« 『余命』 | トップページ | 注目!! »

中園 健司『ジャッジ~島の裁判官奮闘記~』

Dsc01882 夕飯の一品
牡蠣とベーコンの炒め物

牡蠣といえばこれまで、生牡蠣(これ、大好物です!!でも、家では怖くてナカナカ食べられない信頼できるお店で、レモンをちょっと垂らして新鮮なのをツルっと飲み込む幸せ。。。随分ご無沙汰ですが・・・・)か、カキフライ、子どもの頃は、あまり好きでなかったけれど私の実家では土手鍋が定番だった
買ってきた牡蠣のパッケージにも『牡蠣のベーコン巻き』とあったけれど、牡蠣とベーコンの取り合わせって、ナイスマッチングなんですね
簡単だけど、とっても美味しかったぁ

今日は雨は上がったものの、すごい風
部活が休みだから、友達んちで焼き芋パーティすることになったんだけど、行って良い?というおネエを送り出した後
熱が下がって、山ほど積み上げた漫画にケラケラ笑っているチビと
リビングでまったり読書の一日

ジャッジ―島の裁判官奮闘記 (角川文庫)

著者:中園 健司

ジャッジ―島の裁判官奮闘記 (角川文庫)

買ったきっかけ:
ネッ友さんがNHKで放映されたドラマを絶賛してらして
また、奇しくも、アメリカに住んでいる西島秀俊さんファンの友人も「ジャパンTVで華音ちゃんのご主人と重ねて観てるよ〜」と言ってくれてて
そのドラマを観ていなかったアタシとしては、”う〜〜〜、アタシがその感性を高く評価してる友人二人までもが絶賛してるのに、見逃したぁ〜〜”と思っていたのだけれど、友人のブログ(http://bitter-sweet-mix.cocolog-nifty.com/blog/)でノベライズされていることを知って

感想:
のどかな島の生活の中でも、ひととひととの暮しの中には”事件”も起き、そんな事件ひとつひとつの背景には、いろんな”思い”が交錯する

そんな事件の背景や、三沢の家族とのやりとりなど、ところどころでジワッとくるのは歳のせい??

多分奄美大島であろう「大美島」とちょうど先日見た『余命』の加計路間島の島言葉や島料理、カヌーで巡るマングローブの原生林や、相撲大会などがオーバーラップして、興を添えた


そもそも裁判にかかるような過ちというのは、理知とは真逆の本能や欲望に流された結果起こる。それを理知のみで裁こうとしても、歪みが生まれるだけ。


人を”裁く”ということは、人の”人生”を左右すること
判事という仕事は、常にその重圧を意識して臨んでいるものだと思う
そこに、”理知”だけでなく、理知ではどうしようもない本能や欲望を解することで、原告被告両者に平等なジャッジができる
裁判とはどちらが”正しく”てどちらが”間違っている”かを断じるものではなく、両者にとって、より良い未来を開くためのもの
それを自覚している者が
「パパは、悪いことはなにもしていない。だから誰に何を言われようが、堂々と胸を張っていてほしい。裁判官の子に生まれて損したわ〜なんて思わんといてなぁ」と
「どうしてケンカになったのか、どっちの言い分も良く聞いて、ケンカしないですむようにしてあげたいよな。パパはそういう仕事がしたくて、裁判官になったような気がする。でもそれはとってもむずかしいし、責任の重い仕事なんだ・・・。これからもっともっと勉強せなあかん」と言えるのだと思う

法律は、それ自体はとても無機質なものだから
そこにひとの生活や想いという温かさを加えて
単に”口八丁”で勝ち取る(アタシは”勝訴”とか”敗訴”という言葉が嫌い!!)だけでない、人の機微に通じた法曹が増えることを心から願う
そのための新司法試験であって欲しいし、裁判員制度であって欲しい・・・と思う

・・・・・ケド、、、、、
”先進国”からの付け刃、で、取り敢えず”体裁”を整えようとするこの国の政治家やお役人の采配には、まだまだ不信感は拭えないけど・・・・ね

おすすめポイント:
法曹を目指してる方は、高い志を持っていらっしゃるのだと思うのだけれど
難関司法試験を突破するだけの優秀な頭脳と滑らかな弁舌を、単に裁判に勝つ、ためや人を断罪する、だけのために使う(法をきちんと理解しているとは到底思われない)某府知事のような”肩書き法曹”にならないでいただきたい
時にはこういうソフトな書にも眼を通していただきたいな・・と思います

このほかに、まだチェ・ゲバラ関連の本と映画『レボリューション・ロード』の原作『家族の終わりに』も図書館から借りてきてリビング・テーブルに積み上がってる
読みたい本が手元にある、しあわせ
それを読む時間が十二分にある、しあわせ

しあわせは日常の中にこそ。。。。

« 『余命』 | トップページ | 注目!! »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『余命』 | トップページ | 注目!! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気