« 我が家のクリスマス・イヴ | トップページ | 近藤 史恵『ヴァン・ショーをあなたに』 »

『神童』

璃子ちゃんがとにかくすごい存在感
蒼井優ちゃんもそうなんだけど
個性的過ぎて、あ~、こういう子、実際にいたら絶対に学校じゃ、浮いてるよね・・・という、設定がすんなり理解できるキャスティング

日本初の本格クラシック映画にふさわしく、三浦友理枝、清塚信也ら注目のピアニストたちが映画初出演している(ウィーンに留学する相原こずえさん役がそうだったのかしら??あとは、ワオの入試でピアノ科トップ合格したときの演奏ね)らしいし
キムラ緑子、柄本明、吉田日出子と、地味だけどすごい味のある大人の俳優さんも揃ってて、良い映画にならないはずはない・・・ンダケド
演奏云々よりもストーリーを追ってしまうアタシにとっては、
なんだか捉えどころがない・・・って言うか、これ!と響いてくるものがない・・・っていうか。。。。
いろんなテーマが拡散しちゃってる感じがとっても残念sad

アタシ的には、最後にうたの”出奔”にどこまでも付き合ってあげてた池山君がいじらしくて可愛くて、彼が報われないのが一番フラストレーションでした

« 我が家のクリスマス・イヴ | トップページ | 近藤 史恵『ヴァン・ショーをあなたに』 »

観た・聴いた・読んだ(映画・DVD・CD・読書レビュー)」カテゴリの記事

コメント

やはりPIOさんはロードショーでご覧になってましたか。。。
そうか~、もうそんな前の作品になるんですね

成海璃子ちゃん、ピアノが弾けるので、天才ピアニストの役結構多いです(なんだっけか、小林聡美さんがスチュワーデス役で、時間を戻して事故機に乗ってた乗員や乗客と触れ合える・・・っていうドラマでも、そうでしたね)けど、あのコの個性からか、何故か屈託のある芸術家っていうステレオタイプになってる気がして残念です

ピアノって、芸術って、そんな”気難しい””天才肌”の人だけのものじゃない、はずなんだけど。。。(笑

公開時に見ました、この映画。
調べてみたら、2007年の春だったのですね。
確かに私も、「ストーリーがいまひとつ…」と感じました。
映像と音楽には、まあ満足したのですが、ね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家のクリスマス・イヴ | トップページ | 近藤 史恵『ヴァン・ショーをあなたに』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • 簡単1分ヨガ!!
  • Twitter
  • 大好き♡久文先生
    ヨガインストラクター 久文 明子 SIZE=130px×220px
  • 布絵本
  • グリーンリボン お天気