« 村井 重俊 『街道をついてゆく』 | トップページ | 森 絵都 『アーモンド入りチョコレートのワルツ』 »

記憶力

知識量の多い人、記憶力の優れた人を『アタマの良い人』と普通は言う、ノダと思う

いくら知識があっても、それらをつないでゆく「思考力」や
知識と知識とから、なんらかを生み出す「創造力」のない人は
単なるオタクだし、「経験」に裏打ちされて磨かれなければ、単なる薀蓄野郎
思考力や創造力、あるいは多少の経験はあっても、生み出すもの、繋げてゆくものが少なくて
いつもおんなじハナシばっかりしてる人とか、ひとつのことを多面的に見られない人って、話しててもツマンナイし、”このひとデキル~shine”とは思えない

うちの親父は70を過ぎた今でも、漢詩や短歌・俳句をいくつも諳んじることができ、上の句を投げられて「ほら、キョウコ~、続けて言わんかい」と(さすがに、”気合だ、気合だ~!!”とは言われないけれど)と言われて目を白黒させることあまたあり
いまだにあちこちのコミュニティセンターで歴史講座を持っている
その孫娘であるおネエは、(その殆どが里中満智子の漫画『天上の虹』からの知識なのだけれど)中学のときの飛鳥巡りで、天智・天武・持統天皇のことや壬申の乱のことをあれこれと話しこんで、歴史ガイドさんに舌を巻かれ、大いに褒められた・・という(それで担任の先生が「歴史学科か考古学科に進んだらどうか?」とアドヴァイスくださったのは、あまりに短絡的一面的で笑えたけれど。。。)
チビは一夜漬けの達人で、国名首都名でも慣用句でも、丸々全部一字一句間違えずに覚えているのには、いつも手伝って聞きながら驚かされる


中学受験はもちろんのこと、高校や大学の受験でも、そしてその受験勉強の下地となる定期試験でもやっぱり問われるのは知識量
そして、その知識量を左右するのは「記憶力」だと思う
一夜漬けするにも、よりたくさんのことを詰め込み、試験まで”覚えて”おくことのできる記憶力がモノを言い
時間を掛けてきちんと身につけるにしても、記憶力の容量の大きい人ほど、多くのことを長く、忘れずに持っていられる
かくして、記憶力に優れた人がテストでも好成績を修める
うちのおネエのように、”好きなこと””興味のあること”にのみ特化して記憶容量が大きくなる・・・ってのもなんだかなぁ???だけど、ま、人間誰しも、好きなことには心も開くので、アタマも開く、のかもしれない

司馬遼太郎さんは著作『草原の記』の中で

「永遠なるものとはなにか、それは人間の記憶である」

というオゴタイ・ハーンの言葉を記していらっしゃるらしい(これは孫引き。村井重俊氏『街道をついてゆく』より)が、本当に「記憶」とは永遠なのだろうか???


娘たちの教科書を時々みていて
高校時代には完璧だった周期表や、あれほど苦労して覚えた化学式や組成式もさっぱり・・・(まずもって電子荷(だっけ??、原子量だっけ??)をすっかり忘れてる・・・coldsweats02
三平方の定理はなんとか覚えているけれど、解の公式はもうすっかり忘却の彼方
父が投げかける俳句や短歌も、妹や弟よりは一応なんとか”(国)文学士”の面目だけは(家族の中では)保っているものの、お粗末限りない
ほんの数ヶ月前、就職試験のために半月間必死で詰め込んだ知識も、もはやあやふやだし・・・・

司馬遼太郎氏の著作には、長編歴史小説が多いけれど、作品を執筆中はあれこれ参考文献を傍らに置いて・・ではあっても、書き上げて何年経っても、どこの講演に行かれても知識が淀みなくサラサラと出てきて、話題が尽きなかった・・・とか
いやぁ、ホント、”アタマの良い人”の頭の構造というか記憶力というのはどうなっているのか????と


アタシが”アタマの良い人間でない”というのは、記憶力の乏しさに端的に現れているけれど
何故こんなにもボロボロボロボロ抜け落ちてしまって残らないんだろう?と、哀しくなるweepsweat02


今日も、数年前の子分二人組に「親分!久しぶり~」と声を掛けられ、立ち話をしたけど、ちゃんとその子の顔と印象は甦ってるけど、名前が出てこない
今弟をみてる一人の子はそこからパッと名前が出てきたけれど、もう一人の子の名前を思い出したのは、ついさっき
あ``~~~crying

旅行に行って、その時その時は滅茶苦茶感動しまくっても
何年か経つと、その時の経路とか全然思い出せなくて、空の色や風景とその時に一緒に行ったダンナと話したことがセットで、ごく1場面だけがフラッシュバックするのみで、いつもダンナに呆れられたり怒られたりたらーっ(汗)たらーっ(汗)
映画や本も、あとで記録を見返すと、あらすじは朧気に思い出せても、時間が経ったものほどディテイルはほとんど出てこないし、台詞なんてジョーダンじゃないcatface
これって、なんだろう??
80分しか記憶が持たない、数式を愛する”博士”のような「病気」ではないにせよ、70の父の記憶力に比しても、アタシの記憶力の弱さは尋常じゃない
しかも、年々忘却度が加速しているような気がする・・・・

アタマは使わないと退化する・・って言うけど
いろんな情報をネットや書物など”人任せ”にしてるこの怠惰な態度がそれに拍車をかけてんだろうな・・・・

その証拠に、誰とも共有できない、あるいは共有する相手が限られている
リアルな人間関係での相手の“言葉”や”表情”は、意外とずっと覚えているもの
アタシって、動物的な感覚人間???

« 村井 重俊 『街道をついてゆく』 | トップページ | 森 絵都 『アーモンド入りチョコレートのワルツ』 »

華音の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 村井 重俊 『街道をついてゆく』 | トップページ | 森 絵都 『アーモンド入りチョコレートのワルツ』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気