見鉄道の大垣駅は、JR大垣駅から改札を出ずに、連絡橋を渡って行ける
JRの切符を見せることもなかったのには拍子抜け
ホーム中ほどに切符売り場があるのだけれど、普段はほとんど乗客のない路線なのだろう、すべて手動(人力)で時間掛かるかかる・・・・sweat01
ここで樽見までの往復切符(1800円也)を購入
予想していたことではあったけれど、もう、お花見客でいっぱい
これまた激込み電車

樽見駅までの1時間ほどは、広々とした平野と、時々川をいくつか渡る、本当にのどかな風景の中を走る
途中の無人駅で下車する人はほとんどない
花見でなければ、のんびりと途中下車して川辺で遊ぶのも良さそうな路線

終点樽見駅は山あいの本当にのどかな田舎の駅 Dsc04035

行きは2両だった電車、帰りは大垣からは1両で来てたけど、帰り客が増え始めたので樽見駅でもう1両連結して出発した Dsc04057

駅から歩くこと15分ほどで山の中腹の薄墨公園に着く

Dsc04045 いやぁ、もう、ほんっと、見事としか言葉の出ない、
継体天皇お手植えと伝えられる、推定樹齢1500余年の立派な古木
大正12年に国の天然記念物に指定されているエドヒガンの大樹
桜百選に入っているのは勿論、樹高16.3m、幹囲9.9mの世界一の名桜だ、とか・・・・・Dsc04049 

この古木の下で、屋台で買ったネギ焼きとたこ焼きを食べながら友人とまったり・・・・
花見酒は夜までお預け。。。

1時間ほど桜を堪能した後は、駅近くのレトロな喫茶店でコーヒーを頂いて、13時42分の樽見鉄道に乗り、次のお花見スポットへ!
この桜見に行く計画立てた最初は、樽見の駅から送迎バスでうすずみ温泉(http://www.usuzumi.or.jp/)に行ってまったり・・・のつもりだったのだけれど、万年スッピンのアタシと違って、普通の女性の友人は、お風呂上りにはお化粧に時間が掛かる・・・と言うことでパス!
浮いた時間で少しでも余計にJR利用して18切符を有効利用し、1つでも余計に桜を観よう・・・という企画に変更

次に目指すは、ひこにゃんで有名な国宝彦根城
大垣からJR東海道本線新快速列車で彦根まで 740円
彦根城は、駅からすぐ・・・・と父から聞いていたのに、天守閣はえらく遠くに見える
「え~~~~?あれ、歩いて15分の距離??あそこまで15分は無理でしょう・・・(だまされた!!)」と思ったのだけれど、改札出て西出口には『彦根城徒歩15分』の文字が・・・・・
姫路駅から正面に見える姫路城はすごく大きくて、そこまでが歩いてちょうど15分くらいなので、歩いて15分の距離の城郭と言えば、姫路城規模をイメージしていたのだけれど、彦根城は意外に天守閣が小さくて、ビックリ。。。。

入場料が掛かるし、京都での次の予定もあったので、城内には入らず、無料区域の内濠沿いの桜を楽しみましたDsc04060 Dsc04066 Dsc04070 Dsc04078 

彦根は去年の6月から来年3月まで『井伊直弼と開国150年祭』期間らしく、町のあちこちでひこにゃんのぼりを見かけました 4月は毎日城内に登場するはず(http://hikonyan.hikone-150th.jp/schedule/index.php?action=view&year=2009&month=4&day=7)の着ぐるみひこにゃんに会えなかったのは残念だったけど・・・Dsc04079_2 Dsc04080_4         

帰り道のわかっている駅までの道は、来る時より短く感じ
次は京都へ!
最初の予定では、山科から地下鉄に乗って蹴上で降りて”インクライン”の桜を観て、そこから円山公園へ行けば、ちょうどライトアップが始まる時間・・・だったのだけれど、根尾でも彦根でもゆっくりした上、生憎山科まで新快速を待つより普通の方が早い時間帯で山科まで予想以上に時間がかかり、インクライン行くと食事の予約をしている時間に間に合いそうにないので、予定変更
彦根→山科 普通で1時間ちょい 950円
そこから地下鉄東西線で東山まで10分弱 250円
地下鉄東山駅から徒歩で神宮道を通って円山公園へ

”清水へ祇園をよぎる桜月夜 今宵逢ふ人みな美しき”と歌われた円山公園の古木枝垂桜
妖艶ななたわわな枝をイメージしていたのだけれど、少し痛々しいような老木ぶり

Dsc04087 しかし、老いて老醜を晒す、というわけではなく、さすが老いてなお艶っぽい”祇園の老妓”といった風情
ちょうど良い感じに日も暮れてきてライトアップされた桜が”逢ふひとみな美し”く見えるような艶(あで)やかさを醸し出してて、この時間に円山公園、正解!!

6時半から予約していた石塀小路のお店には、30分ほど遅れる旨連絡入れて、去年もこの時期(4月4日 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=765263183&owner_id=3506237)に夜桜観に高台寺に行った時に行って、すっかりお気に入りになってしまった知る人ゾ知るお店で今日の反省会

「今日のビールは今年一番美味しいビールかも!」と、友人の言
いやぁ~~~、よく歩いたけど、桜も堪能して、最後は上品な京都のおばんざいと美味しいお酒
これにまさる贅沢はないよね!!
しかも、本日のJR利用4150円が青春18切符で2300円になったのだからお得感up

京都駅で近鉄に乗って帰る友人と別れて(アタシも最寄り駅は近鉄ダケド、18切符を使い倒すべく、JR利用 京都→木津 570円)帰路に着いたのでした

« 窓の外一面の桜を独り占め | トップページ | 4/8 予定外の桜日和 »

華音の旅だより 行ってきました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 窓の外一面の桜を独り占め | トップページ | 4/8 予定外の桜日和 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気