« 講演覚書 | トップページ | 経済と環境 »

試写会覚書

試写会今年3回目
「また当たったの~~?」「そんなに当たるって、華音さん、なんかツイてるよ!宝くじ買ったら??」
…ということで、昨日、試写会行く前に難波でグリーンジャンボ、買いましたsign03


『オーストラリア』
まだ封切り前なので、ネタバレせぬように・・・・

『ニューヨークの恋人』『ヴァン・ヘルシング』『プレステージ』
どれも少し時代懸った役柄で、”世界でもっともセクシーな男性”といわれても今イチピンと来なかった(『X-MEN』は観ていないので)ヒュー・ジャックマンだったけれど、この映画では、うん、ちょっとキタ~~~かもlovely
ニコール・キッドマンも、ちょっととんがり過ぎた美貌や『白いカラス』で見せた狂おしいほどの繊細さがちょっと苦手な女優さんだったのだけど、この作品で随分イメージアップしたかも。。。

冒頭からコミカルに飛ばしていく二人が面白かったのだけれど
その冒頭部分を伏線として、どんどん展開していくストーリーに引き込まれてしまった
ロマンス的な面で言うと、鼻っ柱の強い女性を、オトコっぽい男性が、最初は小癪に思いながら、だんだん女性の中のたおやかさ、優美さを見つけ、認めてゆく・・・っていうストーリーがとっても心を震わせたのかな~~coldsweats01

画を観ると、CG使いまくり~っていう場面も満載ダケド
でも、オーストラリアの自然の雄大さを『アース』ばりに追及できてた・・・・のは大袈裟だとしても、結構良い線いってた・・・と思う
アタシはオーストラリアはゴールドコーストにしか行ったことがないから、あぁいう内陸部の大自然はアボリジニたちの佇まいと相俟って、すっごくインパクト強かった

音楽もまた素敵で、「オーバー・ザ・レインボウ」が「オズの魔法使い」の劇中歌だ、ということを初めて知ったのと、このオーバー・ザ・レインボウがオーストラリアの大地にマッチしてたということ、アボリジニ達の祈りの歌、呪いの歌が、魂に響いたこと・・・・etcetc満足!

新大陸、といわれたオーストラリアにもやはり人種差別はあって(アボリジニの同化政策は知っていたはずなのに)映像として目の当たりにすると、かなりショック!

いやぁ~~~、今回もいろんな面で、良い意味で予想を上回ってた作品でしたheart04

« 講演覚書 | トップページ | 経済と環境 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 講演覚書 | トップページ | 経済と環境 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気